ワイモバイル契約「5のつく日」キャンペーンで失敗しないために

ワイモバイル契約「5のつく日」キャンペーンで失敗しないために

音声通話が10分かけ放題で人気の格安スマホ「ワイモバイル(ワイモバイル)」。「5のつく日」にエントリーすると最大15,555円分のPayPayボーナスが進呈されるキャンペーンが行われています。本記事ではヤフーモバイルという代理店を経由するなどの条件等を詳細に解説します。

⬛ お知らせ:キャッシュバック形態は2019年8月以降、TポイントからPayPayボーナスに変更されました。

現金でのキャッシュバック:TポイントやPayPayによるキャッシュバックよりは現金のキャッシュバックが断然良いと思われる方はワイモバイル正規代理店であるヤングバイルの現金キャッシュバックをオススメですよ。

ワイモバイル キャンペーン

ワイモバイル のスピードは半端ないですね。昼間に計測してみたらまさかの80Mpbs超えでした。

格安スマホの平均スピードが15Mbps以下の時間帯に、この数字を叩き出したワイモバイルのスピードは圧倒的ですね。さすがソフトバンクのサブブランドだけあります。

ソフトバンクと同じ回線スピードを維持しながら、格安でスマホを持てるワイモバイルの魅力に惹き付けられ、ワイモバイルへ乗り換えるユーザーが増えています。一時期 PHS時代の3年縛り問題で評判の悪かったワイモバイルですが 、今では楽天モバイルを超えて一番人気の格安スマホになっています。

そんなワイモバイル に少しでも安くお得に乗り換えたいあなたへのキャンペーン情報です。

さっそくですが、全国に所在しているワイモバイルのショップ(店舗)では行っていないオンラインショップキャンペーンをチェックしておきましょう。大きなものは現在以下の2つのみ。

オンラインショップだけの2大キャンペーン情報
  • ヤフーモバイル経由で最大 15,555円分のPayPayボーナスでプレゼント5のつく日で)
  • SIMカードのみ契約で最大14.400円の割引される「SIM単体契約特別割引」

※ この2つのビックキャンペーンは併用はできません。ワイモバイルのPayPayボーナスキャンペーンは対象端末とSIMカードのセット購入で発生します。

こんな美味しいオンラインだけのキャンペーンが存在しているのに、それを知らないでワイモバイルの店舗で直接契約すると実にもったい話になってしまいます。

☕ ワイモバイル 通常キャンペーン
オンラインショップでは他にも様々な割引・キャンペーンが常時行われており、その多くは上の2大キャンペーンと併用可能です。以下の通り。
  • ワンキュッパ割(1年間毎月1080円/月引き)
  • データ増量無料キャンペーン(増量オプション500円/月が2年間無料)
  • 家族割引サービス(2人目から500円/月引き)
  • ず~と国内通話0円(60歳以上 )
  • おうち割(光回線とのセット割)
  • スマホ端末タイムセール( オンライストア限定 )
  • スマホ端末アウトレット( オンライストア限定 )
  • 国内通話ず~と無料!(PHSからスマホに契約変更で)

上の2大キャンペーンのうち、以下に ヤフーモバイル経由で最大 15,555円分のPayPayボーナス付与5のつく日で) キャンペーンで確実にPayPayボーナスをゲットする方法を紹介します。

現金でのキャッシュバックをご希望ならヤフーモバイルではなく評判の良いヤングモバイル(ワイモバイル正規代理店)経由でのキャッシュバックをおすすめします。

ヤフーモバイル経由で最大 15,555円分のPayPayボーナスプレゼント5のつく日で) キャンペーン

このワイモバイルキャンペーンは ヤフーモバイル で申し込みすることで、

(1)最大 10,000円分PayPayボーナス

がもらえるだけでなく、「5のつく日」にエントリーで追加で

(2)さらに5,555円分のPayPayボーナス

がもらえます。それで合計最大 15555円分をゲットできるというキャンペーンというわけです。

このキャンペーンのデメリット

  • 面倒くさい
  • 現金ではなくPayPayボーナスで支払い

最大 15555円分がキャッシュバックされるとは言え、以下に解説す条件をクリアしながら手続きするのは面倒です。また現金はなくPayPayボーナスライトでのキャッシュバックですから、60日という有効期限内に使わないと失効してしまう恐れがありますし、譲渡もできません

