「楽天ソーラー(パネル)」価格は85万円~7年で元が取れる太陽光発電!楽天ソーラー導入方法とは?

スポンサーリンク

通販大手の楽天が電気を販売する時代に突入しました。とはいっても家庭用の太陽光発電しシステム(ソーラーパネル)を販売する「楽天ソーラー」です。何といっても従来の販売価格より37%も安く、投資回収年数は17年から9年(東京都は7年)と半分の期間に短縮される計算です。さらにお得なことに発電効率の悪い雨天時にはポイントが付くそうですよ。
では「楽天ソーラー」とは?導入方法は?

image

「楽天ソーラー」

販売が2012年7月17日から始まる「楽天ソーラー」ですが、どうやってソーラー(太陽光発電)システムを販売するのでしょうか?

それはすでに販売や設置施行の実績がある「日本エコシステム」と提携したからです。「日本エコシステム」は日本全国に2万4,000に上ると言われている販売・施工業者を抱えている伊藤忠グループが運営しています。このバックボーンがあってこそ「楽天ソーラー」は中間マージンをカットして格安でソーラーシステムを販売できるわけです。

改めますが、今、家庭で太陽光発電を導入するメリットとは何でしょうか?それは以下の3つがあります。

■ 日中に発電し、家庭で利用したり蓄電や売電も可能になるので節電・節約
■ 余った電力は電力会社へ割高な料金で売電可能
■ 国の補助金で割安で導入可能

導入価格

では楽天ソーラーが販売する太陽光発電システムの導入価格はどれほどになるのでしょうか?(ソーラーパネル代や標準工事費含む。価格は税抜)

■ 2.77kWタイプ・・・ 950,000円、 853,050円(国の補助金あり)
■ 3.33kWタイプ ・・・1,155,000円、 1,038,450円(国の補助金あり)
■ 3.88kWタイプ ・・・1,320,000円 、1,184,200円(国の補助金あり)
■ 4.44kWタイプ ・・・1,485,000円 、1,329,600円(国の補助金あり)

これが東京都の場合は、都が別途 補助金を支給しますので、さらに安くなり853,050円(2.77KWタイプ)からになります。一般のソーラーシステム導入より37%も割安で導入できるそうです。ちなみに導入費用に対して楽天スーパーポイントが付きますので、さらに安くなるという計算も考えられます。image

ちなみにソーラーパネルのメーカーは今のところ国内製としか公表されていませんが、パネルの種類は「多結晶型」となるそうです。

さらに発電量がリアルタイムで一目で分かる「エコめがね」(NTTスマイルエナジー)も同時に設置することもできますので、自宅のPCだけではなく外出先からスマートフォンで確認できます。

image

初期投資回収期間

では「楽天ソーラー」で何年間使い続ければ、初期投資が回収できるでしょうか?従来の太陽光発電システムが17年で元が取れるところ、「楽天ソーラー」なら9年に短縮されるそうです。また設置場所が東京都なら、都が独自に支給する補助金によって7年にまで短縮可能になります。(恐るべし!一昔前は元が取れるのは20年かかっていました。)

スポンサーリンク

「楽天ソーラー」の導入方法とは?

上記のように格安で安心な施工実績のある業者が施行する「楽天ソーラー」を導入するにはどうすればいいのでしょうか?

まず、楽天ソーラーへ行き、ソーラーパネルを設置する住所を入力します。そうすれば、衛星写真から設置する自宅やビルの屋根の広さ・形状から想定されるkwプランが出されます。同時に「見積もりシュミレーション」から以下の点で試算が可能になります。

「見積もりシュミレーション」

■ 国や地方自治体が交付する補助金の額
■ 想定される発電量
■ 年間の節電量の試算

お得度 満載の「楽天ソーラー」

  1. 保障・・・「もし初期費用回収期間に、つまり元が取れないうちに故障したら」と不安になる必要はないようです。10年間の保障がありあます。
  2. 楽天スーパーポイント・・・購入時に購入代金の1%が付与されますのでさらにお得になります。
  3. 雨天でポイント・・・なんと発電効率が悪い雨天の場合に、楽天スーパーポイントが付与されるそうです。
  4. 事前エントリー・導入完了で1万円還元・・・7月末までですが、1万円分(1万ポイント)相当の楽天スーパーポイントがもらえます。

7年から9年で元が取れるなら、上記の格安の太陽光発電システム「楽天ソーラー」を導入しない手はないですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事