ハイブリッドタブレット登場!「スタイリスティック(STYLISTIC) Q702/F」はキーボード脱着可能!

スポンサーリンク

富士通からキーボードを取り付け可能なハイブリッドタブレット「STYLISTIC(スタイリスティック) Q702/F」が登場しました。CPUが「Corei 5」であるなどかなりハイスペックで期待できるノートPCです。では「スタイリスティック Q702/F」とは?

image

「スタイリスティック(STYLISTIC) Q702/F」

ハイブリッドタブレットという呼び名はまだ定着していないようです。ハイブリッドタブレットとは物理(リアル)キーボードが脱着可能なタブレット端末にも変身するノートPCのことですね。またはノートパソコンにもなるタブレットであるとも言えそうです。

image

富士通製の「スタイリスティック(STYLISTIC) Q702/F」はスペック的にかなりハイスペックで、近いうちにマイクロソフトから販売される「サーフェス(Surface)」(厚さ:13.5mm、重さ903g)の上位機種をかなり意識しているようです。

image

タブレット部分、つまり11.6インチのタッチパネル式ディスプレイ(1366×768)部分は厚みが12.7mmで、重さは約850gでかなりコンパクトに仕上がっています。CPUは「サーフェス」と同様にCorei 5を搭載とのことです。ストレージはフラッシュメモリ64GB搭載。

「スタイリスティック Q702/F」の脱着可能なキーボードは正式名は「ドッキングステーション」と呼ばれるもので、アナログRGBポート、有線LANポートが装備されています。

タブレット部分には、通信機能としてWi-FiやBluetoot、インターフェースとしてはHDMI出力端子、USB3.0/2.0ポート、SDメモリカードスロットなどが装備されています。富士通

ドッキングした状態つまりノートPCの状態では厚さが約26.1mmで重さは約1.75kgです。

image

OSはWindows7で、2012年10月末に販売日を迎えるWindows8へ格安でアップグレードできると想定されます。

「スタイリスティック Q702/F」の利用シーンはもっぱら業務が想定されており、事務所ではノートPCとして利用し、現場ではタブレット端末としての利用が考えられます。とはいっても個人ユーザーが利用しても十分利用価値はあるのではないでしょうか?

ハイブリッドタブレット「スタイリスティック Q702/F」の発売日は2012年9月になっています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

コメント

  1. ホイホイさん より:

    いいな。欲しいな。こんなのいいな。