最強のマウスウォッシュとは?歯周病の妻の口臭が完全に消失!

健康
最強のマウスウォッシュ。歯周病が原因の口臭がこれで治りました。

「歯周病の妻の口臭に悩む夫の皆さんこんにちは。心からお見舞い申し上げます。」これ本心です。私の妻、当然ながら女性ですが、歯周病がひどく何年も治療/口内清掃しているのですが、口臭はなかなか治りませんでした。しかし、以下に紹介する最強のマウスウォッシュに出会って、妻と接近して話すことが苦痛ではなくなったのです。3ヶ月後に完全に口臭が消失したのです。(←真実です。)あなた(または配偶者)のその口臭の原因が歯周病、特に歯槽膿漏であるなら、続く情報は希望の光となるはずです。どうぞお読みください。

この記事の読み方

この記事の前半は、口臭の原因が歯周病と診断された妻(女性)が様々なマウスウォッシュを試した結果、口臭を完全に抑えることができた最強のマウスウォッシュであるコンクールFに出会うまでの長い道のりを解説しております。

読者の皆さんの中には、記事後半で説明する最強のマウスウォッシュ「コンクールF」の効果や使い方を先にお知りになりたいと思われる方いるかも。その場合は以下の「 注目!」の見出しから記事後半にお進みください。

注目!

口臭の原因は歯周病だった!

口臭で悩む妻。

歯磨きを怠って床に就くことが多くなると、歯槽膿漏などの歯周病になる確率が非常に高くなることは知られています。私の嫁さんもそのパターンにはまってしまいました。

というのは、彼女はうつ病らしき精神的な病で数年間、ベットでふさぎ込むことが多くなり歯磨きなどの口腔ケアが不十分になってしまったのです。

それで数年前から口からドブの臭いのような口臭が漂い始めました。初めは、そこまでひどくなかったのです、日増しに強くなってゆきました。以前の職場で口臭が原因で部下たちから敬遠されていた上司と一緒にいるような環境が我が家でも生じることになってしまったのです。

妻のひどい口臭は、夫婦だけでいる時はまだしも、友人達とのコーラスを交えたお楽しみ会の時は非常に気になりました。コーラスが始まったら妻もやっぱり息をします。そうすると、周囲に口臭が漂うわけです。夫として私は周りの友人たちにすまない気持ちでいっぱいになっていました。

治療を続けたが口臭は治らず

歯槽膿漏の治療を続けても抑えられない口臭。

嫁さんを説得し、とにかく歯医者に診てもらうようにしました。案の定、歯槽膿漏でした。歯周病のひどいやつです。歯槽膿漏は一度かかると非常に治りにくい病気だそうです。ですから歯科で治療と口内洗浄を続けなければなりません。治療をやめると、入れ歯生活まっしぐらです。

幸い嫁さんは、入れ歯の生活はなんとしても避けたいと思ったのか、歯槽膿漏の治療と口内洗浄を目的に歯科に定期的に通い始めました。

それであのひどい口臭が治ったのかと言うと、答えはノーです。確かにドブの汚水のような硫黄臭はしなくなりましたが、明らかに”歯周病にかかってますよ”みたな口臭は治りませんでした

※ 歯槽膿漏の原因である細菌が発生させる口臭の元は揮発性硫黄化合物だそうです。卵が腐ったニオイもこれに近いそうですね。

最強のマウスウォッシュに出会うまでの苦しい旅

夫婦で悩みを分かち合いながら一緒に口臭対策に乗り出しました。

妻は治療と並行し、歯磨き粉やマウスウォッシュ(デンタルリンス)で歯周病と口臭を撃退しようと努力を重ねてきました。口臭ケアグッズとして歯磨き粉やマウスウォッシュは同じメーカーのものをシステマチックに用いることが推奨されていましたので、以下のものを試してきました。参照先はいずれも公式サイトです。 

モンダミン プレミアムケア

モンダミン プレミアムケア

出典:www.amazon.co.jp

まずモンダミンです。

 主要成分 

  • 殺菌成分・・・セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)
  • 出血予防成分・・・トラネキサム酸(TXA)
  • 抗炎症成分・・・グリチルリチン酸ジカリウム(GK₂)

テレビ CMで「お口くちゅくちゅ、モンダミン」と宣伝しているマウスウォッシュです。中でも 「モンダミン プレミアムケア」 は歯周病対策に特化したマウスウォッシュです。

歯槽膿漏になってまずこのモンダミンを試してみました。口の中がスッキリなるという点で悪くはなかったのですが、ドブのような妻の口臭を封じ込めることはできませんでした。モンダミンは最強マウスウォッシュにはは程遠かったですね。数ヶ月間は利用したと思います。

リステリン

リステリン マウスウォッシュ トータルケア

出典:www.amazon.co.jp

次にリステリンです。

主要成分

  • 1,8‐シネオール
  • 塩化亜鉛
  • チモール
  • サリチル酸メチル
  • ℓ-メントール

リステリンは外国メーカー ジョンソン・エンド・ジョンソン のマウスウォッシュです。結構これもテレビ CM していたので、歯周病が原因の口臭に効果があるだろうと思って、1年以上は使いました。夫である私は妻のおつかいで何度も このリステリンを近くのドラッグストアで購入した記憶があります。涙。

