\ 🎁! Amazonギフト券チャージで最大2.5% 還元中! 詳細はココから! 🎉 /

ワイモバイル データ繰り越しとは?「増量オプション」は繰り越されるのか?消費される順番は?UQモバイルとも比較

PC,モバイル
ワイモバイル「データくりこし」

ワイモバイルでもやっとデータ繰り越しサービスが始まります。2021年8月からです。キャリアのサブブランドという同じ位置づけのUQモバイルに対抗した形です。この記事ではデータ繰り越しの詳細とメリット・デメリットを紹介します。UQモバイルのデータ繰り越しサービスとも比較します。【お知らせ】ただ今「データ増量無料キャンペーン2」でオプション料金 550円/月が1年間無料です。もちろん「データくりこし」対象です。条件は新規や乗り換えです。

【2021年7月】ワイモバイル契約「5のつく日,日曜日」キャンペーンで失敗しないために
ワイモバイルの「5のつく日または日曜日」にエントリーすると最大10,000円分のPayPayボーナスが進呈、しかも事務手数料が無料となるキャンペーンが行われています。このキャンペーンの条件は「 ワイモバイル公式サイト 」で直接契約せずに、ワイモバイルの代理店であるヤフーモバイル というサイトを経由して契約することです。この記事ではこのキャンペーン特典を受けられるワイモバイル契約方法を解説します。
スポンサーリンク

ワイモバイルのデータ繰り越しとは

サービス内容:ワイモバイルのデータ繰り越しとは当月消費しなかった、つまり余ったデータを最長翌月末日まで繰り越せるというサービスです。

たとえば、以下の表(例 1)ですが、月の契約データ量は3 GBの「シンプルS」の場合、月末に2 GB が消費されずに残っていたとすると、その余った2 GBが翌月に繰り越しとなり、翌月は合計5 GBでスタートとなります。

プラン例1.8月31日時点の残量6月1日時点の残量
シンプルS(3GB)2GB2+3=5GB
シンプルM(15GB)7GB7+15=22GB
シンプルL(25GB)13GB13+25=38GB

データ繰り越しは、あくまでも翌月末日までです。貯金やポイントのように際限なく繰り越せるわけではありません。

「データ増量オプション」は繰り越せるのか?

ワイモバイルのデータ繰り越しサービスで気になる問題の一つは「データ増量オプション」の余りは繰り越せるかどうか?です。

ワイモバイルの「データ増量オプション」とは?

ワイモバイルが非常にお得なところは、月額たったの 550円というオプション料金でプランごとの規定容量に加えてデータ容量が追加されます。以下のとおりです。(2021年8月から変更され増量されています。)

規定容量オプション
による増加量
合計容量
シンプル S3GB+2GB5GB
シンプル M15GB+5GB20GB
シンプル L25GB+5GB30GB

ご安心ください。「データ増量オプション」の増加分を使わなかった場合、翌月まで繰り越し可能ですよ。

繰り越せるデータ容量の種類をまとめると以下の通り。

繰り越し可能なデータ容量
  • 規定容量
     ┗ 例:「プランS」なら3GBが規定容量。そのうち消費されなかった残量が翌月に繰り越し可能。
  • データ増量オプションで増加した容量の残量
     ┗ 例:「プランS」ならデータ増量オプションで月のデータ容量が3GBから5GBに増量されますが、当月消費しなかった残量が翌月に繰り越し可能。
  • ❌ 通常速度に戻すために購入したデータ容量
     ┗ 例:当月 550円で0.5GBを購入、月末までに 0.2GB しか利用せずに0.3GBが余っても、それは翌月には繰り越せない。
筆者
筆者

月末に速度を戻すために追加データ容量を購入し、それが余ったとしても繰り越せないんですね。残念。その点はUQモバイルも同じです。

データ容量の消費される順番

繰り越し可能なデータの種類は上の通り、つまり「規定容量(月のデータ量)」の余りと「データ増量オプションで増加した容量」の余りですが、それが翌月に繰り越さると、優先的に消費されるデータの順番はどうなるのでしょうか?