それもそのはず。このキャンペーンは、ワイモバイルの公式サイトではなく、姉妹サイトである「ヤフーモバイル」で販売されているスマホを購入することで特典をゲットできるキャンペーンだからです。

分かりやすく言うと「ヤフーモバイル」 はワイモバイル の代理店となっており、独自にオンラインストアを出店しているわけです。代理店独自のキャンペーンというわけです。ありがちですね。

キャンペーンサイトのURLは以下のように違いがあります。

  • 姉妹サイト「ヤフーモバイル」:ymobile-store.yahoo.co.jp
  • 本家 ワイモバイル公式サイト:www.ymobile.jp

まったく違いますね。

しかし両サイトで販売されているスマホはほぼ同じで、端末価格も同じです。人気のiPhoneもあります。

ですから「ヤフーモバイル経由で最大 15,555円分のPayPayボーナスプレゼント」キャンペーンは店舗(ショップ)でも、 キャッシュバックが全滅となったワイモバイル公式サイトでもお目にかかれない貴重なキャンペーンなのです。

進呈されるPayPayボーナスとは

確かにこのキャンペーンは現金キャッシュバックではありません。PayPayボーナスです。PayPayボーナスと言えば、 コンビニはじめとする 提携店 で使える汎用性のい高いプリペイドマネーです。

確かに期間限定のPayPayボーナスですが、コンビニではなんでもそろっています。ただしAmazon ギフト券などのプリペイドカードの購入は今の所でできません。

PayPayボーナス額はプランごとに異なる

もらえるPayPayボーナスはあくまでも最大15,555円です。ですからこの最高額をいただくためにはいくつかの条件があります。15,555円の内訳は以下の通り。

  1. プランS/M/Lに応じて PayPayボーナス 5000p/7000p/10000p がキャッシュバック
  2. 「5のつく日」にエントリーで追加で5555p追加。

まず、1.プランに応じて付与されるPayPayボーナスは、以下の通りです。

ワイモバイルのスマホプラン(S/M/L)に応じて、プレゼントされるTポイントが異なる。スマホプランSで5000ポイント、スマホプランMで7000ポイント、スマホプランLで10000ポイント。

月々の料金が高額のプランほど、進呈されるPayPay額が大きくなります。しかし最大PayPay額が欲しいがためにあえて必要でもない大容量プラン「L」に加入する必要はないかもしれません。記事後半で説明するように、キャッシュバッグは翌々月となりますので、その間の料金の差額がPayPayボーナスの差額を相殺してしまうからです。

また、2.の5555円の増加分はヤフーショッピングでお馴染みの「5のつく日」つまり毎月5日、15日、25日にエントリーした状態でヤフーモバイルのスマホ端末を購入し(自動的にワイモバイルの契約となる)することで進呈される特典です。

以上2つのPayPayボーナス進呈キャンペーンをまとめると以下の通りです。

ワイモバイルスマホプランPayPay額5のつく日
合計
S (3GB/月)5000 円10555 円
M (9GB/月)7000 円12555 円
L (21GB/月)10000 円15555 円

以上のような嬉しいPayPayボーナス付与キャンペーンですが、もらうためにクリアしなければならない条件があります。

最高額のPayPayボーナスを確実にもらうための4つの条件とは?

💡 条件 1:ソフトバンクからの乗り換えは対象外

確かに、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドですから、さすがにソフトバンクからの乗り換えは、 ワイモバイル 側にメリットがありませんね。

ですから、auやドコモ、さらには他の格安スマホからの乗り換え、または新規契約がPayPayボーナス付与の対象となります。

💡 条件 2:「5のつく日」にエントリー

プラスで5555円をもらいたいなら、確実に「 5のつく日 (5日/10日/15日)」にヤフーモバイル からエントリーしなければなりません。その際、利用しているヤフーアカウント(Yahoo!JAPAN ID)でログインしておく必要がありまし、PayPayアカウントととも紐付けておく必要があります。

💡 条件 3:PayPayボーナス対象端末を購入

PayPayボーナスをもらうための次の条件は、ヤフーモバイルから指定のスマホ端末を購入しなければならないという点です。 上の画像で示されていように「5のつく日」にエントリーすれば、「対象商品を選ぶ」に進めますよ。

上はあくまでもヤフーモバイルで販売されているスマホですが、本家 ワイモバイル を見て分かる通り、ほぼ同じ端末同額で販売されています。当然 iPhoneも対象ですよ。

💡 条件 4:翌月までにワイモバイルサービスの初期登録をする

この条件が少し分かりにくいかも。

つまり、「5のつく日」にエントリーした際の ヤフーアカウント(Yahoo!JAPAN ID) と新たに作成する ワイモバイルのアカウント(ワイモバイルメールアドレス…@yahoo.ne.jp)を紐付けることです。

  • PayPayボーナスを利用する Yahoo!JAPAN IDのメールアドレス :… @yahoo.co.jp
  • 新たに作成する ワイモバイルのアカウントのメールアドレス:…@yahoo.ne.jp

以上の手続きで、エントリーした Yahoo!JAPAN ID にPayPayボーナスが翌々月に進呈されるようになります。面倒ですが確実にもらうために忘れないようにしましょう。

なお条件4の「翌月までにワイモバイルサービスの初期登録をする」方法はiPhoneとAndroidで若干違います。

詳細は ワイモバイルスマホの初期設定方法 ご覧ください。

⬛  ワイモバイルユーザーは無料でYahoo!プレミアム会員に

ワイモバイルユーザーはYahoo!プレミアム会員に無料で招待されています。 以下の特典を追加料金なしで利用可能です。

  • ヤフーショッピングやLOHOCOで買い物すると常時ポイント5倍
  • お買いもの安心補償
  • 雑誌・マンガ読み放題
  • 様々なクーポンの利用可能

PayPayボーナス進呈はいつか?

以上の条件をクリアしてワイモバイルと無事契約できれば、PayPayボーナス進呈を待つだけとなるわけですが、気になるのはいつPayPayボーナスをもらえるかですね。

他の代理店契約のキャンペーンと違って、ポイント進呈は結構早いですよ。スケジュールは以下の通り。

つまりワイモバイル契約月の翌々月の月末です。たとえば、5月20日に契約できたとすれば、翌々月の末日である7月31日がポイント進呈日となります。

カレンダーに記入し、忘れずにYahoo!JAPANでPayPayボーナスが増えていないかどうかをチェックしましょう。

PayPayボーナスの有効期限と失効について

上記のワイモバイルキャンペーンでゲットできたPayPayボーナスの有効期限も確認しておきましょう。これ以外と大切です。期限を過ぎるとせっかくもらえたポイントの失効になりかねないからです。

上記のスケジュール表を見て分かる通り、進呈されたPayPayボーナスの有効期限60日です。それに人に譲渡できません。これはPayPayボーナスライトと呼ばれるものです。

たとえば、7月31日にめでたくPayPayボーナスを入手できたら、9月29日までに消化しなければ、ポイントは失効となります。

早めにPayPayが使えるお店で消費しておきましょう。

まとめ

以上が最大15555円分のPayPayボーナスがキャッシュバックされるワイモバイルキャンペーンでした。(実際は代理店のヤフーモバイルが実施しているキャンペーン。)

このキャンペーンの適用を確実に受けるためのポイントは以下のとおりです。

  • 必ず代理店である ヤフーモバイル から申し込む。
  • 「5のつく日」(毎月 5日10日15日)にエントリー。
  • 契約の翌月までにMy ワイモバイルの初期登録を完了し、PayPayボーナスカードが登録されているYahoo!JAPAN IDに紐付ける。
PC,モバイル

ヤングモバイルの評判? 高額キャッシュバックの条件とは?【ワイモバイル正規代理店】

ヤングモバイルって聞いたことありますか?ワイモバイルの正規代理店なんですが、実店舗と違ってヤングモバイル経由でワイモバイルへMNPすると現金で高額キャッシュバック(9月30日まで)がもらえちゃうんです。しかもソフトバンクからの乗り換えも対象です。でも聞いたことのないヤングモバイルって大丈夫なんでしょうか?この記事は始まったばかりワイモバイル正規代理店であるヤングモバイルの評判を調べてみました。またキャッシュバック額や条件も解説しちゃいます。しっかり理解して確実にキャッシュバックをもらいましょう。
2019.09.13
PC,モバイル

