iPhone 指紋認証「Touch ID」でパスワードを忘れそう!

スポンサーリンク

こんにちは!流行に乗り遅れ気味の  @Ama119 です。時代は iPhone 6 ですが、1年型落ち でもまだまだイケル iPhone 5s をめでたく入手できましたので、早速 指紋認証「Touch ID」を利用してみました。便利過ぎてパスコードやApple ID のパスワードを忘れてしまいそうで怖いです。

iPhone 指紋認証「Touch ID」

iPhone 5s から搭載されるようになった指紋認証「Touch ID」。もちろん iPhone 6 にも搭載、さらに次期 iPad Air や iPad mini にも搭載されるみたいですね。

そもそも「Touch ID って何がそんなに便利なの!」という話ですが、簡単にいうと「4桁のパスコードやApple idのパスワードの代わりとして使える」と言えばすべて完結してしまします。

image

つまり、iPhoneのロック画面でパスコード入力せずにロックを解除したり、 iTunes Store で Apple id を入力しなくても済むわけです。指を置くだけで瞬時に認証が完了します。

指紋を登録できる数は最大5つまでです。両手の人差し指と親指で事足ります。

Appleの指紋認証のよいところは使えば使うほど、精度が上がっていくこと。センサーに触れる指の角度が深くてもOK。

image

注意したいのは、指紋認証でことが完結しますのでパスコードと Apple ID を忘れてしまうことです。しっかり紙にメモして机の引き出しにしまっておきたいと思います。

設定と利用方法の詳細は iPhone での Touch ID の使い方 でご確認ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事