データ容量の消費される順番
  • 前月から繰り越された余りの「規定容量」(月のデータ容量)
  • 前月から繰り越された余りの「データ増量オプション」
    ⬇ ※ オプションに加入している場合のみ。
  • 当月の「規定容量」(月のデータ容量)
  • 当月の「データ増量オプション」
    ※ オプションに加入している場合のみ

■ 繰り越しのイメージ。

以上、繰り越し可能なデータ容量の種類と順番が分かったところで、具体的な例をイメージしてみましょう。

以下の表はワイモバイルの「シンプルS(3GB)」および「データ増量オプション」(月額 550円)に加入している場合の繰り越しイメージです。

ワイモバイル「プランS」+「データ増量オプション」へ加入している場合の繰り越しデータ容量の例

最大データ残量

ところで月の最大のデータ残量はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、合計2ヶ月分のデータ容量が最大データ残量となります。理由はすでに述べたように翌々月までは繰り越せないからです。したがってプランごとにまとめると以下の表の通りになります。

例:「シンプルS
前月データ消費がゼロGB
だった場合。
最大データ残量
(2ヶ月分)
シンプル S(3GB)6GB
シンプル M(15GB)30GB
シンプル L(25GB)50GB
筆者
筆者

データ残量の繰り越しサービスで、ワイモバイルはUQ モバイルに全く引けを取らなくなりましたね。

■ もし月額 550円の「データ増量オプション」に加入している場合、前月データ容量の消費がゼロだった場合、つまり最大データ残量は以下の通り。(※ 繰り越しできるデータ容量の詳細は後日発表され、以下の通りではないかもしれません。)

例:「シンプルS」➕「データ増量オプション
に加入ているが、前月データ消費が
ゼロGBだった場合。
最大データ残量
(2ヶ月分)
シンプルS(3GB➔5GB)10 GB
シンプルM(15GB➔20GB)40 GB
シンプルL(25GB➔30GB)60 GB

※ ちなみに「データ増量オプション」は2021年8月から変更され、増量されるデータ容量は増えています。

筆者
筆者

私はワイモバイルの長年のユーザーだけに、今回の新たなサービス「データくりこし」の発表にワクワクしました。というのは毎月ほぼ2GB以上残すスマホ生活をしていますが、年に数度の小旅行でデータをド~ンと消費する月があるからです。助かります。

「データくりこし」の適用条件

そんなワイモバイルの新たな「データ繰り越し」サービスですが、適用条件は以下の通りです。

「データくりこし」の適用条件
  • 対象プラン
    ┣ シンプル S(3GB/月)
    ┣ シンプル M(15GB/月)
    ┗ シンプル L(25GB/月)
    ※ベーシックプランなどの旧プランでは適用されません。
  • 追加料金:不要
  • 申し込み:不要

ワイモバイルのデータ繰り越しの追加料金は不要、申し込みも不要です。シンプルプラン加入者なら自動で適用されます。旧プランである「ベーシックプラン」のままの利用者は速やかに「シンプル」プランに変更しておきましょう。

UQモバイルとの比較

ではワイモバイルの競合とされるauのUQモバイルと比較してみましょう。

UQモバイルはかなり前からデータ容量を繰り越せるサービスを行っています。以下の点でデータ容量の繰り越しに関しては以下の点は同じです。

共通点】データ容量繰り越しに関するワイモバイルとUQモバイル
  • 余ったデータは翌月末まで繰り越せる。
  • データの消費順番は
    ❶ 繰り越した容量
    ❷ 当月の規定容量(月間データ容量)
    ❸ 当月の追加購入データ容量
  • 追加購入データ容量は繰り越せない。

次に相違点です。

【相違点】データ容量繰り越しに関するワイモバイルとUQモバイル
  • データ増量オプションのデータ:ワイモバイルは繰り越せる。UQモバイルにはオプションそのものがありません。

相違点より共通点が圧倒的に多いのがワイモバイルとUQモバイルのデータくりこしサービスですね。

最後にUQモバイルの基本プランや各種割引サービスを比較しておきます。(※ 2021年06月15日時点)

定容量ワイモバイルUQモバイル
3GB/月シンプル S
2,178円
くりこしプラン S
1,628 円
15GB/月シンプル M
3,278円
くりこしプラン M
2,728 円
25GB/月シンプル L
4,158円
くりこしプラン L
3,828 円
10分かけ放題+ 770円+770円
無制限かけ放題+1,870円+1,870円
家族割り-1,188円引
2回以上2回線目から
なし
光回線セット割-1,188円引
家族割と併用不可
なし
でんきセット割-110円円引S/M:-638円引
L:-858円引
データ増量
オプション
(新規/MNPなら1年間無料
月額 550年で増量
・プランS 3GB➔5GB
・プランM 15GB➔20GB
・プランL 25GB➔25GB
なし
追加購入データ容量0.5GB:550円0.2GB:220円
0.5GB:550円

圧倒的にワイモバイルのほうが割引サービスやオプションは充実していますね。

詳細な比較は以下の記事を

詳細 ワイモバイルとUQモバイルを比較!

コメント