うんこの臭いを変臭する繊維「デオマジック」(シキボウ)は加齢臭も消臭できます

スポンサーリンク

日々乳児のおむつを替えならが子育て奮闘中のお母さんお父さんや、中年になって発するようになった加齢臭のせいで、家族から敬遠されていたお父さん方に朗報です。うんこの臭いや加齢臭を消臭だけはなく変香する「デオマジック」(DEOMAGIC)という繊維が紡績会社の「シキボウ」から開発されました。でもどうやって変香するの?

image

消臭繊維「デオマジック」

これこそ臭いで悩んでいるご家庭に救世主といえる繊維「デオマジック」の素晴らしさは、これまでの消臭という発想から変香する、つまり悪臭を心地よい香りに変化させるという特徴を持ってます。image

実は香水を作る場合、悪臭を変香に変えることはしばしば行われているそうです。その過程に着目して開発されたのが、このマジック繊維「デオマジック」です。デオマジック

変香のメカニズムとは

「デオマジック」が、うんこや汗のにおい、また加齢臭を森林から発生する清涼感あふれる香りへと変化させることを可能にしたのは、悪臭と成分的に結合しやすい香りのカプセルを繊維に絡めて付着させる技術を開発できたことによるところが大きいようです。

imageつまり、

”うんこ”の悪臭や”加齢臭”の原因となる臭い成分を、香水の原料にしてしまうのが「デオマジック」という繊維です。

素晴らしい繊維ですね。 この繊維の開発によって、様々な商品が登場しそうです。「デオマジック」な下着やおもつはもちろんのこと、靴底(ソール)、人工肛門やペット用品など応用範囲あ多岐にわたりそうですね。

しかし、悪臭が良い香りになることによって、おむつや下着を取り換える必要性を感じなくなったりするかも!また、実際に頻繁におむつを取り換えなくなり、売上が落ちる可能性もありそうですね。考え過ぎかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク