UQモバイル 新プラン「スマホプランS/M/L」のメリット・デメリットを解説

UQモバイル 新プラン「スマホプランS/M/L」のメリット・デメリットを解説 UQモバイル

UQモバイルはauのサブブランドで回線スピードは格安スマホの中でもダントツに速く人気ですが、2019年10月から新しいプランがスタートしました。そのプラン名は「スマホプラン」です。どこかで聞いた覚えが・・・。この記事ではこの新プランのメリットとデメリットを解説します。また既存のユーザーがこの新プランへ変更する場合の注意点をも解説します。

\ 15日間無料でお試し /
公式サイト ➔ UQモバイル
iPhoneセットも選べる \

新「スマホプランS/M/L」メリット・デメリット

メリット

早速本論に入ると、新プランは以下の通りです。

MVNO並の料金設定です。3GB+10分かけ放題=2680円/月ですよ。税込み10%で約 3000円です。これに「データ繰越」や「節約モード」が付いています。

「通話なんていらないでしょう!」みたいな場合は、10分かけ放題なしで税抜1980円で高速データ通信3GB/月で利用可能です。

いずれにしろキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の半額に近いです。

※ キャリアの5分かけ放題オプションは700円。UQモバイルの10分かけ放題と同額。

すでにお分かりかもしれませんが、今回のUQモバイルの新プランの目玉は以下の2点です。

まず最初の目玉は、基本プラン(通話付きデータ通信)と通話のオプションプラン完全に分離したことです。

旧プランは以下の通りで、5分かけ放題や、60分無料通話が最初から付帯した3つのプランしかありませんでした。

この旧プランだと「5分かけ放題(おしゃべりプラン)や無料通話(60分~180分のピッタリプラン)はいらないけど、高速データ通信量はしっかり使いたいわ!」みたいなユーザーには魅力的なプランというより、無駄が多いプランという印象がありました。今時一ヶ月に180分なんて通話しないでしょう。

これが新プランの「スマホプラン」では、「10分かけ放題」や「60分無料通話」は付けても付けなくてもOKなオプションになりました。無駄を省けます。仮に契約後に必要になっても月単位で付けることができるので、融通はききますよ。

さらに2つ目の目玉は、いわゆる2年縛りが完全になくなったことです。

解約時に契約解除料が発生する2年定期更新、いわゆる2年縛りが伴わないのが新プランです。ご存知の通り、総務省の指導でキャリアは2019年10月に高額な解約金が伴うプランを廃止するようにという指導を受けました。UQモバイルはauのサブブランドですから、その指導に沿った形になったわけです。

ですから、いつ解約またはMNPしても解約金が発生しないのです。嬉しいですね。懐具合を気にせずに乗り換えできるようになりました。

※ ただし他社へのMNPでUQモバイルを解約する場合は事務手数料として3000円請求されます。

\ 15日間無料でお試し /
公式サイト ➔ UQモバイル
iPhoneセットも選べる \

デメリット

今回の新プランにはデメリットも存在します。

他社も同様ですが、端末の支払いが料金プランと完全に切り離され、端末割引がなくなってしまったのです。痛いデメリットです。

これまでは「マンスリー割」と称して、端末代が割り引かれていました。しかし、2019年10月からの新プランではこの割引が完全に廃止されてしまったわけです。

したがって、UQモバイルの新プランに加入と同時に端末も購入する場合は、割引なしで端末を購入しなければなりません。人気のiPhone6s/7は結構なお値段しますから負担増です。

さすがにUQモバイルのその点は頭を悩ませているようです。

それで苦肉の策として、端末代の支払い方法を従来の「一回払い/24回払い」に加えて「36回払い」を導入しました。

たとえば iPhone7(32GB)は24回払いで月々 約 2600円だとすれば、36回払いにすると、月々約 1700円に収まるわけです。

しかしいつまで利用するか分からない端末の長期支払いってストレスですよね。

というものの、基本料金の高いキャリアで割引なしでiPhoneの最新モデルを購入することに比べるならまだましですね。

\ 15日間無料でお試し /
公式サイト ➔ UQモバイル
iPhoneセットも選べる \

旧プラン(おしゃべり/ピッタリプラン)から新プランへの変更は可能だが注意点があり!

既存のUQモバイル契約者にとっては、新プランは非常に魅力的と思われます。5分かけ放題をつけない分安くしたり、5分→10分かけ放題を付けてさらに300円/月安くなったりと、良いことづく目です。しかも「2年縛りなしと来た!」

ではプランの変更、つまり2年契約の伴う「おしゃべり/ピッタリプラン」から2年縛りなしの新プラン「スマホプラン」への変更はできるのでしょうか?

答えは「Yes」です!

良かったですね。

しかし、注意点ががあります。細かい条件は UQモバイル を確認すればよいですが、最も注意しなければならない点は、セットで端末購入しており、現在マンスリー割(24ヶ月の端末代の割引サービス)を受けている場合です。

新プランへ変更するなら、「マンスリー割」もなくなり、端末代金が増額されるのです。

例えば、iPhone 7(32GB)をセット購入しており、マンスリー割適用期間中に、新プランへ乗り換えるなら、月々約 2000円の支払いが増えるわけですね。この場合は、しっかり24ヶ月間は旧プランのまま利用し、マンスリー割が終了した時点で、2年縛りのない新プラン(スマホプラン)に乗り換えたほうが良さそうです。

とはいっても端末は2年使ったから買い替えたいと思う場合もあるかも。その場合は、キャリアや格安スマホ(MVNO)を含めた乗り換え(MNP)を検討することも含めて、端末変更を考えたほうがよいかもしれませんね。

\ 15日間無料でお試し /
公式サイト ➔ UQモバイル
iPhoneセットも選べる \

UQモバイル

UQモバイル と ワイモバイルを比較!速度・料金・通話料・端末の違いって?

格安にしては速度がキャリア並で人気のUQモバイルとワイモバイル、どちらがいいのか迷っているあなた。この記事ではあなたの迷いを吹き払う最適のアドバイスを提供します。筆者である私自身が自腹切ってUQモバイルとワイモバイルを利用していますので完璧です。信頼してください。結論から言いますと、スピードで選ぶならどちらでも、料金で選ぶならUQモバイルを、通話重視で選ぶならワイモバイルでしょう。まずは【完全比較の早見表】からご確認ください。
2018.12.28
UQモバイル

【2018年最新】UQモバイル おすすめ端末 ベスト5を分析

UQモバイルは格安スマホの中でも回線品質がキャリアに近いとして満足度が1番となっています。しかも回線品質だけでなく端末も充実しています。SIMとセットで購入する端末は少なくとも2年以上は使うので納得できる端末を選びたいものです。この記事を通して、UQモバイルでセット販売されているiPhoneSE/6Sだけでなく、今人気のAndroid 端末Best5を紹介します。
2018.09.20
UQモバイル

UQモバイルはiPadで使えるのか?iPad mini 4で試してみた

UQモバイルはワイモバイルと同様にサブキャリで、楽天モバイルなどドコモ回線を利用しているMVNOの5倍~10倍の通信速度で利用できるということでかなりの人気です。SIMロック解除したiPhoneで利用できることは確認しましたが、SIMフリーのiPadで使えるんでしょうか?iPad mini 4で試した結果を以下にレポートします。
2018.09.20