私が「Fire TV」を選択した理由とは?テレビでYoutubeを見るのも快適

スポンサーリンク

Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/amama/amamoba.com/) in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 415

Warning: curl_setopt(): CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when an open_basedir is set in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 425

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/amama/amamoba.com/) in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 439

Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/amama/amamoba.com/) in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 415

Warning: curl_setopt(): CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when an open_basedir is set in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 425

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/amama/amamoba.com/) in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 439

なんで早く「これ」にしなかったんだろう!「これ」とはAmazon「Fire TV」のことです。Amazonプライム・ビデオやdTVだけでなく、Youtubeも快適に視聴できる点で、Chromecast より使い勝手がかなり良いかったです。以下に「Fire TV 」でできることとできないことを 主にChromecast やApple TV と比較しながら解説します。また、超簡単な設定方法アプリのインストール/使い方/削除方法なども解説します。

2016-08-23_21h09_41

「Fire TV」と Chromecast の違い

嫁さんに叱られそうです。YoutubeやdTV などの動画を見まくれる Chromecast を買ってまだ1年も経たないのに、 Amazon「Fire TV Stick」を購入し、嫁のいない間にこっそりセットアップまで済ませてしまいました。

確かに動作が非常に安定している Chromecast で満足していたのですが、Amazonプライム会登録でビデオ見放題(Amazonプライム・ビデオ など)になることを知ったからです。

※ 2017年4月6日に発売された新型「Fire TV Stick (New モデル)」はマシンパワーが強化されスピードが30%向上、WiFiは高速の「IEEE 802.11ac」と複数アンテナ「MIMO】に対応済みです。お値段据え置きで音声認識リモコンも搭載されています。

Fire TV Stick (New モデル) Fire TV Stick (New モデル)
Amazon
Amazon

こんなにお得に購入でき、茶の間の大画面テレビで、家族皆でAmazonプライム・ビデオを楽しみ、かつChromecast同様にYoutubeも快適に視聴できる。いいじゃないですか。良いことづくめです。

テレビでYoutubeを見るために、はじめは Chromecast を利用していたのですが、Fire TV に乗り換えました。(そのいきさつについては  テレビで Youtube を見る最も簡単な方法とは!Chromecast と Fire TV を使ってみました  で詳細について書いております。)

早速購入、使って使ってみると、Chromecastより反応がいい!バッファ時間もほとんどない。イライラしない。これっていいですね。しかも、スマホで操作することが基本のChromecastと違って、「Fire TV」は専用リモコンが付属しています。スマホと違って素早くアプリを切り替えられますのでとても手軽です。

さて、Chromecastと 「Fire TV (Stick)」の最大の違いはどこにあるのでしょうか?それは、専用アプリを直接インストールするかしないかです。

Chromecastはスマホに Chromecast 対応アプリをインストールし、テレビに飛ばすイメージがあります。とは言ってもこれはあくまでもイメージ。実際に画面を飛ばしているわけでなく、Chromecast 本体が処理しています。

ですから Chromecast はスマホのChromecast対応アプリを切り変える度に改めて選択するという手順が加わります。Youtubeの動画もテレビで見たい動画をまずスマホで探してChromecastをボタンを押すという手順が加わります。

Chromecastでテレビを見たいYoutube動画を見つける。

Chromecastは、テレビで見たいYoutube動画をスマホで選択しして、キャストボタンを押す必要あり。

一方「Fire TV」はそれ自体が専用OSを内蔵したPCのように動作します。ですから専用アプリをインストールして利用するので、アプリを切り変える操作は快適で反応は抜群です。

2016-08-24_06h53_20

たとえば Youtube なら アプリ「Youtube.com」をFire TV にインストールしさえすれば、Youtubeで見たい動画の選択も、テレビ画面で選択できますから簡単です。Chromecast と違ってスマホの画面に戻る必要はありません。

2016-08-22_12h23_04

もちろん、Youtube上の動画と違って、Amazonプライム・ビデオは専用アプリを「Fire TV」に専用アプリをインストールする必要はありません。登録会員ならすぐに視聴できます。2016-08-22_12h30_08

Amazonプライム・ビデオ は 年間 3,900円 です。既存の会員なら誰でも追加料金不要で動画見放題です。どんな映画やアニメ、さらにはテレビ番組が視聴できるかは、プライム・ビデオ からチェックしてみてください。4Kの作品も続々ラインナップされています。

スポンサーリンク

「Fire TV」と Apple TV との違い

ここまで、Chromecastと「Fire TV」の違いを見てきましたが、今度は Apple TV との違いも簡単に見ておきましょう。

「Fire TV」と  Apple TV の表向きの違いは、楽しめるコンテンツの違いにあります。

「Fire TV」はAmazonで提供されている動画、音楽、ゲームを楽しめるように最適化されていますが、 Apple TV も同様にAppleが提供している、レンタル動画、Apple ミュージック、ゲームが主です。