【2019年9月】格安スマホの iPhone 7 端末価格やプラン比較!ワイモバイル/UQモバイル/BIGLOBE

防水機能を搭載し完成度が高く今でも大人気のiPhone7はドコモ/au/ソフトバンクなどのキャリアだけでなく、格安スマホ/SIMのMVNOでも販売されています。格安SIMで販売されているiPhone7は新品ですから、必要とあらばAppleCareで保証延長可能です。この記事では各格安スマホ(ワイモバイル/UQモバイル/BIGLOBE)でSIMとセット販売されているiPhone7の端末価格/料金プラン/特長を比較し随時更新します。きっとあなたにピッタリのiPhone7の運用プランが見つかるはずです。
2019.09.05
格安SIM / 格安スマホ のお得情報!スマホ代を節約しよう!

ワイモバイルPHS機種変更キャンペーン!【2020年7月31日終了】

2020年7月31日にワイモバイル(Y!mobile)のPHSケータイがサービスをい終了し利用できなくなります。私は解約または乗り換え(MNP)をせずに、PHS利用者限定切り替えキャンペーンを利用しワイモバイルのスマホに機種変更しました。事務手数料無料、しかも話し放題オプションである「スーパーだれとでも定額」月額1000円が永年無料というキャンペーンをです。以下にPHS切り替えキャンペーンの詳細と料金プランを解説します。
2019.07.10
PC,モバイル

【2019年】スマホ学割の料金比較 ドコモ/au/ソフトバンク VS 格安スマホ(ワイモバイル/UQモバイル)

学生の皆さんとそのご家族、さらには新社会人の皆さんこんにちは!3キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクおよび格安スマホ(ワイモバイル/UQモバイル/LINEモバイル/BIGLOBEモバイル 等)の”学生割引キャンペーン”の比較情報をお届けします。
2019.03.08
UQモバイル

UQモバイル と ワイモバイルを比較!速度・料金・通話料・端末の違いって?

格安にしては速度がキャリア並で人気のUQモバイルとワイモバイル、どちらがいいのか迷っているあなた。この記事ではあなたの迷いを吹き払う最適のアドバイスを提供します。筆者である私自身が自腹切ってUQモバイルとワイモバイルを利用していますので完璧です。信頼してください。結論から言いますと、スピードで選ぶならどちらでも、料金で選ぶならUQモバイルを、通話重視で選ぶならワイモバイルでしょう。まずは【完全比較の早見表】からご確認ください。
2018.12.28
格安SIM / 格安スマホ のお得情報!スマホ代を節約しよう!

ワイモバイルのデメリットとは?iPhoneで使ったみて分かったメリット・デメリット

ワイモバイル(Y!mobile)で iPhone SE を新品25000円で手に入れました。今では一括 9,800円すよ。料金プランは、10分かけ放題付き、高速データ通信2G/月で月額3218円(税込)です。めっちゃ安!しかも通常速度はドコモ系のMVNOの格安SIMの10倍近く。以下の画像のように固定回線並みの50Mpbsを記録し快適そのものです。今回はメリットが多いワイモバイル・オンラインショップですべて済ませました。この記事では私が経験しているワイモバイルのデメリットとメリットを説明します。
2018.09.20
PC,モバイル

ワイモバイルのiPhoneをSIMロック解除できる条件と方法は?他社SIM(UQモバイル/楽天モバイル)で動作検証した結果は?

ワイモバイルのiPhoneを契約2カ月でSIMロック解除できました。簡単でした。試しに他社製のSIMカード、つまりau回線のUQモバイルおよびドコモ回線のの楽天モバイル、を使えるかどうかを検証しましたが、バッチリ使えました。このSIMロック解除したiPhoneで、日本の3キャリアおよびそれを利用したMVNOを使えるだけでなく、海外のSIMでも利用できるようになりました。それも当然SIMフリーだからです。以下にワイモバイルのiPhoneをSIMロック解除できる条件と解除方法、ならびに他社のSIMカードの動作確認をレポートします。
2018.09.20