テレビで Youtube を見る最も簡単な方法とは!Chromecast と Fire TV を使ってみました

スポンサーリンク

Youtubeでひたすら無料動画をご覧になる皆さん、こんにちは!今日は液晶テレビでYoutubeを簡単に視聴する方法をご紹介します。早い話、この記事前半で紹介するインターネットに直接できるスマートテレビを購入すればいいわけです。でも普通の液晶テレビでもYoutubeを快適に視聴することは可能です。記事後半で紹介するように、Amazon 「Fire TV」やChromecast(クロームキャスト)という便利で超コンパクトな道具さえあれば、リモコンやスマホ(iPhone/Android)から簡単にYoutubeを大画面テレビで視聴できちゃいます。では以下にそれらの方法をまとめて紹介します。

youtubeを自宅のテレビで見ている場面

Youtubeをテレビで視聴するための環境とは?

年末にYoutubeやHuluの動画を家族や友人と一緒にお茶の間のテレビで視聴しようと考えているユーザーも多いと思います。

スマートテレビなら簡単だけど・・・

茶の間のテレビがインターネットに接続できる、いわゆるスマートテレビなら大抵「Youtube on TV」対応なので、あらかじめインストールされているyoutubeアプリから簡単にYoutubeを視聴きますよね。代表的な手マートテレビとはいえば以下の通りです。メーカーやブランドの人気ランキング順です。

  1. シャープ 液晶テレビ AQUOS
  2. パナソニック 液晶テレビ VIERA
  3. LG Smart TV
  4. ソニー 液晶テレビ BRAVIA

テレビリモコンから操作するのもいいですが、Youtubeアプリをインストールしているスマホがあればさらに快適です。スマホで見たい動画を選択し、画面上の「キャストボタン」(テレビのアイコン)をタップすれば茶の間のスマートテレビで再生されますよ。

スマートテレビでYoutubeを見るために、iPhoneから操作する。

スマートテレビのほかに、ネットワーク接続できるゲーム機、たとえば「ニンテンドー3DS」「Wii」「プレイステーション3/4」「XBOX 360/ONE」を液晶テレビに接続して、液晶テレビをスマートTV化可能です。YouTube on Devices 

さらに「Apple TV」みたいな「スマートメディア・ボックス」もあります。

普通のテレビでYoutubeを見る方法とは?

しかし我が家の液晶はテレビは地デジの初めごろのもの。スマートテレビではありません。つまりインターネット接続できるタイプではないのです。

スマートテレビに買い替えればいいわけですが、今ある液晶テレビで何とかYoutubeを視聴したいわけです。

HDMIケーブルもあるが面倒だ!

まず考えたのは、パソコンをHDMIケーブルでテレビにつなげ、テレビをモニターとして利用する方法です。これまで我が家はこの方法でyoutubeを見ていました。

HDMIケーブルならパソコンだけでなく、iPhone/iPadやAndroid スマホ/タブレットからも、テレビにスマホの画面を写し出せます。いわゆるミラーリングです。その場合スマホの出力端子に合わせてHDMIケーブルを選択するか、変換ケーブルが別途必要です。

iPhoneやAndroid スマホからも、HDMIケーブルでテレビにスマホの画面を写し出せます。いわゆるミラーリングというものでスマホで再生しているYoutubeをテレビに映し出す方法です。その場合スマホの出力端子に合わせてHDMIケーブルを選択するか、変換ケーブルが別途必要です。

iPhone や iPad の場合は、 Lightning から HDMI に変換するApple純正アダプタと普通のHDMIケーブルがあればOKです。

Apple Lightning - Digital AVアダプタ MD826AM/A Apple Lightning – Digital AVアダプタ MD826AM/A
Apple(アップル)
 Amazon 
ELECOM HDMIケーブル イーサネット対応 スーパースリム 1.0m ブラック DH-HD14SS10BK ELECOM HDMIケーブル イーサネット対応 スーパースリム 1.0m ブラック DH-HD14SS10BK
ELECOM(エレコム)
 Amazon 

