iPhone音量調節のまとめ!iPhone のマナーモードで音楽やYoutubeの消音はできなかった!

スポンサーリンク

長い間iPhoneで音楽やYoutubeを視聴しているにもかかわらず、音楽や動画の音声はマナーモードでは消音できなかった事実に気付いていませんでした。この機会にiPhoneのマナーモードが影響する範囲や音楽や動画の音声コントロール方法周辺仕様をまとめてみます。これって常識中の常識みたいです。

マナーモードなのに突然 音楽が!

事の発端は会議中のこと。いつも通りマナーモードにしてその会議に臨んでいたのですが、WiFiをいじろうとコントロールセンターを立ち上げた際、再生ボタンを押してしまったのです。いつも聞いている音楽が突然鳴りだしてしまったわけです。赤っ恥!

コントロールセンターではバッググラウンド対応アプリで聴いていた音楽(音声)の再生/停止や音量をコントロールできるのですが、それに指が触れしまったのです。会議中にまさかの大失態。

それにしても、マナーモードにしているのにどうして音楽がスピーカーから鳴るのか?

これってiPhoneの基本中の基本仕様なんですね。マナーモードが音楽アプリにも適用されていると勘違いして使い続けるユーザーの初歩的なミス。それが私の場合、会議中に露呈してしまったのです。

スポンサーリンク

iPhoneのマナーモードはどこまで影響するのか?

iPhoneのマナーモードは正式にはサイレントモードと言うみたですが、それはどこまで影響するのでしょうか?以下の通りです。(以下は iOS 8 以上です。)

  • 音声電話の着信音
  • メールの送受信を含めた通知音
  • キーボードのクリック音
  • ロック時の音

上記のマナーモードに影響する着信音/通知音のボリューム調整は「ホーム」を表示させて、iPhone 側面のボリュームボタンを押すか、「設定」から「サウンド」へゆき、ボリュームバーで調節可能です。

※ ボリュームボタンで着信音/通知音の調節を可能にするたには、「設定」から「サウンド」を表示させ「着信音と通知音」の項目から「ボタンで変更」のスイッチをオンにしておく必要があります。

上記以外は基本的にマナーモードではOFFにできないのですね。例えば以下の音量。

  • 音楽
  • 動画
  • アラーム音
  • タイマー音

音楽や動画の音量調節や消音(ミュート)

それじゃ、音楽アプリやyoutubeの音声はどうやって調節したらいいの?(何気なくやっていることが実は良く分かっていなかった。)

まずアプリで音楽やYoutubeなどの動画を流します。その状態で、本体のボリューム調整やコントロールセンター(画面下端から上にスワイプしたら現れる設定画面。)で音量調整をします。

注目点

ここでiPhoneの音量調節時に表示されるアイコンが異なっていることに注意。マナーモード(サイレントモード)にできる通知音の音量は「鈴」が表示されていますが、アプリの音量(音楽や動画)は「スピーカー」になっている点です。(他に「イヤホンモード」での音量調節もあり)

まとめてみると「イヤホンあり/なし」の「鈴」の状態では着信音・通知音の調節が可能で、マナーモードもこの状態に影響します。

s2015-06-30_15h19_00

「イヤホンあり/なし」の「スピーカー」表示時には、音楽や動画アプリの音声コントロール時に表示されます。この状態はマナーモードと一切関係ありません。

s2015-06-30_15h20_39

以上、iPhoneのマナーモード関連情報でした。通知音やサウンド周りの仕様は、学校・職場では必須の知識です。私のように赤っ恥をかく人が少なくなるといいですね。学校では没収ものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事