バイクの自賠責保険の「解約」か別のバイクに「移す」のはどちらが損?手続き方法とは

スポンサーリンク

失敗しました。廃車予定の原付バイクの自賠責保険を5年更新してしまいました。もったいないので「解約」するか、もう一台のバイクに「移し替え」る方法を調べました。なんとかできそうですが、選択を誤ると損失が膨らみそうです。この記事で、損失を最小限にする方法や問題点および手続き方法を解説します。

廃車予定の原付バイクの自賠責保険を5年更新。移し替える方法

セブンイレブンでバイクの自賠責保険を支払ったけど失敗

我が家にバイクは2台あります。いずれも125cc以下です。1台は50ccのスクーター、もう1台は愛着のある ホンダ スーパーカブ です。

いずれも前回の更新でセブンイレブンで手続きしました。

でも原付スクーターは廃車することになったので、自賠責保険は更新はせず、いずれ市役所で廃車予定でした。

てっきりスーパーカブの自賠責保険をセブンイレブンで更新(5年分)したと思っていたら、なんとその廃車予定の原付スクーターのほうを更新してしまっていた。

慌てふためいて、引き受け保険会社である三井住友海上「セブンイレブン自賠責保険係り(0120-819-711)」に電話しました。

希望は「解約」です。それが無理なら、スーパーカブ号へ「移し替え」る(継続)という手続きです。

スポンサーリンク

「解約」と「移し替え」どっちが損?

「解約」

電話で三井住友海上の担当者に上記の事情を説明し「解約」希望を申し出たところ、「解約」はできるが、法律で定められた自賠責保険の契約上、手数料 約 5000円 を差し引かれるとのことでした。なんでやねん。保険期間の前でもですよ。クーリングオフもありません。

なお「解約」に必要な手続きは、市役所や支所で一旦バイクを廃車しナンバープレートを返納、その廃車届の写し(廃車証明書)を「三井住友海上」の店舗に持ち込む必要があるとのことです。

かなり面倒な手続きが必要です。

「移し替え」(入れ替え)

自賠責保険の解約で手数料 5,000円 取られるくらいなら、もう一台のバイクであるホンダスーパーカブに移し替えたほうが良いですよね。

その「写し替え」(移転)の手続きを聞いたことろ、解約と同じで、やはり廃車届の写し(廃車証明書)が必要とのことでした。

でも自賠責保険の移し替えもはやり問題が発生します。つまり契約保険期間は変えられないのです。

つまり写し替えたいスーパーカブの残っている自賠責保険期間は無駄になるというわけです。

と考えていましたが、保険期間が余った自賠責保険は解約可能で、解約返戻金を日割りで計算して払い戻してくれます。

手続き場所と必要書類

バイクの自賠責保険の「解約」および「移し替え」の手続き場所は、セブンイレブンではできません。引き受け会社の窓口となっている事務所に直接出向く必要があります。

必要書類は、

  • 廃車届けの写し(廃車証明書)
  • 印鑑
  • 廃車予定のバイクに付けてしまった「自賠責保険証明書」と、自賠責保険の移転先のバイクの「自賠責保険証明書」

などです。

以上が、セブンイレブンで間違えて入ったファミリーバイクの自賠責保険の解約および移し替えについてでした。

やれやれ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事