\ 🎁 Amazonポイント最大2.5% 還元中! 詳細はココから! 🎉 /

【2021年5月】ワイモバイルのキャシュバック&キャンペーン最新情報 どこで契約すれば一番お得か?(公式、ヤングモバイル、ヤフーモバイル、ワイステーション、Amazon)

iPhoneでワイモバイルを利用している。どこよりも安くワイモバイルと契約する方法について徹底解説。キャッシュバックやキャンペーンを徹底利用。PC,モバイル

ワイモバイルではただ今高額キャッシュバック・キャンペーンを実施中です。公式サイトもお得に契約できますが、ヤングモバイル/ヤフーモバイル/ワイステーション/Amazonもお得に契約できることが判明しております。この記事では、様々な条件のもとキャッシュバック額やキャンペーンを比較し、最もお得にワイモバイルと契約する方法を案内します。是非参考にしてください。

⬛ ワイモバイル最新情報

■2021年4月2日新着:ワイモバイルは5Gサービスに対応しました。追加料金は必要ありません。
■ 2021年3月17よりソフトバンクの新プラン「LINEMO(ラインモ)」(キャッシュバッグ対象外)、および2月18日からワイモバイルの新プラン「シンプルS/M/L」が登場しました。(詳細へ

ワイモバイルの新料金プラン「シンプルS/M/L」は以下の通りです。

  • シンプル S(3GB):2,178円/月
  • シンプル M (15GB):3,278円/月
  • シンプル L(25GB):4,158円/月

通話オプションは以下の通り。

  • 10分かけ放題「だれとでも定額」:770円
  • 制限なしのかけ放題「スーパーだれとでも定額」:1870円

政府の要請である「利用料 3割下げ」を意識したプランです。各プランは旧プランである「スマホベーシックS/M/R」から10分かけ放題を外した料金となっており、10分かけ放題(だれとでも定額)を月額 770円/月のオプション扱いにしたものです。いずれのプランも1,188円引きの「おうち割 光セット」または2回線以上2回線目から1,188円引きの「家族割引サービス」が適用されます。学割も可能です。(最新のスマホ学割の比較

また同じ3月17からオンライン専用の新プラン「LINEMO(ラインモ)」も導入します。データ量料は20GB/月(超過後の速度は 1Mbps)、5分かけ放題/かけ放題はオプション。受付はオンライン専用です。LINEMOには学割りはありません。

スポンサーリンク

【比較表】ワイモバイルのキャシュバック&キャンペーン最新情報

ショップで長時間待たされることなく、また高額キャッシュバックの特典を受けるには、ワイモバイルのオンライン契約がおすすめです。現在ワイモバイルに申し込み/契約できるお得なサイトは以下の4つがあります。

ワイモバイルと契約できるサイト 5選
  • ワイモバイル公式サイト :本家のサイトで直接契約。(チャット対応。)
  • ヤングモバイル高額キャッシュバックで知られる代理店。(Webで見積もり申し込み後に親切 📞 電話対応。)
  • ワイ・ステーション:最速キャッシュバックで知られる代理店。(Webで見積もり申し込み後に親切 📞 電話対応。)
  • ヤフーモバイル:ヤフーのサイト内の代理店。(基本自分で契約。)
  • Amazon:Amazonが経由でSIM単体または端末を購入し、契約はワイモバイル公式サイトで行う。 (基本自分で契約。)

以上の4つのサイトのうち、どのサイトで契約すると一番お得なのでしょうか?

2021年4月2日時点で、ワイモバイルのキャシュバック&キャンペーン最新情報を比較してみました。 最安という表示が現在、一番お得に契約できるところです。(見過ごしがちですが、比較的大きな負担となる新規契約手数料3300円が無料かどうかも含めています。「どこでももらえる特典」はPayPayボーナスで支給。)

※ 表の「SB」とはソフトバンクのことです。
※ 2021年3月17日からヤフーモバイルの申し込み事務手数料は無料になります。つまり以下の表のヤフーモバイルの欄はすべて「事務手数料-3300円引」が追加されます。