上記のApple純正 変換ケールブルと延長コードの組み合わせ、高額になるなら、もっと安くて同時充電も可能な Lightning を HDMI に変換する他のケーブルで評価の高いものを購入することも可能です。

わざわざケーブルでスマホと液晶テレビをつないで・・・・。これって極めて面倒です。しかも安定性に欠けるところがあります。スマホならまだしも、パソコンは茶の間に備え付けではないので、いつも書斎から運んでいました。動画を家族や友人と見るために毎回、配線するのは面倒です。

そこで無線で、テレビとパソコンまたはテレビとスマホを接続できる、ワイヤレスHDMIの購入を考えるわけですが、手ごろで人気の EZCast というデバイス(Chromecastにそっくり)を考慮したところ、Amazonのカスタマーレビューを見ると安定性がいまいち。

簡単で格安なスティック型デバイスだけでも可能!

最も安上がりな方法で、ただのテレビでYoutubeを見られないのでしょか?

調べてみると、「Fire TV」や「Chromecast」などのスティック型デバイスをテレビの裏の端子(HDMI)に接続するだけで、普通の液晶テレビがネット接続され、Youtube などの動画を快適に視聴できるようになることが分かりました。しかもいずれもお値段は5,000円以下と格安!

テレビのHDMIに差し込んで利用できるスティック型のデバイス 「Fire TV」

私は「Fire TV」や「Chromecast」を実際に購入して使っていますので、その経験からそれぞれの特長を以下に簡単に説明します。

スポンサーリンク

① 「Fire TV」

「Fire TV」の特長

私が実際に利用して一番おすすめと感じたのは、Amazon から発売されている「Fire TV」です。これを液晶テレビ裏のHDMI端子に接続し、付属しているリモコンから操作するだけで快適にYoutubeを視聴できます。現在我が家で利用している方法です。

「Fire TV」でYoutube をテレビで見る

「Fire TV」は3種類あります。最も安いのは「Fire TV Stick」です。小さな専用リモコンが付属しています。

Fire TV Stick Fire TV Stick
Amazon
 Amazon 

「Fire TV stick」  (Amazon) (← 時々キャンペーンもやっています。)

※ 3種類のうち最もお求めやすい「Fire TV stick」が一番おすすめです。一つ上の機種である「音声認識リモコン付属」タイプでできることはスマホでも可能ですし、最上位機種「Amazon Fire TV」はマシンパワーが求められるゲームや4K動画のためのもの。主にYoutubeなどの動画を視聴するためなら、最も手軽な「Fire TV stick」で十分です。

「Fire TV」でYoutube を視聴する手順は次の通りです。

  1. テレビの入力を「HDMI」に切り替える。
  2. テレビの「ホーム画面」からアプリ「Youtube.com」を選択。
  3. 見たい動画を選択して再生する。

※ アプリ「Youtube.com」はあらかじめ、「Fire TV」の検索から探してインストールしておきます。

2016-08-27_15h13_14

スマホ(iOS/Android)があるならいっそう快適に「Fire TV」を接続したTVで、Youtubeを視聴できます。

iPhoneで fire TV に接続されたテレビにYoutubeを再生させている

この方法は「Fire TV」とスマホが同じWiFiネットワークにあることが条件ですが、スマホの Youtube アプリ で視聴したい動画を表示させ、画面上部に現れるTVアイコンをタップするだけです。

たしかに「Fire TV」専用アプリ(iOS/Android)をインストールしたスマホからも操作できますが、やっぱりアプリ「Youtube」から操作するのが一番簡単です。