さらに他の主要な動画見放題サービスに対応しているかどうかも大きな問題かも。

Fire TV」は自前の Amazonプライム・ビデオははもちろんのこと Hulu、Netflix、U-NEXT、DAZN(ダゾーン)、dTV 対応済みです。一方 Apple TV は Amazonプライム・ビデオ、U-NEXT、dTV には非対応です。(とは言っても、iPhoneやiPadから画面をテレビに映し出す「Air Play」機能つまりミラーリング機能を使えば、何でも視聴できるんですどね。)

さらに、「Fire TV」と Apple TV との大きな違いは価格でしょう。現行モデルは以下の通り。

  • Apple TV 32GB・・・ ¥18,400。
  • Apple TV 64GB・・・ ¥24,800

「Fire TV Stick」は4,980円からです。Apple TV  がいかに高額かがお分かりでしょう。

その他スペックやリモコンの使いやすさなどの違いがありますが、ネット界隈ではダントツ 「Fire TV」に高評価が集まっています

おすすめアプリは?やっぱり動画見放題アプリ

以上 Chromecast や Apple TV  との違いを見てきましたが、次に「Fire TV」で一体何を楽しめるかを理解するために、おすすめアプリを見てゆきましょう。

他社製 動画見放題アプリ

基本的に「Fire TV」は、Amazonプライム・ビデオ/プライム・ミュージック、さらにはAmazonゲームに没入できるようなっています。それらを主に消費するためのものですが、サードパーティー製アプリによって他社の様々なサービスを利用できます。

中でも断然おすすめなのはやはり各種の動画見放題サービス用アプリでしょう。

2016-08-23_09h52_24

  • U-NEXT(有料)
  • dTV(有料)
  • GYAO! (一部有料)
  • Hulu(有料)
  • Netflix(有料)
  • niconico(基本無料)
  • YouTube(無料)
  • DAZN(ダゾーン 有料)

上のリストに挙げたものはすべて動画サービスです。アプリそのものはすべて無料でダウンロード可能ですが、「有料」とあるのものはコンテンツを視聴するために月額プランに加入しなければなりません。当然ですが。ですが、すでに契約済みのものであればそのまま「Fire TV」でも視聴できますよ。

上記の中の有料動画に関する比較は、【最新】動画見放題 おすすめランキング !比較ポイントは4つ! をご覧ください。

上記の通り最近は「dTV」に対応しました。「dTV」をテレビの大画面で写し出せる専用セットトップボックスがdocomoから用意されていますが、それを購入するくらいなら、安くてスピード・安定性抜群の「Fire TV」が圧倒的に高評価を得ています。

おすすめアプリ

動画見放題アプリ以外にも人気なアプリやゲームの一例をご紹介します。

ゲームは さすがにファイナルファンタジーが人気です。久しぶりに没入したいです。


iPhone/iPad などの iOS デバイスの画面をテレビにミラーリングするアプリ。Amazon推奨アプリです。ダントツ人気ナンバーワンアプリ。

使い方は簡単です。「Fire TV」で「AirReceiver」を選択した後、iPhoneまたはiPad で「AirPlay」を選択するだけです。

2016-08-23_16h11_23

反応速度は上々です。0.1 秒程度の遅れです。しかしYoutube やネット動画はコマ落ちしたり途切れたりすることはありませんでした。(youtubeは別にスマホからミラーリングする必要はありません。「Fire TV」内でYoutubeアプリが準備されています。後述します。)

2016-08-23_16h12_29


「ES File Explorer」はいわゆるファイラーアプリです。

ローカルでつながっているPCやサーバー上(FTP)のファイル、さらにはGoogleドライブ、ドロップボックスなどのオンラインストレージサービスに保存しているファイルにアクセスできます。

このアプリの人気の理由はブラウザ(ネット閲覧ソフト)として利用できることにあるようです。検索エンジンをGoogleに変えれば普通にブラウザとしてネットサーフィンができます。

2016-08-23_11h11_52


個人的におすすめなのは、TEDです。

世界的に有名な数多くの講義を聞けます。目からウロコの話を沢山聞けます。


他にも沢山アプリがあります。その多くが無料です。是非「Fire TV 」でお気に入りを見つけてください。

Fire TV は2モデル その違いは何?