📳端末セット📳端末セット 💳SIMのみ💳SIMのみ
契約
内容
新規/ソフトバンク以外からのMNPソフトバンクからのMNP新規/ソフトバンク以外からのMNPソフトバンクからのMNP
🏆
ワイモバイル公式サイト
公式へ
詳細へ
端末割引 最大 -18,000円
手数料0円 -3,300円
どこでももらえる特典 -3000円
手数料0円 -3,300円
どこでももらえる特典 -3000円
PayPayキャンペーン -5000円
手数料0円 -3,300円
どこでももらえる特典 -3000円
最安
手数料0円 -3,300円
どこでももらえる特典 -3000円
🏆
ヤングモバイル
公式へ
詳細へ
キャッシュバック -23,000円
どこでももらえる特典 -3000円
最安
キャッシュバック -13,000円
どこでももらえる特典 -3000円
キャッシュバック -10,000円 (新規は -3,000円。)
どこでももらえる特典 -3000円
キャッシュバック -3,000円
どこでももらえる特典 -3000円
ワイ・ステーション
公式へ
詳細へ
キャッシュバック -20,000円
どこでももらえる特典 -3000円
キャッシュバック -5,000円
どこでももらえる特典 -3000円
キャッシュバック -3,000円
どこでももらえる特典 -3000円
キャッシュバック -3,000円
どこでももらえる特典 -3000円
🏆 🏆
ヤフーモバイル
公式へ
詳細へ
最安
端末割引 最大 18,800円
5のつく日/日曜日-5,555 円
どこでももらえる特典 -3000円
手数料0円 -3,300円
「5のつく日」-0 円
どこでももらえる特典 -3000円
手数料0円 -3,300円
最安
新規/MNPかつ「5のつく日,日曜日
シンプルM –5,000円
シンプルL –7,000円
どこでももらえる特典 -3000円
手数料0円 -3,300円
どこでももらえる特典 -3000円
手数料0円 -3,300円
Amazon
公式へ
詳細へ
※ 端末によっては公式サイトより-2万円以上安い受付なし-2,845円
手数料0円だが、送料発生。
-2,845円
手数料0円だが、送料発生。

「どこでももらえる特典」とは?

上記の表で「どこでももらえる特典 -3000円 」とありますが、これはPayPayボーナスが付与される特典です。 Yahoo! Japan独自のキャンペーンです。

この「どこでももらえる特典」を受けるためには、以下の手順に通りに進めてください。特典付与時期は、申込日の翌々月です。

「どこでももらえる特典」を受けるまでの手順

キャッシュバック額は上記のような結果になりました。

【端末セットで最安レベル】ヤングモバイルの申し込み方法

ヤングモバイル に行くと、上記のような ❶ 「60秒かんたん入力!24時間受付中!「お問い合わせ・お申し込み」」というボタンがありますので、お名前/電話番号/メールアドレス 等を記入して「完了」すると、❷ 電話がかかってきますので、希望端末とプランを伝えて見積もりをとってください。その際、必ずキャッシュバック額の確認を行ってください。❸ その後申し込み書類が郵送されますおで、必要事項を書いて返信すれば契約成立です。

端末が郵送られてきますので、そこに記されている方法で開通すれば利用開始できます。その後最短2週間で現金がキャッシュバックされます。

ヤングモバイル

以下にそれぞれのワイモバイル代理店の特長を見てゆきますが、上記の4つの窓口いずれにおいて契約しても、共通で適用できるキャンペーン情報をまず確認しておきましょう。

共通キャンペーンとは 【基本】

ワイモバイルを公式サイト/ヤングモバイル/ヤフーモバイル/Amazon 等の代理店から契約しても、共通で適用されるキャンペーンがあります。2021年2月18日以降は以下の通りです。(キャンペーン一覧から現在 本家ワイモバイルが実施している特典を確認できます。)

  1. おうち割:最大 1,188円/月 引き。固定回線としてソフトバンク光やソフトバンク・エアーを契約している場合の特典。
  2. 60歳以上 通話ず~っと割引キャンペーン:60歳以上のユーザーは国内通話かけ放題の「スーパーだれとでも契約」通常1870円が永年1100円割引で770円/月に。
  3. 家族割引サービス:2回線目以降の家族ユーザーの基本利用料が毎月1870円引き。最大9回線まで。(「おうち割」との併用は不可。)

他にもキャンペーンがありますが、月額料金が割引となる共通キャンペーンは以上の通りです。

ちなみに、ワイモバイルの料金プランは以下の通りとなっております。2021年2月18日。

「シンプル S」プランなら月額基本料金は2,178円ですが、そこに「おうち割光セット」(-1,188円/月 永年)か家族割(2回線以上2回線目から -1,188円、おうち割光セットとは併用不可)が適用されて毎月 990円から利用できる計算です。