「Fire TV」ならYoutube以外の動画も楽しめる

「Fire TV」はYoutube だけでなく、本体にインストールした様々なゲームアプリや動画見放題サービス用のアプリも楽しめます。

「Fire TV」対応 動画見放題サービスでおすすめはやっぱり d-TV でしょうね。ドコモが運営している500円/月の格安サービスですが、ドコモユーザーでも月額 500円で映画/ドラマをたっぷり視聴できます。

d-tv 30日間無料お試し

そして何と言っても、「Fire TV」に最適化されているのが、「Amazon プライムビデオ」です。Amazon プライム 会員なら、プライムビデオの多くが見放題です。

「Amazon プライムビデオ」

 Amazonプライムビデオとは、Amazonで2000円以下のお買い物で発生する送料が無料になったり、お急ぎ便などを利用できる Amazonプライム会員(年間3900円)が利用できる動画見放題サービスです。
※ 30日間無料お試し期間中もビデオ見放題です ⇒ Amazonプライム会員

また、AndroidやiPhone/iPadの画面を転送する、いわゆるミラーリングも可能です。つまりスマホで見れるものは何でもテレビの大画面で視聴できるようになります。

私は現在「Fire TV」利用していますが、操作性と安定性は抜群です。「Fire TV」でYoutube 見ている時に、カクカクしたり止まったみたいなトラブルは全くありません。

「Fire TV」と 「Chromecast」 との違い

「Fire TV」と、次に説明する同種のスティック型デバイス Chromecast との最大の違いは、「Fire TV」が動画見放題サービス「Amazonプライムビデオ」に対応しているかどうかという点にあります。その点では以下に紹介するChromecast をしのいでいます。

② 「Chromecast」の特長

上述の通り、テレビでYoutube を見るための最もおすすめな方法は「Fire TV」ですが、わざわざAmazonプライム会員になってプライム・ビデオを視聴することは絶対にないという方には、Chromecast という安定性抜群のスティック型デバイスがおすすめです。(「Fire TV」のように専用リモコンはありません。スマホをリモコンのように利用します。)

Chromecast ブラック Chromecast ブラック
楽天 ブックス
 楽天 

※ 上位モデルは以下の Chromecast Ultra 。処理速度が向上し、4K、HDRをサポート。有線LANにも対応。

Chromecast Ultra Chromecast Ultra
楽天 ブックス
 楽天 

※ 以下は 初代Chromecastでご説明しますが、Chromecast 2、Chromecast Ultra も基本的な機能は同じです。

Chromecast

この Chromecast は、スマホやパソコンの画面をテレビに映し出せるなど、何でも可能と言われているけど安定性に欠ける EZCast という製品とは違い、できること・できないことがはっきりしております。しかし安定性に優れているのが Chromecast です。

ChromecastでYoutubeをテレビに映し出す方法は以下の通り2つのステップで速攻完了。つまりテレビのリモコンで入力をHDMIに選択し、Youtube動画をスマホで表示させてキャストボタンをタップするだけなんですから。

ChromecastでYoutubeをテレビに映し出す2つのステップ

※ Appleの iTunesビデオや Amazon プライムビデオ だけ見たいということであれば、Apple TV や Amazonの Fire TV Stick の選択は必須です。

Chromecast は、遅延やノイズの問題、さらにはiOSのアップグレードで突然利用できなくなったりと不安点な EZCast とは違って、Googleが直接ソフトウェアを管理していますので、信頼度抜群です。常にアップグレードして、品質を保っています。

今でこそ「Fire TV」を利用していますが、私が初めて Youtube をテレビで見るために選んだデバイスは Chromecast でした。

※ 2016/02/18 新型 Chromecast (楽天) が発売されました。

でも、これからChromecastの購入に踏み切り、YoutubeやHulu動画をテレビで楽しもう考えている方は、Chromecastでできるとこと、できないことをはっきりさせて購入に踏み切ることをおすすめします。

以上のようにYoutube を茶の間のテレビで見るためのおすすめデバイスは「Fire TV」または、Chromecast ですが、購入に踏み切る前に必須の環境をチェックしておきましょう。

