アイリオ生命が60日型を売り出す「楽天インシュアランスの医療保険」の中身とは?実は割安な終身タイプの医療保険だった?

スポンサーリンク

医療保険や障害保険で入院を連続で1000日以上保障することが有名だったアイリオ生命が、とうとう「楽天インシュアランスの医療保険」で一入院60日型を売り出すようになりました。60日型が中心の外資系保険よりも安心でシンプルな保険商品がモットーだったのに!image

アイリオ生命の創始者である中川博迪(ひろみち)会長の心変わりでしょうか?実は3つの医療保険のタイプを組み合わせると保障内容は従来通りでしかも割安の終身(保障期間と支払期間)タイプだったのです。

アイリオ生命保険の連続1000日以上の保障

私の友人にアイリオ生命保険(旧エキスパートアライアンス共済)の代理店がいます。その友人からアイリオ生命の保険商品の素晴らしさを何度か聞かされて保険に興味を抱くようになりました。

その保険商品はどれも、1095日連続で入院保障をするとのことで有名でした。3年間連続で入院してもOKな安心保険です。一方外資系や損保会社を代表する医療保険などは一入院60日型が多く、60日の入院後は半年(180日)あけて入院しないと、入院給付金(保険金)は支払えないのが実情です。

しかしアイリオ生命の保険商品、たとえば、「医療保険」「生活習慣病保険」「女性疾病保険」などは一入院が1095日までなら連続して給付金が支払われる保険所品なのです。(その点は以前に詳しくアイリオ生命が「楽天」で保険通販を開始でレポートしています。)

スポンサーリンク

「楽天インシュアランスの医療保険」

しかし、しばらく前から楽天と組んで開発していたネット販売の保険商品「楽天インシュアランスの医療保険」は大きく方向転換しており、一入院60日型(「医療保険スマート」という)を取り入れたのです。楽天の保険

確かに、60日以上の入院に対しても保障する単品の医療保険「医療保険ロング」も用意しています。しかし、本当に安心できる保障プランの提供だけがモットーだったアイリオ生命だったのに。

ここで以下に「楽天インシュアランスの医療保険」の特徴を簡単に紹介します。加入を検討している方は、以下の3つのプランをご自分の立場に合わせてくそれぞれに加入します。実はこのプラン3つを合わせると、実にアイリオ生命創立時の1095日連続入院を保障する安心内容になっているだけでなく、保障期間と支払は終身にも関わらず、割安なのです。

1)医療保険スマート

病気やけがなどによる一入院60日までの保障で、入院給付金(通算1095日まで)や手術給付金、先進医療給付金で保障されます。以下は入院給付金日額が1万円の場合。

image

2)医療保険ロング

上記の「医療保険スマート」の一入院60日を超えた場合の長期入院に備えるためのもので、入院の61日目から1095日まで支払。

3)医療保険ピンポイント

これは一泊2日以上の入院をすると一時金として10万円支給され、先進医療を受けると自腹を切った部分(自己負担分)を実費で支払うというものです。

終身なのに割安

上記の「楽天インシュアランスの医療保険」で注意すべきなのは、保険期間と保険料払込期間は10年定期のような定期ではなく終身である点ですね。その分加入当時は掛け金が割高ですが、長期間加入し続ければお得になります。(解約返戻金のある貯蓄タイプの終身保険ではない。あくまでも掛け捨てです。)

ちなみに私(40代)なら入院日額5000円で計算すると、上記の3つすえべのタイプに加入した場合は、月額5,472となります。これで終身なら割り安と言わざるおえません。

image

内訳は以下の通り。

image

現在1万円以上払っている10年定期よりは言いかもしれません。アイリオ生命の代理店が取り扱っている「医療保険」の終身タイプとほぼ同等の保障と掛け金ですね。

以前はアイリオ生命の代理店の間で、会社が楽天と手を組んで「楽天インシュアランスの医療保険」という60日型を売り出すことで批判が強かったようですが、中身の保障と掛け金を実際に見てみると以外にしっかりとした保障(トータルで連続1095日維持しながら)で割安な医療保険になっていることが分かりました。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事