さて「YoutubeもAmazonプライム・ビデオも快適にテレビで見れるなら、早速購入を検討しよう!」と思われるかも。

実は「Fire TV」には2モデルあり、ご自分の家族の利用目的に合ったモデルを選択しないと「そんなはずじゃなかった」ということになりかねません。

実は私も、かなり後悔しています。どうせならスペックが求められる Fire TV 用のゲームや4K動画を楽しみたくなったからです。マシンパワーが必要なゲームや4K動画は最高グレードの「Amazon Fire TV」が必要だったからです。( ;∀;)

以下に3モデルの違いを、快適に楽しめるコンテンツの違いで比較してみます。

Fire TV Stick
(New モデル)
Amazon Fire TV
おススメ
音声
検索
ゲーム 簡単なゲーム
のみ対応
ハイパフォーマンス
ゲーム対応
4K動画 ×
ゲームコントローラー(別) 利用可能 最適
USB 2.0
ポート
×
Wi-Fi
802.11ac
有線接続
(イーサネット)
×

※ Wi-Fi 802.11ac や 有線接続(イーサネット) は、通信料の多いハイパフォーマンスゲームや4K映像を楽しむ上で快適な環境を提供します。

一番人気の「ファイナルファンタジー」シリーズなどのハイパフォーマンスゲームを安定かつ快適に楽しみたいなら「Amazon Fire TV」とそれに最適化されたゲームコントローラー(別売)は必須です。

でも、ゲームに没頭したりしない!ビデオも4Kは不要。第一我が家のテレビは4Kに非対応だし、東京オリンピックまでは購入予定なし。

みたいな方は、「Amazon Fire TV」ではなく低価格モデルの「Fire TV Stick」で十分でしょう。この価格で「音声認識」機能付です

それじゃ「音声認証」はどんな時に役立つのでしょうか

見てのとおり、リモコンにキーボードはついていません。検索する時は、五十音表をポツポツ押して入力する必要があります。イライラします。

2016-08-23_08h55_00

しかし「音声認証」があれば、音声で入力できるので快適です。

でも注意です。

「音声認証」はビデオの作品かアプリを探す時にだけ重宝する機能です。つまりAmazon 内コンテンツにだけ有効です。インストールして利用するアプリ、たとえばYoutubeで動画を検索したい場合は利用できず、五十音表をポツポツ押して入力する必要があります。慣れればそこまで苦になりませんが、そこは改善してほしいところですね。

※ しかしスマホアプリ「YouTube」で視聴したい動画を探し出し、Fire TV 経由でテレビに映し出すことができます。つまり、スマホアプリ「YouTube」で「Fire TV 」内のアプリ「Youtube」をリモート操作するようなイメージです。これ超快適ですよ。

またスマホに以下のアプリをインストールすれば、スマホがリモコンに大変身します。

■ iOS(iPhone/iPad)版

■ Android 版

上記のアプリをインストールしたスマホでの入力方法は超簡単です。「マイク」ボタンを押したまま引き下げると音声入力モードになりますし、右上の「キーボード」ボタンをタップすれば、スマホでフリック入力できます。

2016-08-23_09h14_21

スマホで音声入力やフリック入力できるわけですから、費用を抑えるために、つまり1500円浮かせるために、「音声認識リモコン」が付属しない最低の価格モデルを選択できます。←私はこれ。

ただし膨大な作品を誇るAmazonプライム・ビデオから見たい動画を検索する機会が多いと思われる方は、スマホで検索するのも面倒になるので、1500円追加して「音声認識リモコン付属」モデルの購入を強くおススメします。

おすすめ設定

「Fire TV」が届きました。初回のセットアップや基本的な使い方を以下に紹介します。

※ 以下は 「Fire TV Stick」で紹介します。

初期設定

箱から「Fire TV Stick」本体やリモコン HDMI接続ケーブル、ACアダプタなどを取り出してください。リモコンには電池を入れます。ワクワク。

2016-08-23_11h27_58

濡らした雑巾を手にして、テレビの裏へ回り、ホコリと拭きながら、「Fire TV Stick」をテレビのHDMI端子に接続、ACアダプタで電源にもつないでください。

2016-08-23_11h34_41

次に、テレビをHDMIまたはPC表示に設定し、付属の専用リモコンを操作しながら自宅の Wi-Fi に接続、さらに表示される案内にしたがって初期設定を完了させます。

2016-08-23_21h52_30

家族で利用するなら年齢制限を

忘れてならなのは、年齢制限のあるコンテンツが表示されないようにメニュー最後の「設定」から「機能制限」することです。家族で視聴するなら必須の設定ですよ。

2016-08-23_11h40_45

「機能制限」とは家族のだれもが、動画コンテンツやアプリのダウンロードを無制限に行えないようにする機能です。我が家は9歳以上のお子様モードです。

2016-08-23_16h25_41

いずれにしろ制限するためには4桁のPINコードを登録しなければなりませんので、必ずどこかにメモしておきましょう。

機能制限」に関する注意事項です。この機能でフィルタリングできるコンテンツは、あくまでもAmazonが提供する動画、アプリ、ゲームのみです。ですからサードパーティー製のアプリ、たとえば動画アプリ「Hulu」内の動画を制限することはできませんのでご注意ください。