必要な環境

Youtubeをテレビに映し出せる環境が自宅に備わっているかどうかをチェックしましょう。

テレビ・・・HDMI端子のついたデジタルテレビです。現在NHKが映るテレビならOKです。アナログはとっくに廃止されていますから。コンセントからの電気の供給は必要です。しかし Chromecast の場合、テレビが HDMI 1.4以上に対応しているなら、テレビから電気が供給されるのでコンセント接続は不要です。「Fire TV」はかならず専用の電源アダプタを利用することになっています。

インターネット回線・・・スマホのモバイル回線しかないなら、あきらめてください。または光回線に申し込んでください。スマホを契約しているユーザーはNTT光コラボで安く契約できる場合があります。しかし比較が面倒といわれる方は、業界最安値の光回線である BBエキサイト光 にするなら間違いありません。品質はNTTフレッツ光と全く一緒です。

無線LAN・・・これは必須です。「Fire TV」も Chromecast も直接 無線LAN 経由でネットに接続しますから。

パソコンかスマホ・・・「Fire TV」は専用リモコンがありますが、 Chromecast にはパソコンかスマホが必要です。でもスペックは関係ありません。なぜなら、HDMIのようにモニターとして利用するわけではなく、あくまでもパソコンやスマホをリモコンとして利用するだけだからです。分からない人は深く考えなくてもOK。動くスマホやパソコンがあればOK。契約が切れているスマホでもWiFiでネットを使える状況だったらOKです。

以上の環境があれば、「Fire TV」やChromecastを使って、テレビで友人や家族と動画を楽しむことは可能ですよ。

さて 以下に Chromecast に関する補足説明をしてゆきますが、Fire TV についてもっとお知りなりたい場合は以下の記事をご覧ください。
参照: 私が「Fire TV」を選択した理由とは?テレビでYoutubeを見るのも快適

「Chromecast」で可能なこと

Chromecastできることですが、端的にいってiOS(iPhone/iPad)やAndroidまたはWindowsごとのChromecast対応アプリなら全部OKです。

テレビで見たいアプリはたいてい動画アプリ。日本でおなじみなのは、Youtubeや Hulu さらには、ドコモの動画サービス 「dTV」が主でしょうね。たいていの動画サービスはChromecastに対応しているアプリを出しています。

Youtube、Hulu、Netflix、GYAO、ビデオパス(au)、U-NEXT、楽天SHOWTIME、 d-TV (docomo)、dアニメストア(docomo)、Google Play ムービー など。

また、Google Play ミュージック などのクラウド音楽再生アプリにも対応していますよ。家庭テレビがサウンドシステムを導入しているならおすすめです。

以下は日本のスマホで最もユーザーが多いiOSつまりiPhone/iPadのアプリで可能なことです。探せば沢山ありますよ。Youtubeはもちろんのこと映し出せない動画サイトはないほどどです。

例えば以下のアプリ。iPhone/iPad内の写真や動画を再生するだけでなく、アプリ内ブラウザで表示させたWeb動画をテレビで再生できるiOS版のブラウザアプリです。安定性が抜群です。iPhoneのブラウザSafariの代わりに利用して、見つけた動画を速攻でテレビで再生できます。ニコニコ動画とか・・・。ブックマーク機能もありますので、お気に入りの動画共有サイトや動画を登録していつでも呼び出せます。(ほとんどの動画サイトに対応しており抜群の安定性がありますが、無料版には宣伝が入りますし、コントロールバーを使って早送り/巻き戻しができません。一時停止は無料版でも可能です。)

次のアプリも抜群の安定性があります。ブラウザ機能で動画サイトを検索して動画をテレビに放映できます。ブラウザに宣伝はありませんが、コントロールバーの早送り/巻き戻し機能を有効にするには、有料版にアップグレードする必要があります。

以下は日本語対応アプリで、Web動画をテレビに映し出せます。しかし広告を外すには有料版へアップグレードする必要があります。Youtubeだけでなく ニコニコ動画 にも対応しています。ただし、全ての動画サイトには対応していないようです。

以下はなんと Amazon Prime ビデオ をChromecastでテレビに映し出せます。試していませんが。

GoogleのiOSブラウザ Chromeは万能です、youtubeだけでなく多くのネット動画に対応しています。

最後は EZcast というアプリ。こちらはYoutubeや他のネット動画に対応しているだけでなく、ブラウザの画面をテレビにミラーリングしてくれる恐ろしく良くできた万能アプリです。

しかし、iPhoneやiPadのホーム画面などををテレビに映し出す完全なミラーリングは基本的にChromecastでは無理。AirPlayに対応している Apple TV じゃないと。

次にパソコンに関してですが、Chromecast はブラウザ Chrome に対応しているので、少々の遅延が生じますがPCの画面全体を表示させられますし、ニコニコ動画などもTVの大画面で楽しめますよ。いわゆるミラーリング

さらに、パソコン内の動画もChrome拡張機能「VideoStream」を利用すれば遅延なく再生されます。

※ パソコンのブラウザChromeからChromecastを利用するためには以下の拡張機能のインストールが必要です。

AndroidならiOS以上に汎用性があります。Chromecasta対応アプリも目白押し。それが無理でも、画面キャスト機能でニコニコ動画などをスマホの画面からテレビにミラーリングすることも可能です。

「Chromecast」でできないこと

次に、Chromecastでできないことですが、簡単に言うとスマホやPCにインストールするアプリがChromecastに対応していないなら、無理と思ってください。

でも、Chromecastでできないことは、必要ないことがほとんどじゃないでしょうか?たとえば、スマホのゲームアプリを皆で大画面テレビに投影して鑑賞する必要性を感じる人はほとんどいないですよね。

※ Chromecastに対応しているゲームも探せば沢山出てきます。

「Chromecast」を使ってYoutubeをテレビに映し出す方法

最後にスマホ(iPhone)からChromecastを接続したテレビにYoutubeを映し出す方法を紹介します。

※ 以下は旧型のChromecastで説明します。新型でも接続方法はまったく同じです。

まずChromecastを設定する必要があります。

新品のChromecastを箱から取り出す。

テレビ裏面または背面のHDMI端子にChromecast本体を差し込みます。インジケータが光らないなら、つまりHDMIから電気が供給されないなら、ACアダプターでコンセントにつなぎ給電してあげてください。

2015-12-08_16h10_31

テレビのリモコンで電源を入れHDMIを選択します。

iPhoneに以下のアプリを入れて起動させて、画面にしたがって順番どおりにやっていけば以外と簡単にセットアップは終了します。

途中、自宅のインターネットに接続しているWiFiルータの接続情報(SSIDとパスワード)の入力やChromecastの命名が求められますが慌てず急がす入力しましょう。また、Chromecastのソフトウェアの更新が入ると思いますが、勝手に再起動して正常に動作するようになります。

Chromecastの設定でSSID接続情報などを登録する

セットアップを終了すれば、アプリYoutubeを起動させて、テレビで視聴したいビデオを表示させてください。上部にChromecastボタンが追加されているのが分かると思います。それを押すだけですぐにテレビで再生させられますよ。

ChromecastでYoutubeを再生するボタン

シークバー(再生コントロールバー)を利用して、見たいシーンを探したり、ボリュームもコントロールできますよ。

とても快適です。iPhoneがテレビリモコンの役割になりさがました。

iPhoneからテレビにYoutube動画を写しだしている場面

パソコンからもChrome経由でWeb閲覧や動画コンテンツを表示させられますよ。

パソコンのブラウザChromeでテレビに画面を投影できるChromecast

以上、Youtubeを茶の間の大画面テレビで見るために「Fire TV」やChromecastを使ってみた感想でした。

私は今のところ「Fire TV」オンリーですね。

Chromecast なら動画見放題サービスもTVで視聴できますよ。⇒ 【最新】動画見放題 おすすめランキング !比較ポイントは4つ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事