「Keep(キープ) 32」入りの歯磨き粉やキャンディーで虫歯菌を滅菌できる時代に?

スポンサーリンク

「Keep(キープ) 32」という虫歯菌を口の中から滅菌できる分子が発見され、1年半後にはその「Keep 32」入り歯磨き粉やキャンディーが市販されるかもしれないとのことです。歯医者泣かせの新物質になりそうです。

image

虫歯で何度となく泣かされたことは多くの方が経験しています。そんな私も最近、歯痛で歯科に通っておりました。(その機会に歯間ブラシとフロスの選び方と使い方を学びました。)

そのように人類を悩ませ続けた虫歯菌(ミュータンス菌)を駆除できる大発見の分子が登場しています。その名は「Keep(キープ) 32」です。研究者が付けた名前で、親知らずも含めて32本の永久歯を保持(キープ)できます、という意味が込められれているようです。

image

その発見をした研究者は、ホセ・コルドバさん(イエール大学研究員)とエーリッヒ・アストゥディージョさん(サンティアゴ・デ・チレ大学)さん。7年にわたる研究の末たどりついた新分子が「Keep 32」だそうです。ギズモード・ジャパン

「Keep 32」の威力としは、「Keep 32」入りの歯磨き粉や口腔洗浄剤(マウスウォッシュ)などを用いて少なくとも60秒間そのままにしておけば、虫歯菌を殺菌でき、数時間は大丈夫というもの。(完全な滅菌ではなさそうです。)

image

「Keep 32」入りの製品が市場にお目見えするのは、米国の臨床試験が済んでからそうですから、1年以上はかかるとのこと。

もし日本でも「Keep(キープ) 32」入りの口腔洗浄剤や歯磨き粉やガムなどができたら、誰でも飛びつくのではないでしょうか?

いずれにしろ過剰な期待はもたずに丁寧な歯磨きの習慣は怠らないほうがよさそうです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事