以上が、基本料金と本家「ワイモバイル」が実施しているキャンペーンでした。代理店経由で申し込んでも上のキャンペーンが適用されますのでご安心ください。

※ 以下に説明しますが、ワイモバイル代理店とそれに類するオンラインショップとして、❶ ヤングモバイル、❷ ヤフーモバイル、❸ Amazon を含んでいます。

上記の共通キャンペーン特典に、公式および代理店独自のキャンペーン&キャッシュバックが実施され、さらにお得にワイモバイルでスマホ生活が始められるようになっています。

【1】公式「ワイモバイル」で直接契約 – 端末代が大幅値下げ iPhone SE2/iPhone12/12mini も対象!

以下は公式「ワイモバイル」オンラインの割引キャンペーンです。記事後半で説明する代理店(ヤングモバイル、ヤフーモバイル、Amazon )を経由する方法と違い、直接ワイモバイルと契約することで得られる特典です。

公式サイトのキャンペーン一覧
  • ● 事務手数料3,300円が 無料
  • ┣ ➕❶ 端末購入の場合、端末価格が最大18,000円引(シンプルM/L)
  • ┗ ➕❷ SIMカード単体契約の場合 最大で5,000円PayPayボーナスプレゼント
\ 事務手数料が無料、端末代が大幅値引き/

したがって公式サイトからの契約は、 ❶ 端末購入の場合事務手数料 3300円が無料となること含め 最大で21,300円のキャッシュバックと考えることができます(税込)。

※ ここにYahoo!Japanが実施するPayPayボーナス3000円分がもらえる「どこでももらえる特典」が加算されます。

ただし端末によって値引き価格が異なります。その都度お得な端末が違う場合もあります。

公式サイトである「ワイモバイル」オンラインのキャンペーン最新情報はキャンペーンで確認することができます。

スタッフおすすめ情報 によると、現在のキャンペーンは事務手数料(3,300円)が無料になるぐらいしかありません。

しかし端末のページを見ると、機種ごとに割引セールキャンペーン&キャッシュバックを実施しています。この割引がかなり大きいですよ。

おまけに公式サイトでのWeb契約なので事務手数料は無料となります。コスパいいいですよ。

例えば、iPhone 11 Pro と同じチップを搭載さいている大人気の iPhone SE 2 も、ソフトバンク以外からの乗り換えや新規契約、かつシンプルM/Lで利用開始するれば、最大 18,000円 引きとなり、iPhone SE 2(64GB)なら端末価格は39,600円となります。もちろん事務手数料3300円も無料ですよ。

iPhone12/iPhone 12miniもいいですが、iPhone11と同じチップを搭載かつ指紋認証のiPhone SE 2 が狙い目でしょう。

次は2021年4月発売のAndroidスマホである Libero 5Gです。始まったばかりの5G回線対応なのに超格安です。

ワイモバイル公式サイトでは上記の通り、機種代金は値下げされた定価 25,920円ですが、新規やソフトバンク以外からの乗り換えで、以下の割引キャンペーンを受けられます。

  • 新規/ソフトバンク以外からの乗り換え18,000割引

端末価格は7,920円のという激安になります。オンラインで購入すると事務手数料3300円が無料です。

他にも最新のAndroidが値引きキャンペーンの対象となっています。価格は 端末 (←公式サイト)からご確認ください。

ワイモバイル公式サイト

\🎉お得情報 /
アウトレット端末ならもっと安いですよ。
会場はアウトレット端末 激安タイムセール中からどうぞ。

SIMカード単体契約

ここまでは、ワイモバイル公式サイトで端末購入を伴う割引でしたが、同じくワイモバイル公式サイトで、 ❷ SIMカード単体契約の場合は、最大で5,000円PayPayボーナスがプレゼントされます。割引キャンペーンの内訳は以下の通り。

  • PayPayキャンペーン5,000円相当のPayPayボーナス。

条件はソフトバンク以外からの乗り換え(MNP)または新規で、シンプルMLを選択する必要があります。この2つのキャンペーンに事務手数料 3,300円無料、「どこでももらえる特典3,000円分のPayPayボーナスが加算されますので、最大12,300円がキャッシュバックされると考えることができます。

※ 新規または乗り換えが条件。またシンプルSは対象外。契約時はシンプルM/Lにしておいてあとでプラン変更すればOKです。

ここまでが、ワイモバイルの公式サイトで直接契約する場合のキャンペーン情報でしたが、これを基準にして以下3つの代理店 ①「ヤングモバイル」② 「ヤフーモバイル」③「Amazon 」と比較しましょう。

【2】 🏆 代理店「ヤングモバイル」2万3000円の高額キャシュバック

知ってました?

