軽自動車 保険料が安いネット契約しても安心と言える3つの理由と3つの注意点

スポンサーリンク

毎年3月4月は自動車保険なかでも軽自動の新規契約や更新が多い時期です。私の友人の間でも安い軽自動車の保険料が話題になります。このご時世、友人の多くは親の世代からお世話になっている保険代理店経由で契約しており、ネットで契約している私の軽自動車の保険料の1,5倍~2倍もの保険料を支払っています。安いネット保険はいざという時に役に立たないと思い込んでいるようです。では以下に、軽自動車の安い保険をネットで契約しても安心な3つの理由と、ネット契約時に注意する3つのことを、この道10年の私がこっそりお伝えします。

image

安い自動車保険をネットで契約することに不安を抱く人々

しばしばこのブログで登場している友人のK君とほぼ毎年と言っていいほど、次のようなやり取りが交わされます。

友人のK君:「今年も軽自動者の自動車保険の更新日が近づいてきたけど、なんとか安くならんかね。子供が大きくなって何かとお金が必要になっているからね。」

:「K君の長男は今年は中1だったね。自動車保険はネットで契約すれば無茶安いよ!K君は去年はネットで契約したんじゃなかったのかい?」

友人のK君:「いちおう見積もりを取って、保険料がかなり安いことは分かったんだけどね。なんだかイマイチネット保険は不安でね。うちの嫁さんもネット保険はダメよ!と言うだよな。それに昔馴染みA保険代理店が親切にしてくれるので、ついついお世話(更新)になってしまったんだよね。」

はっきり言ってイライラします。

私の友人K君のように、ネットを信用しておらずネット通販を一度も利用したことのない人は結構います。ネットで安い生命保険だけでなく軽自動車の格安任意保険までも契約するなんて”もってのほか”と考えています。万が一の時には払ってくれなず、アフターサービスもしてくれないと、思い込んでいる超アナログ人間かつ化石のような頑固な人がいます。安かろう悪かろうというわけです。ネットに慣れ親しんでいない60代ならともかく、40代にもいるわけです。

私はネットで軽自動者の自動者保険を契約して、10年近く立ちます。初めはチューリッヒ、アクサダイレクト、そしてここ数年は三井ダイレクト損保です。そして今年は一括見積で最安だったSBI損保と契約しました。

ネットで契約する最大のメリットは保険料が安ことにつきます。私の場合は保険料はほぼ半額になりました。代理店契約で発生する多額の中間マージンというコストを削減する効果が絶大です。さらに弁護士費用などの不必要な補償、日常のケガを補償するオプションに代表される様々な「補償の重複」を削った結果です。さらにネットならクレジットカードによる年払い(一括払い)や、「インターネット割」「証券不発行割引」という特典でさらに安くなります。今年は合計6000円割引となりました。

スポンサーリンク

安いネット契約でも安心な3つの理由

私のように軽自動車の保険をネット契約しても、安心安全な理由は沢山あります。以下に代表的な3つの理由をまとめてみます。(以下の理由を保険代理店の外交員に述べると、必ずといっていいほど上手に反論されます。人の無知に付け込むからです。←私もそうでした。)

  1. 補償内容はネットでも代理店契約でも同じ。
  2. 万が一の事故でも、24時間サポートしてくれる。
  3. 補償内容でわからないことがあれば親切に教えてくれる。

1.補償内容はネットでも代理店でも同じ。

軽に限らず自動車保険の補償内容はネットでも自由に選択できます。しかも格安。最近は人身傷害、つまり同乗者に補償をつけることは当たり前になっていますが、当然インターネットでもその補償を付けられます。代理店で付帯でき、ネットで付帯できないものは皆無と考えられます。仮にあったとしてもそれは無用のもの。最近では医療保険も付帯できます。(絶対やめたほうがいいです。というのは、軽自動車の保険契約が無効になったとき、その医療保険も同時に無効になるからです。継続する方法はありますが引き受け保険会社によって対応が違う。)