一時期これは効くなあと思って安心していたのですが、ある時期から口臭がひどくなり効果を感じなくなりました。もしかしたら、妻の歯周病が悪化したので、リステリンの効果がなくなったと勘違いしたのかもしれません。

効果がないと諦めて、最強マウスウォッシュを求めて次のマウスウォッシュへ走りました。

G・U・M(ガム) デンタルリンス ナイトケア

出典:www.amazon.co.jp

G・U・M(ガム) デンタルリンス ナイトケア

主要成分

  • セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)
  • トラネキサム酸(TXA)、

藁(わら)をも掴(つか)む思いで、次に試したのはサンスターの G・U・M(ガム) デンタルリンス ナイトケアです。テレビCMで大々的に宣伝していた G・U・M(ガム)です。

GUM(ガム)のマウスウォッシュは同シリーズの歯磨き粉とセットで利用していました。これはある程度効果があったような気がします。本人は効果は分からなかったようですが、そばにいる夫の私には少しは効果を感じました。つまり口臭が和らいだと感じたのです。いよいよこれが最強のマウスウォッシュかと思いました。

しかし・・・・。このGUMも1年近くは利用したと思いますが、やっぱり寝起きや晩の口臭は非常に気になりました。寝起きの妻に近づくのは勇気が必要でした。GUMも最強マウスウォッシュではなかったのです。

パーフェクトペリオ

パーフェクトペリオ

出典:www.amazon.co.jp

そんな時に、妻は自分の口臭を何とかしたい と必死に思ったのか、YouTube で歯科医も推奨するマウスウォッシュとして「パーフェクトペリオ」に注目しました。

主要成分:次亜塩素酸電解水

しかしAmazonでの「パーフェクトペリオ」の評価はいまいちです。歯科医院のウェブページでは”最強のマウスウォッシュだ”と推奨するとこもあれば、否定的なところも多く見られました。こ却下です。

「パーフェクトペリオ」 について

パーフェクトペリオ を一押しする医師
次亜塩素酸電解水パーフェクトペリオ殺菌水治療と販売/パーフェクトペリオ殺菌水治療(東京)

パーフェクトペリオ に否定的な医師
パーフェクトペリオは歯周病に効果があるのか? |歯周病は横浜の大船駅北口歯科

 Amazonでの評価
→ カスタマーレビュー 8件、5つ星のうち 3.7。← これは評価されていないのと同じ。

コンクール F・・・最強マウスウォッシュ だった!

最強のマウスウォッシュ。これで歯槽膿漏の口臭が完全に収まりました。効き目がすごい最強のマウスウォッシュ。

最強のマウスウォッシュ「コンクール F」に出会えた。

妻の歯周病の口臭に半ば諦め気味だった私は、妻が通販でイマイチなのに高額で販売されているマウスウォッシュに手を出すのを阻止しようと、同じ通販で販売されている別のマウスウォッシュを調べてみました。当然デビュー評価が高いものです。

「ここはやっぱりAmazonだ!」と思い、アマゾンでリサーチをかけました。

リサーチ(検索)結果は、商品カテゴリー「マウスウォッシュ」内で一番人気つまりベストセラーが「リステリン」だったのを見て少々がっかりしました。しかしよく見るとリステリンよりもカスタマーレビューが多く、★(星印)もリステリンより多いマウスウォッシュがありました。それが コンクール Fだったのです。

 コンクール F の 主要成分 

  • グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌剤)
  • グリチルリチン酸アンモニウム(抗炎症剤)

Amazonでのカスタマー総合スコア(2018年06月18日現在)

 リステリン コンクール F
レビュー件数811 件910
★★★★4.34.5
総合スコア3487 点

 

4095

 

Amazon 総合スコアは、ベストセラーのリステリンよりも、コンクール F の方が若干上回っていたのです。ですからコンクール F を試してみる価値はあると思い早速 注文し、妻に使い始めてもらいました。「○様、コンクールF様!お願いします。」

最強マウスウォッシュである「コンクールF」本体の裏書き。

結果は驚きの一言です。

晩に普通に歯磨きし コンクール F で口をゆすいでもらった翌朝、その寝起きの妻に近づいて「おはよう!」の挨拶をしたらどうでしょう!なんと口臭がゼロでした。「もしかたら コンクール F っていいかも」と強い期待を口にするのを押し殺し、2日目のまで待つことに。

二日目の朝も大丈夫でした。そして3日目の朝も。ありがたいことに、寝起きの妻の口臭、晩の口臭いずれも3日間見事ゼロでした。

大げさに聞こえるかもしれませんが、本当に歯周病(歯槽膿漏)の口臭が無臭になったのです。妻への愛情が増し加わった瞬間でした。

妻に口の中の状態を聞いてみると「粘つきが消えた」というものだったんです。Amazon レビューで他のユーザーも同じ感想を書いていますが、本当だったんですね。確かに個人差があると思いますが、私の妻にはぴったりのマウスウォッシュ だったのです。そうです最強のマウスウォッシュに出会ったのです。