ヤングモバイル には代理店があり、独自のキャッシュバックキャンペーンをやっていることを。これって意外と知らない人が多いですね。

昔ドコモのショップが乗り換えで”JCB 5万円”みたいな宣伝でばらまいていましたよね。

あのワイモバイル版です。それも実店舗ではなくオンラインショップ版です。

それがヤングモバイルというワイモバイルのオンライン上の代理店なわけです。

ヤングモバイル

詳細は ヤングモバイルの評判で書いていますが、キャッシュバック額は法律で許された上限ギリギリまで支払ってくれます。

いかもキャッシュバックは嬉しい現金振り込みです。最短 2週間であなたの銀行口座に振り込まれます。

ヤングモバイル 端末 📳 のセット購入
  • 新規またはソフトバンク以外からの乗り換えキャッシュバック 20,000円(今なら生活応援特典3,000円プラス
  • ソフトバンクからの乗り換えキャッシュバック 10,000円 (今なら生活応援特典3,000円プラス
    注意:ワイモバイル公式サイトで直接契約するときの事務手数料(3,300円)無料特典はありません

ヤングモバイルで端末をセット購入すると上記のような特典となります。

※ ここにYahoo!Japanが実施するPayPayボーナス3000円分がもらえる「どこでももらえる特典」が加算されます。

上記のキャッシュバックの条件の一つは「シンプルL」で契約することです。契約後はいつでも「シンプルS/M」に変更しても構いません。「シンプルS/M」を希望する方は、初月のみ「シンプルL」ということになります。

ちなみに2021年2月10日時点ですが、ヤングモバイル経由での iPhoneSE 2(64GB) は端末価格はワイモバイル公式での販売定価 57,600円と同額です。

ヤングモバイルでは2万3千円キャッシュバックがありますから、それを端末代に充てるとすると、iPhoneSE 2(64GB) の実質価格は 32,600 円となります。

注意 初月だけはシンプルSより2,000円高いシンプルLに入る必要があるので、「シンプルs」を希望される方にとっては、ヤングモバイルは公式サイトより 実質3,600円だけしかお得にならないということになります。さらに、ヤングモバイルは公式サイトのように事務手数料 3,300円が無料ではありませんので、実質 300円しかメリットがありません。少し残念です。

■ソフトバンクからの乗り換えでもキャッシュバックありの「ヤングモバイル」

しかし、ヤングモバイルなら公式ワイモバイル直契約では決してもらえない、ソフトバンクからの乗り換えでキャッシュバック1万円があります。(今なら生活応援特典3,000円プラス13,000円キャッシュバック)。公式サイト直契約では端末の割引はないからです。(ヤングモバイルは事務手数料が無料でありませんから 13,000万円ー3,300円=9,700円だけがお得ということになります。)

次にヤングモバイルでSIM単体契約する場合のキャッシュバックについてです。現在のキャッシュバック額は以下の通りです。

ヤングモバイル SIM 🔖 単体
  • ソフトバンク以外からの乗り換え:キャッシュバック 10,000円
  • 新規:キャッシュバック 3,000円
  • ソフトバンクからの乗り換え:キャッシュバック 3,000円
    注意:公式サイトのように事務手数料 3,300円は無料ではありません

※ ここにYahoo!Japanが実施するPayPayボーナス3000円分がもらえる「どこでももらえる特典」が加算されます。

SIM単体でのキャッシュバックの条件ですが、シンプル(S/M/L)の指定やオプションの加入等の条件はありません。しかし、申込み月に開通することは必要です。

ここまでをまとめると、

📳 端末セット購入では
➡ 新規またはソフトバンク以外からの乗り換えの場合、ヤングモバイルより公式サイトが お得。一方ソフトバンクからの乗り換えの場合は、公式サイトより、ヤングモバイルのほうがお得。

💳 SIM単体では
➡ ソフトバンク以外からの乗り換えの場合、ヤングモバイルより公式サイトが お得。ソフトバンクからの乗り換えの場合も同様にヤングモバイルより公式サイトのほうがお得です。

ワイモバイル公式サイト
ヤングモバイル ← 高額キャッシュバック!
※ ヤングモバイルの申し込み方法はこちらに戻ってご確認ください。

【3】代理店「ヤフーモバイル」ならPayPayが増える

ヤフーモバイル (Yahoo!モバイル)」ってはじめて聞きました?