2.万が一の事故でも24時間サポート

24時間サポート(アフターケア)は保険の根幹に、とくに軽に限らず自動車保険の根幹に係わります。10年以上前ですが、親の友人である保険代理店と契約していた時のことです。「事故に遭ったら、ここに電話してください。」と名刺を渡さされました。そこには0120-で始める保険会社直の事故受付センターでした。つまり万が一の時、保険代理店は役に立たないことがあります。小規模の代理店が24時間サポートなんて考えられません。つまり代理店を介してもインターネットで直接契約しても緊急サポートは同じ保険会社が行います。

実際、私もネットで契約したアクサダイレクトと、三井ダイレクトでそれぞれ1回づつ小さな事故でお世話になりました。事故相手との交渉も、自分で行ったことは一度もありません。すべてネットで契約した保険会社の事故サポートセンターの一人が専任となって対応してくれました。示談もスムーズでした。全く後腐れありませんでした。

3.補償内容でわからないことがあれば親切に教えてくれる。

これも当たり前です。補償内容で不明な点があるとき、ネット受付センターが親切に教えてくれないなら、消費者センターに訴えられますよ。そんな営業方法でここまでネット保険が拡大するはずがありません。

以上のように軽自動車の安い保険契約をネットで行っても安心安全であることが私の経験上分かっております。

ネット契約の注意点

でも確かに初めて軽自動車の任意保険をインターネット契約するのに不安を覚えるものです。私もそうでした。しかし以下の3つの注意点を考慮すれば不安に思う必要にありませんでした。

  1. 必要な補償を見極める
  2. 補償の重複に気をつける
  3. 保険会社によって保険料の開きがある

1.必要な補償を見極める

ネットで軽自動車の必要補償を見極めるのが難しいことが考えられます。これまでいつも代理店の言いがままに補償をつけまくっていたユーザーならなおさらしょうね。

しかし、ネットで自動車保険を契約する以上、必要な補償を自分で見極める必要があります。しかし大切な保障は決まっています。以下の2つだけです。

  • 対人賠償・・・相手の命を奪ったり、ケガをさせたりしたときに支払う補償。無制限が基本。
  • 対物賠償・・・相手の車両や物を、破損させた場合。無制限が基本。

軽自動車はもちろん、普通車も上の2つさえしっかり無制限にしておけば、あとは何とかなります。たとえば、自分や同乗者に補償をつける人身傷害はなくても何とかなります。(車に同乗させる人の中に、医者や弁護士など損失が大きい場合は、人身傷害を付帯させていたほうがよいという意見もあり。)また、軽自動でも新車には車両保険(自分の車の補償。免責金額が必ずあり。)をつけたほうが良いという意見もありますが、自動車任意保険に必須のものではありません。運転に自信の無い方はつけておくこともできますが、その分を貯金して車の維持費に当てた方がよっぽどいいです。軽自動車ならなおさらです。

2.補償の重複に気を付ける

ネットで軽自動車の保険の見積もりを取ると、代理店経由よりも保険料がかなり安くなるので、オプションを沢山つけたがるものです。確かに人身傷害、車両保険はつけていた方が良いという意見はありますが、弁護士費用、等級プロテクション(事故一回程度なら等級は下がらない)など必ずしも必要でないオプションがあります。

また、傷害保険(日常のケガ)、2人乗りできない50 ccの原付バイクのファミリーバイク特約に、人身傷害(自分と同乗者の死傷補償)を付けても意味がありません。自分だけなら生命保険でしっかりカバーできます。(ネットでもリスク細分型の保険があり、細かに選択可能なものもあり。私が確認したところ、SBI損保と三井ダイレクトは原付特約に人身傷害「あり」か「なし」が選択可能です)

リスク細分型

3.保険会社によって保険料の開きがある

ネット契約の注意事項の最後として、同じ条件(車種、軽自動車の年式、用途、家族構成、年齢、など)でも契約する保険会社が提示する保険料に開きがある点です。軽自動車でどうしてこんなに保険料が違うの?とびっくりするほど違います。万円単位の開きです。

たとえば、この記事の最後で紹介している一括見積金額結果ですが、以下のような結果になりました。ネットによる契約でも保険料に2倍の開きがあります。

ですから、おススメなのは自動車保険の一括見積もりです。10社近くの保険料を比べてみるのに最適です。各保険会社のWebページで一つ一つ条件を入力しながら、比較すると膨大な手間暇がかかってしまうからです。