2週間ぐら使い続けいる間に全く臭わなくなっていたので、「コンクール F」のメーカーが、このマウスウォッシュを使う前に歯磨き粉(ジェルタイプ)として利用することを推奨している「コンクール ジェルコートF」も使い始めてもらいました。(Amazonで調べてみると「大人用ハミガキ粉」のカテゴリでベストセラーでした。殺菌だけでなく、しっかりフッ素コートまでしてくれるそうです。)

口臭予防の最強の歯磨き粉「コンクール ジェルコートF 90g」

かれこれ一か月経ちますが、あのドブの口臭を発生させていた妻がこのマウスウォッシュ「コンクール F」 と同時利用が推奨されている歯磨き粉である「コンクール ジェルコートF」を使って家庭の空気汚染をもたらさなくなり、夫の私は妻に近づいて話すこが億劫ではなくなったのです。最高に幸せです。

2018/11/20:5月後の今も口臭は無臭です。コンクールシリーズは最強のマウスウォッシュであることを益々しております。

■ 最強のマウスウォッシュ

一番おすすめ!

■ 最強のマウスウォッシュの前に使う歯磨き粉(ベストセラー

あまりにも驚きの効果だったので、歯周病 予備軍かもしれない夫である私も一緒に使い始めました

経済的に負担が増すんじゃないかと思いましたが、歯周病対策としての他のマウスウォッシュや 歯磨き粉と値段的にはそう変わりありませんでしたので、とてもラッキーだと感じています。

このように コンクール F が口臭を消失させるという驚きの効果だったので、主要成分と効果の仕組みを、公式ホームページ から調べてみました。

主要な殺菌成分は「グルコン酸クロルヘキシジン」というもの。歯周病や虫歯の原因菌に取り付いて細胞膜を破壊し死滅させる作用があります。

コンクール F が虫歯菌や歯周病菌を死滅させる過程。

出典:ウェルテックの公式ページより。

有効成分が歯や口内の粘膜に吸着し、飲食しても12時間効果が持続するという恐るべき最強マウスウォッシュだったのです。

コンクール F が口内にとどまる仕組み。

出典:ウェルテックの公式ページより。

コンクール F の効果的な使い方とは?

では ここで「コンクール F」の利用法をあらためてご紹介します。他のマウスウォッシュとほとんど使い方は同じなので、紹介するほどではないのですが、メーカーが推奨している利用法を記しておきます。

まず歯磨き粉である「コンクール ジェルコートF」を普通の歯磨き粉と同じように歯ブラシに取り、丁寧に歯一本一本をブラッシングしてください。

力を入れずに歯と歯茎の間も磨きましょう。

次にマウスウォッシュです。

コップに一センチぐらいの水(25ml~50ml)を入れ、「コンクール F」を5~8滴たらし混ぜます。

その水でお口の中を、丹念にぐじゅぐじゅさせてください。

私の場合は、歯周病 ポケットつまり 歯と歯茎の間に浸透するように、激しくぐじゅぐじゅさせます。1分ぐらいは口の中に入れています。

これで12時間は効果があります。飲食しても睡眠に入っても大丈夫です。12時間はネバつきがありません。つまり菌が繁殖しません。※ コンクール F はいくら最強マウスウォッシュであるとしても、完全に菌は死滅させることはありません。

コンクール F の安全性と利用上の注意

コンクールFを始めマウスウォッシュの安全性は確認されており、誤飲しても問題ないとされています。

しかしながら、稀に含有成分に対してアレルギー反応を引き起こすことがあります。

コンクールFの場合メーカー公式ページによると、利用上の注意として、主要成分「グルコン酸クロルヘキシジン」でアレルギー反応(かゆみや発疹)を示したことのあるユーザーは、利用しない方が良いようです。

コンクールFの場合メーカー公式ページによると、「グルコン酸クロルヘキシジン」でアレルギー反応(かゆみや発疹)を示したことのあるユーザーは、利用しない方が良いようだ。

※ 気になる方はコンクールFのカスタマーサービス:ウエルテックカスタマーセンター(0120-17-8049)へお問い合わせください。

グルコン酸クロルヘキシジンはしばしば軟膏や化粧品に含まれている成分のようですから、かつて軟膏や化粧品でかゆみや発疹が出たことのある方は、コンクールFの使用を控えましょう。

また、口内炎だったり口の中が傷ついていたりする場合は、治るまでコンクール F の利用を控えましょう。

通常は誤って飲み込んでも無害のようですが、できるだけ飲まないようにしましょう。

まとめ

「コンクール F」、これは今まで使ったマウスウォッシュの中で最強のものであると断言できます。数々の マウスウォッシュを使ってもあまり効果が感じられなかった私の妻の口臭を消滅させたのですから、最強のマウスウォッシュ だと言わざるを得ません。少なくとも妻にはピッタリでした。

もしあなたが、または あなたのご家族が、口臭に悩まされているのでしたら、しっかりとした歯周病の治療を継続するとともに、この最強マウスウォッシュであると言い切れる「コンクール F」を騙されたと思って使ってみてください。

一番おすすめ!

コメント