「Office 2013」へ無料でアップグレードできる条件とは?Office 2010、2007をお持ちの方はチェック!

スポンサーリンク

マイクロソフトが2013年の春までには発売すると発表している(Windows 8に最適化された)次期「Office(オフィス)2013」への無償アップグレード・プログラムが開始されるようです。では次期Officeへの無料アップグレードの条件と何でしょうか?Office 2010、2007をお持ちの方でアップグレードしたい方は要チェックです。 しかもできるだけ安く、お得に。

image

「Office 2013」へ無料でアップグレード

「もうすぐ新しいOffice 2013が販売されそうなのに、今Office2010を購入したらもったいない!」と思う方は、その必要がなくなりそうです。今、Office2010のパッケージバージョンや新規購入でプリインストール済みのPCを買ったとしても、来年春までには販売されるOffice 2013を無料でゲットできそうです。以下はその条件です。

  • Office 2010 パッケージ製品・・・ 2012年10月19日金)~ 次期 Office 発売開始2前日までに購入。
  • Office 2010 プレインストール製品・・・2012年10月19日(金)~ 2013年4月30日(火)までに購入。
  • 無償アップグレードはダウンロードのみ
  • 次期 「Office 2013」のプロダクトキーを、その発売日から 2013年5月31日(金)の間に入手する。ただしインストールは期間終了後でも可。

今日(2012年10月10日)から始まっています。対応表や手続きは次期 Office 無償アップグレード プログラムから確認できます。

では、Office 2007を未だに使っている人が、Office 2013へアップグレードする方法はどうなるのでしょうか?次の2つが考えられます。

  • 潔く「Office 2013」のパッケージ版を購入する (値段が気になる)
  • 「Office 2010」のパッケージ版を2012年10月19日金)~ 次期 Office 発売開始2前日まで に購入する。

2番目の方法ですが、Office 2010のアップグレード優待版を購入する手もあります。面倒ですが、Office 2007の上からかぶせるやつです。

image

確認ですが、次期オフィス「Office 2013」のアップグレード対象製品として、「Office 2010 アップグレード優待版」が入っていますので、上記の無償プログラムで利用可能なわけです。

image

通販では、AmazonのMicrosoft Office Personal 2010 アップグレード優待 [パッケージ]や数百円安い[ダウンロード] 版もあります。以下はパッケージ版です。

私のようにOffice2007年を未だに使い続けている方は、上記の値段で、Office 2013 にアップグレード可能なわけです。他にも、もう少し安くなる方法もありそうですが、今のところ手っ取り早いのは上記の「アップグレード優待パッケージ」を手に入れることでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

コメント

  1. 郡司篤晃 より:

    Amazonから、2013年2月6日まで、Updateできます、ということで、Office2010Professinal AcademicをOnlineで購入しました。

  2. 郡司篤晃 より:

    2013年2月6日まで、Updateできます、ということで、Office2010 Professinal AcademicをAmazonから購入しました。