とは言っても、一括見積には欠点があります。それはおおざっぱな比較に過ぎない点です。一括見積ですべての条件や補償内容を同一にできないからです。

保険選びにおススメな方法

ですから、軽自動者の保険選び方でおススメなのは、ネットで一括見積りをとってみる方法です。ネット契約は競争が激しく少しでも安くなるように様々な工夫がなされていますが、それを一括で比較できます。

私がスズキの軽自動者の保険をネットで契約したとき、同様の一括見積をして、ソニー損保、アクサダイレクト、三井ダイレクトの3社に絞り、その中から我が家の軽自動車の年式、家族構成、ファミリーバイク特約あり等の条件で比較、一番お得な保険会社を選択しました。(こっそり教えますが、軽自動車はアクサダイレクトか三井ダイレクトが一番安かったです。2015年3月時点ではSBI損保が最安でした。まったく同じ条件で三井ダイレクトより2800円安かったです。)

自動車保険の見積もりを取るコツは、1. 車検証 2. 契約中の保険証書 を準備して、現在の契約内容通りに入力していくことです。そうすれば100%現在の補償内容で一番安い損保会社が判断できます。そしてそのまま契約しても安心ですし、保存することも可能です。登録したメールアドレス宛に、一括見積り結果にアクセスできる案内メールが送信されてきます。

我が家の場合、これによって今年は我が家の軽自動車の保険料を19280円で抑えることができました。格安です。

以下に一括見積りを取り、ネット契約するまでの流れを解説します。比較.comの自動車保険一括見積もり!【無料】 へ。

s2015-07-24_09h27_50

現在契約中の「保険証書」「車検証」を準備して「次へ」。

自動車保険の一括見積りスタート

現在契約中なら「現在、自動車保険に加入している」を選択します。軽自動車の「保険証書」を見ながら現在の契約内容を記入してゆきます。

契約したい軽自動車の情報を記入

「お車の登録情報について」から、登録番号(車のナンバー)や初年度登録年月を記入。

登録番号(車のナンバー)登録番号、 初度登録年月を記入。

「現在契約されている自動車保険について」から満期日、保険会社、等級、事故有係数適用期間、保険金請求回数を記入。これは現在加入の保険証書をもとに記入してゆきます。

現在契約されている自動車保険について、満期日、保険会社、等級、事故有係数適用期間、保険金請求回数

肝心な保障内容についてですが、基本の「対人賠償」や「対物賠償」は無制限が常識です。「人身傷害」や「搭乗者傷害」は「?ヘルプ」をしっかり参照しながら選択しましょう。おススメは以下のとおり。(しかしどうしても分からない場合は、現在の自動車保険証書に記載中の保障内容と同じにするのが基本です。)

対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、車両保険の種類、車両免責金額、家族限定特約 を記入。

次に、使用目的、年間予定走行距離、主な運転者の方、運転するご家族について、運転する最も若い方の年齢、運転する最も若い方の年齢 について記入。

使用目的、年間予定走行距離、主な運転者の方、運転するご家族について、運転する最も若い方の年齢、運転する最も若い方の年齢 について記入。

次に、本人情報についてです。氏名(漢字)、氏名(カナ)、住所、電話番号、メールアドレス を正確に記入しましょう。

氏名(漢字)、氏名(カナ)、住所、電話番号、メールアドレス を正確に記入しましょう。

最後にメールアドレスを確認して、作成した「パスワード」を記入し、「送信」します。

s2015-07-24_10h03_57

これでメールや郵便で各社から見積りが届きますので、もっとも安く安心できそうなところで、軽自動車保険を契約すればOKです。

私は現在の保険内容とまったく同じで、SBI損保が一番安かったので一発で「ネット申込み」をしました。ただし、現在の利用中の軽自動車や等級、運転する家族の状況によっては別のネット損保会社が安くなるかもしれません。

何度も繰り返しますが、ネットで軽自動車保険の一括見積りする場合のコツは、現在の保障内容と全く同じで見積もることです。そうすれば安心してネットで契約できます

以上、軽自動車の安い保険をネットで契約しても安心と言える3つの理由と3つの注意点でした。一括見積は簡単で便利ですね。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事