あと一つ「システム」から「広告」を表示させて、行動ターゲティング(オプトイン広告)をオフつまりオプトアウトにしておきましょう。

2016-08-23_16h30_15

これはAmazonがご家庭の「Fire TV」でどんなコンテンツが消費されているのかをチェックし、それに合った広告をホーム画面に表示させる機能です。

何気に気持ち悪いので私はオフです。

「Fire TV」の使い方

ここまで読み進めて来られた方は、既に「Fire TV」の使い方はおおよそ検討が付いているでしょう。

Amazonプライム・ビデオやミュージック

「Fire TV」に最適化された Amazonプライム・ビデオを視聴したければ、メニューの「検索」からキーワード検索するか、メニュー内の「TV番組」か「映画」から視聴したい動画を探すだけです。

最初に表示される動画は、最近リリースされた作品、評価が高い作品、Amazonが利用者に勧めたい作品が一覧表示されます。

2016-08-23_16h38_30

見たい動画を見つけたら「今すぐ見る」を押します。「詳細」からは、ビデオの内容や購入方法、さらには別のデバイスで視聴する方法などにアクセスできます。

表示されるボタンは、プライム会員かそうでないかで変わってきます。

プライムミュージックは「ミュージック」からどうぞ。

アプリのインストールと使い方

最後に、アプリのインストールと使い方を Youtubeを例に紹介します。

メニューの検索から「ユーチューブ」と入れれば、キーワード候補の中から youtube がヒットしますのでそれを選択。そうするとアプリ「Youtube.com」(青色のアイコン)が見えますのでそれを選択し「入手(取得)」を押しダウンロードを開始します。

※ 有料アプリの場合、1-Click設定をオンにしている場合は「購入」でダウンロードできます。でも家族で利用するば場合はちょっと危険かも。その場合はパソコンかスマホでAmazonカスタマーサービスに入り1-Click設定をオフにしましょう。その都度スマホやPCで購入手続きをしてからのほうが安心でしょうね。

2016-08-23_16h44_00

Youtubeのメニュー・カテゴリから面白そうな動画を選ぶもよし、検索窓から見つけるもよし。

2016-08-23_16h45_36

※ スマホで操作することも可能です。

アプリの削除

次にアプリの削除です。アプリをどんどんインストールするとすぐに容量(実際にインストール可能なストレージ空きは5GB程度)がいっぱいになりますので、利用しないアプリは削除しましょう。有料アプリを削除しても購入履歴があるので次回のダウンロードは課金されませんのでご安心ください。

アプリの削除は「ホームのメニュー」>「設定」>「アプリケーション」>「インストール済みアプリケーションを管理」へ。

2016-08-23_17h08_48

削除したいアプリを選び「アンインストール」を押します。

2016-08-23_17h10_18

ちなみの、この設定画面から各アプリの削除だけでなく、「アプリ内データの消去」や「キャッシュの削除」が可能です。ゲームのデータを完全に削除したい場合に利用できそうです。

「Fire TV」の電源はどこ?

さて最後に、「Fire TV」の電源のオフ/オンについてです。

私も最初分かりませんでした。テレビを地上派にしていれば電源のオフ/オンは全く意識しませんから。

でも「Fire TV」ではしっかり電源をオフにできます。これはスリープモードのことです。テレビリモコンの待機モードと同じです。

以下の手順で「Fire TV」をスリープ状態にしちゃいましょう。

  1. ホームボタンの長押し。
  2. 「スリープ」選択。
  3. 「真ん中ボタン」で選択。

2016-08-23_17h22_26

一発ではスリープにはできません。結構面倒です。でも、30分で自動スリープモードになりますからほったらかしでも大丈夫みたいです。

ミラーリング

さて他の端末からのミラーリングつまり、画面を「Fire TV」経由でテレビに映し出せるのでしょうか?

今のところ、Windows パソコン以外からはすべて、つまりMac、iPhone/iPad、Android、Kindle Fire HD から可能です。

Android、Kindle Fire HD はディフォルトでミラーリング機能を利用できますが、iOSやMac は、すで上記で紹介したアプリ AirReceiver を「Fire TV」にインストールすれば可能です。

ネットをみると、この AirReceiver を利用したミラーリングは、コマ落ちするとか、ガタガタするなどの遅延に関するコメントが散見されています。でもそれは「Fire TV」の問題ではなく、ネット回線の問題ということが分かっています。

ですから結局、iTunes で購入したビデオや音楽も 「Fire TV 」で楽しむことができるわけですね。どんだけ万能なんですかね、「Fire TV 」って。

まとめ

以上が、Chromecastから 「Fire TV」に乗り換えた理由でした。動画見るならダントツナンバーワンですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事