アイリオ生命が「楽天」で保険通販を開始!保険代理店はどうなるアイリオ生命と楽天の業務提携の影響?

スポンサーリンク

2010年12月28日追記:楽天がアイリオ生命の議決権ベースの株式を所有し、アイリオ生命の関連会社としました。日経プレスリリース 今後アイリオ生命はネット経由で保険商品販売の傾向が強まるようです。アイリオ生命は今後どうなるのか?

生命保険の新生児「アイリオ生命」が楽天向けに保険商品を開発予定!
すでに楽天保険で「アイリオ生命」既存保険商品の紹介が始まっていた。

楽天が保険販売に参入するためアイリオ生命と業務提携を。私の友人にエキスパートアライアンスの共済(メディエイド医療保険、ガン生命共済マック)などを紹介していた人がいたが、その共済事業がアイリオ生命保険に変わりその保険代理店になってい方がいる。

聞くところによると1入院60日型の医療保険がちまたにあふれている中で、アイリオ生命保険は1入院1095日の長期入院も保障する「医療保険」などの単体の保険が売られているという。しかも掛け金は求めやすいというもの。

大手の保険会社が次々に銀行窓口販売やネット販売に参入し、既存の生命保険販売員(生保レディー)や保険代理店との軋轢が問題になっている中で、いまや7700以上の代理店を抱えるアイリオ生命保険はどうするのか?ところで

  • アイリオ生命保険とはどこから来たの?
  • 保険商品の特徴は?
  • 楽天との業務提携で保険代理店は不利になる?

アイリオ生命保険とは?

アイリオ生命の前身、旧エキスパート共済を立ち上げた創業者は保険業界では”泣く子も黙る”という中川博迪(ひろみち)氏であり、彼はなんとアリコジャパンの副社長まで上り詰め、そのアリコの次期社長を捨て、世界ナンバーワンの保険会社アクサ生命(フランス)を日本で立ち上げ初代社長になった人物です。20100801172248

その中川博迪氏は口コミ販売で保険商品(共済)を売るエキスパートアライアンス株式会社の創業者になり、瞬く間に保険会社並みの売上をあげるようになりました。共済で日本を変える男──EXA社長・中川博迪の挑戦

しかしその売り方をマネする輩が増え始め問題を引き起こしていることに懸念を示した政府は、「保険業法」を改正し、共済の道は保険会社になるか他の形態に移行する必要が生じました。その改正法施行の際に、唯一エキスパートアライアンスの共済部門だけが生命保険会社となり、名前を「アイリオ生命株式会社」となりました。

スポンサーリンク

保険商品の特徴は?

楽天と業務提携したアイリオ生命保険は前身のエキスパート共済のモットー「アンポンタン(安全、本物、単純」」を受けて、シンプルで安心、しかも保障の割には安い「保険商品」を売っているようです。以下はそれをまとめます。楽天と業務提携したアイリオ生命保険の保険商品とは?

以下の医療保険群の特徴は、入院給付金付きの医療保険なら、1入院1095日(ケガ、病気は別々にカウント)までをカバーしているのが大きな特徴ですね。ではそれぞれの商品は・・・。

  • 「医療保険」・・・
    入院給付金、手術給付金、退院給付金などを保障。
  • 「生活習慣病保険」・・・
    7つの疾病(ガン、心筋梗塞、脳血管疾患、高血圧疾患、肝疾患、腎疾患、糖尿病)に特化した商品。長期の入院を手厚く保障。入院や手術給付金に加えて、半年以上入院するとそれ以後の半年間は30日ごとに、治療給付金が支給。)
  • 災害補償保険」・・・
    不慮の事故がもとで入院したり骨折したりする場合に保障。入院給付金、災害死亡金)
  • 重度障害保険」・・・
    病気やけがで重度障害(死亡も含む)になった時に保障。
  • 女性疾病保険」・・・
    女性特有の疾病やガンで入院した場合に、一時金が支給される。日帰り入院も保障。死亡保障付き。
  • 定期保険」・・・
    死亡や高度障害に対して支払われる無配当型の生命保険。最長80歳まで自動更新。

これらが今回楽天と業務提携したアイリオ生命保険の既存の保険商品です。(加入する前に詳細を参考:アイリオ生命

楽天との業務提携で保険代理店は?

さて、楽天と業務提携し、楽天向けにアイリオ生命が保険商品を開発し、比較的容易に加入できるようにするそうですが、既存の保険商品を扱っている日本全国の7700の代理店はどう思っているだろうか?

この問題に関しては、賛否両論あるそうだが、かなり怒っているアイリオ生命の保険代理店(かってのエキスパート共済の旧エージェントも)もいるそうだ。すでに代理店として活動している私の友人もシビアな反応です。

知名度アップと見込み客の紹介

しかしアイリオ生命保険は今回の業務提携に関しては、知名度アップと楽天を通してコンタクトをとってきたユーザーを代理店に紹介するので、代理店にとってはメリット大きいと言っているそうです。

アイリオ生命が楽天向けに商品を売り出して、保険代理店はどうなるの?

アイリオ生命の代理店は今回の楽天との業務提携によって代理店としての活動がやりやすくなるのでしょうか?それとも不利になるのでしょうか?

私の考えですが、通販はかなりの影響力ゆえに、ほとんど無名のアイリオ生命にとってはかなりの知名度アップなるので大いに結構だと思います。

金融商品だけに慎重に加入

また、生命保険は金融商品、しかも掛け金が毎月口座から自動引き落としされる商品なので、慎重に加入せざる負えないですね。そうすればどうしても対面販売で説明を必要とします。楽天を通したネットや電話での通販で、保険に加入しようとしている人でも、近くにアイリオ生命の保険代理店がいるなら、直接相談してみたいと思うのではないでしょうか?(ちなみにアイリオ生命の代理店の皆さんの保険に関する知識はかなりのもらしい)

アイリオ生命の保険代理店の友人に、この楽天との業務提携を前向きに考えるように促してみます。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. いつも参考にしております。
    また遊びにきます。
    ありがとうございます。