実は、 「ヤフーモバイル 」もヤングモバイルのように、ワイモバイルの取り扱いサイトです。代理店みたいなものです。

しかし、端末価格はヤングモバイルと違って、ワイモバイル公式サイトとほぼ同じです。(時々掘り出し物があり、ヤングモバイルしか販売していない端末もあります。)

ヤフーモバイルのPayPayボーナス・キャンペーン
  • スマホ契約特典 :「 5のつく日と日曜日( 毎月 5日,15日,25日+日曜日 )」の申し込みで 5,555 円。新規/乗り換え、ソフトバンクイからの乗り換え(番号移行)、機種変更でもOK
  • SIMカードのみ :新規や乗り換えで3,300円。乗り換えなら 「 5のつく日と日曜日 」に、シンプルMを選択し契約するなら+で5000円、シンプルLなら+7000円。いずれもソフトバンク(番号移行)からの乗り換え不可。最大合計 1万円です。
    しかも:公式サイトのように事務手数料 3,300円は無料です。

※ ここにYahoo!Japanが実施するPayPayボーナス3000円分がもらえる「どこでももらえる特典」が加算されます。

ヤフーモバイル

スマホ契約特典

目玉のキャッシュバック・キャンペーンは、 「 5のつく日か日曜日」 にエントリーし所定の期限内に、対象端末を購入し契約すると、5,555円分のPayPayボーナスがいただけます。条件は新規契約やソフトバンクを含めた乗り換えが対象です。シンプルS/M/Lの条件はありません。

上の端末のセット購入は前もって「Yahoo! JAPAN ID」で ログインしてエントリー し、契約すると3000円分のPayPayボーナスがもらえる「 どこでももらえる特典 」との併用で、合計8,555円となります。

出典:ymobile-store.yahoo.co.jp

上記の特典はソフトバンクからの乗り換え(番号移行)でも対象ですね。

さて端末代の値引きは端末によって異なります。

現在対象端末にはiPhoneSE 2 も含まれており、新規やソフトバンク以外からの乗り換え(MNP)は18,000 円引きです。公式サイトと同額値引きですね。ヤフーモバイル

ヤフーモバイルで販売している端末は、本家ワイモバイル公式サイトとほぼ同じです。

SIMカードのみ

ヤフーモバイルはSIM単体での契約もPayPayボーナスによるキャッシュバック・キャンペーンを実施中です。

・「SIMカードご契約特典」

新規ソフトバンク以外から乗り換えは3,300円相当のPayPayボーナス。新規ではなくソフトバンク以外から乗り換えななら「 5のつく日と日曜日」がお得です。PayPayボーナスが増額されて最大合計 7,000 円(シンプルL選択時。シンプルMなら5000円)のキャッシュバックになるからです。これは「SIMカードご契約特典」と呼ばれます。

・「どこでももらえる特典」

加えて通常の「どこでももらえる」特典 3000円相当が加算されますので、合計最大 10,000円の割引となります。

  • シンプルL:最大 10,000円
  • シンプルM:最大 8,000円

SIM単体での契約なら、SIMフリーの手持ちのスマホや中古のスマホを別途購入すれば、すぐに利用できます。

⚠️ ヤフーモバイルの注意点

以上のように、 ヤフーモバイルは端末セット(❶)でも、 SIM単体のみ(❷)でもPayPayボーナス・キャンペーン特典を受けられます。しかも事務手数料3,300円は無料です。

