iOS 8.02 の iPad mini Retina テザリングは「OCN モバイル ONE」でOK確認済み

スポンサーリンク

iOS 7 上で キャリアプロファイル「ドコモ16.2」更新分から利用できなくなっていたMVNOによるテザリングですが、恐る恐る iOS 8.02 に更新してみると、テザリングが利用できるようになりました。気分的に絶好調です。以下にその方法をメモ。

2014年10月21日追記:iOS 8.1 がリリースされ、早速アップデートしましたが、「OCN モバイル ONE」でテザリングが可能であることを確認しました。さらに、「Instant Hotspot(インスタント・ホットスポット)」の挙動も安定するようになりました。詳細は以下からどうぞ。

iPad mini Retina のテザリングを「OCN モバイル ONE」で動作確認


テザリング不能

「ドコモがMVNOをつぶしにかかった!」とネットで騒がれたいた理由は、今年初夏に起きたテザリング不能状況。キャリアプロファイル「ドコモ16.2」が元凶でした。そのために私は必死に iPad mini Retina のキャリアプロファイル更新に抵抗して 「ドコモ16.1」のままでなんとか切り抜けました。

しかし iOS 8 をどうしても利用したく、テザリング問題が解決されているかどうかを調査開始。SIMはMVNOの「OCN モバイル ONE 」を利用していますが、その動作確認ページにはっきりと記述がありません。

しかし、MVNOのIIJmioのブログ てくろぐ: iOS 8.0とIIJmio iPhone・iPad全機種動作確認 では、SIMフリー版  iPad mini Retina は iOS 8.0x でテザリングOKであることが確認されています。

スポンサーリンク

iOS 8.02 はテザリングOKのはずだけど?

「同じドコモのMVNOなので 『OCN モバイル ONE』もできるはずだ!」と考え、勇気を振り絞って iOS 8.02 にバージョンアップしました。

image

1時間近く経過して無事に更新が終了し、すぐに「モバイルデータ通信」から「インターネット共有を設定」を「ON」へ!

しかし、「このアカウントで”インターネット共有”をオンにするには、ドコモに問い合わせてください。」との表示。「なんでやねん!」まさに悪夢!

image

APN構成プロファイルのインストールは必須

もしかして、以前の手動でのAPN設定だけではテザリングが使えないのかもしれないと思い、動作確認済みデータ端末一覧 | OCN モバイル ONE からAPN構成プロファイルをダウンロードしてインストールすると、見事テザリングが利用できるようになりました。その手順は以下のとおり。

iPad mini Retina のブラウザ「Safri」から動作確認済みデータ端末一覧 | OCN モバイル ONE へアクセスし、「iPad mini Retina」の欄にある「構成プロファイル」をタップ。

image

画面の案内に従ってインストールします。

image

iPad mini の「設定」⇒「一般」⇒「プロファイル」で確認すると、「OCN(LTE)」というプロファイルがしっかりインストールされていました。

image

再び「インターネット共有」接続を試みると、無事にテザリングが可能になりました。元気倍増!

image

しっかり、そのiPad経由でiPhoneをネット接続できました。

image

ところでキャリアプロファイルはどうなったの?と思い調べてみると「ドコモ17.0」にアップデートされていました。

以上、 iOS 8.02 をインストールした  iPad mini Retina (SIMフリーモデル)でテザリングを可能にする設定方法でした。次に テザリングで自動接続できる「Instant Hotspot」という iOS 8 の新たな機能を上記のiPad mini と 手持ちのiPhone で試してみます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

コメント

  1. 小林公康 より:

    すごい! iPadminiがテザリングできるなんて知りませんでした。
    私もOCNモバイルワンに注目しているのですが、iPadmini経由でMacbookもネット接続できるという事でしょうか?それともiPadmini経由でネット接続できるのはiPhoneかiPadだけなんてことはないのかな。
    もしご存知でしたらご教授下さい

    • Amamo より:

      コメント頂きありがとうございました。
      ご質問の件ですがiPadmini経由でMacbookも普通にネット接続可能です。