【技ありiPhone】Googleカレンダーと同期する方法!スケジュール管理が楽々

スポンサーリンク

日ごろGメールやGoogleカレンダーを利用している方はiPhone(iPhone)のカレンダー機能と同期して使っている人が多いようです。そこで【技ありiPhone】と言うほどのことはありませんが、今日はGoogleカレンダーとiPhoneカレンダーを同期する方法を以下にまとめてみました。

image

「iPhone」をGoogleカレンダーと同期する方法

Googleカレンダーと「iPhone」のカレンダーを一度同期設定しさえすれば、PC上でスケジュールを書き込んだり変更すると、ほぼリアルタイムで「iPhone」に反映されます。逆も同様です。かなり便利です。以下はその同期する方法です。

「iPhone」の[ホーム]から[設定]へ。

image

[メール/連絡先/カレンダー]へ

image

[アカウント]の[アカウントを追加・・・]へ。

image

[Gmail]へ。(ちなみに、ここから「iClout」「Microsoft Exchange」「Micorosoft Hotomail」「Yahoo!」などのアカウントを登録できます。)

image

分かりやすい[名前]や[メールアドレス]、ログイン用の[パスワード]を入力。

image

同期できる、リストが表示されました。[カレンダー]を[オン]へ。

image

以上で設定終了です。では「iPhone」で実際にGoogleカレンダーのスケジュールと同期されたかどうかを確認します。

「iPhone」の[ホーム]から「カレンダー」をタップして起動させます。

image

Googleカレンダーの今日のスケジュールが既に反映されています。

image

iPhoneからのカレンダーへの書き込みは、デフォルトのアカウントがGメールになっていない場合、自動的にGoogleカレンダーと同期されないようです。それで、iPhoneからの書き込みの場合、「イベントを追加」の下の「カレンダー」をタップして、

image

「Gmail」にもチェックが入っていることを確認します。

image

以下は、スケジュール入力済みのGoogleカレンダーをPCで表示させたものです。image
予定の詳細(例:Amazon-Kindleの予約)は以下の通りです。

image

予定をタップすると「イベントの詳細」が表示されます。[メモ欄]に対応するものはGoogleカレンダーの「説明」です。そこにURLを記入していると、以下のようにリンクが表示されます。

image

そこをタップ(クリック)すると、ブラウザが立ち上がりリンク先のWebページが表示されます。チェックするのを忘れてはならないWebページURLを記入しておくのに便利ですね。

以上が、iPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーを同期する方法でした。他にも、iCloudやMicrosoft Exchangeなどを利用する方法がありますが、GメールやGoogleカレンダーを常時利用している私は一番便利なのが上記の方法です。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事