またキャッシュバック・キャンペーンは現金ではなく、PayPayボーナスという形です。PayPayを使っていないユーザーは面倒に感じますね。

なお始めてPayPayを利用する場合、Yahoo! JAPAN IDと紐付ける作業が必要になってきます。

\ PayPayボーナス/
ヤフーモバイル

【4】Amazon「ワイモバイル」の端末は一番安い

さて、意外と知られていないのですが、Amazonでもワイモバイルと契約できます。

SIMのみでもOKですが、端末セット公式サイトより安い場合があります。以下にそれぞれを説明します。

SIMのみの場合 – 事務手数料は無料 でもほぼメリットなし

ワイモバイル SIMスターターキットです。事務手数料が無料の代わりに、Amazonで購入するSIM代が必要です。現在価格は数百円と激安です。

手数料が無料と、SIMカードが届けばすぐにWEB上で契約し、利用できるようになるのがメリットです。(本人確認のための書類アップロードと審査は必要)

しかし、公式サイトでも事務手数料が無料になるキャンペーンを実施中ですから、現在 SIMのみをAmazonから注文する金銭面でのメリットはほぼないということになりそうです。

しかし端末をセット購入する場合は、公式サイトよりもお得な場合があります。

端末とセット購入 – 公式サイトよりお得な場合あり

ワイモバイル公式サイトで販売されている端末とワイモバイル|Amazonで販売さている端末(SIMとセット)が同じものである場合、時期キャンペーンによってはAmazonのほうがお得な場合があります。ですからよく比較しなければなりません。

⬛ ワイモバイル公式サイトとAmazonの比較ポイントとは?

  • Amazonで端末購入を伴う場合は事務手数料は3,300円が必要だが、SIM契約だけなら事務手数料は無料。
  • いずれも新規またはソフトバンク以外からの乗り換えという条件で価格を比較。
  • Amazonはクーポンを含めた価格で見積もりを。
    iPhoneはAmazonでは販売なし。Androidだけ。

ではカメラ機能で優れている人気端末「HUAWEI P30 lite」 で比較してみます。

まずワイモバイル公式サイトでは、新規/ソフトバンク以外からの乗り換えの場合の端末価格は画像の通り。

一方Amazonでは?

ワイモバイル|Amazon では、ソフトバンク以外からの乗り換えの場合の端末価格は990円です。Amazonの販売価格は 公式サイトよりかなりお得です。公式サイトでの契約は手数料 3300円が無料、Amazonでは契約手数料 33000円が発生しますが、それを計算に入れても、Amazonは1万円近くお得です。

この差額からするとAmazonは、2万円キャッシュバックがあるヤングモバイルより1,204円お得だということになります。(一方ヤングモバイルはソフトバンクからの乗り換えでもキャッシュバックがあるが、Amazonではない。)

以上の端末価格の比較例はあくまでもこの記事執筆時点での話ですから、常時Amazonが安いというわけではないことにご注意ください。しかしながら、購入の際には、Amazonでの販売価格とワイモバイル公式サイトでの端末価格、および公式サイトのアウトレット商品やタイムセール商品での価格を把握し、それをAmazonでの販売価格と比較する必要があります。

📳 アウトレット端末(←ワイモバイル公式サイト)

📳タイムセール 端末 (←ワイモバイル公式サイト)

\ 端末価格を比較してみよ! /
📳 ワイモバイルの端末価格|Amazon

⚠️ Amazonでの購入における注意点

さて、Amazonでワイモバイルの端末を購入する場合の注意点は以下の通り。

  • 新規かソフトバンク以外からの乗り換えのみ。(ソフトバンクからの乗り換えはAmazonでは受け付けられない。)
  • Amazonでの購入手続きから4日以内にワイモバイル回線の申込ページ(公式サイト)で契約が必要です。
  • 公式サイトから直接申し込みと違って端末購入が伴う場合は事務手数料 3300円が必要。SIMカードのみ契約なら事務手数料は無料。

事務手数料について繰り返しますが、Amazon経由でワイモバイルを契約すると、

  • SIMのみ:事務手数料が不要。(しかしSIMカード購入が必要。)
  • 端末とセット購入:事務手数料 3300円が必要。

これは結構な落とし穴です。

審査に関しては、ワイモバイルの公式サイトでの申込時に、運転免許証等の本人確認書類を撮影した画像をアップロードし、審査を受けなければなりません。直接公式サイトから購入/申し込みと同じだということです。

以上、ワイモバイルを少しでもお得に契約する方法でした。

いずれにしろ端末のセット購入は、代理店のヤングモバイルが最安であることは間違いないみたいですね。

\ 高額キャッシュバッグのヤングモバイル /
見積もり無料

コメント