ガン避けたいなら、五つの生活習慣(禁煙、節酒、減塩、活発な運動、体重管理)を改善せよ!

スポンサーリンク

ガンのリスクをかなりの確率で低下させることができる方法としての5つの生活習慣が「国立がんセンター」から発表れました。1)禁煙、2)節酒、3)、減塩、4)活発な運動、5)ウェイトコントロールなどを実行すると、ガン罹患率を4割低減できるそうです。

image

ガンリスクを下げる五つの生活習慣

NHKや新聞各社で、オランダの医学誌に掲載された我が国の「国立がん研究センター」の追跡調査の結果が一斉に報道されました。毎日jp

image

対象は、1990年代後半に45~74歳だった7万8548人(内訳:男性3万6964人、女性4万1584人)で、全体を2006年まで追跡し、ガン発生と関係があるとされる5つの生活習慣とガン発生率との関係が調査分析されました。

その5つの生活習慣とは以下の通りです。

  1. 禁煙
  2. お酒を控える(一日に日本酒1合以下を週6日以内)
  3. 塩気の食べ物を控える(明太子4分の1腹を月1回程度)
  4. 活発な活動(1日に男性でスポーツ1時間以上、女性で立ったり歩いたり3時間以上)
  5. 適正な体重(体格指数=BMI=が男性で21~27、女性で19~25)

調査結果は、

  • 上記の一つの習慣を実践した場合、ガン罹患率は男性で14%、女性で9%低下
  • 二つの生活習慣を取り入れた場合、男女共にも14%低下
  • 五つすべての生活習慣を実践すると、男性で43%、女性で37%低下する

最後は驚きですね。

5つの生活習慣すべてを実行すれば、ガンになる確率を4割も減らせる。

この結果を分析した国立がん研究センターの予防研究部「笹月静」室長は

分かっていてもなかなか変えられないのが習慣だが、5つのうち1つでも変えられれば、がんのリスクは確実に低下する。どの年代の人も今からでも遅くないので、諦めず、生活を見直してみてほしい。

と述べているそうです。習慣を変えるのは大変ですが、健康には替えられませんね。

5つの生活習慣を実践?

ではあなたのガンのリスクはどうでしょうか?おこがましくも私のケースですが、1)禁煙、2)節酒、5)適切な体重管理は、できているつもりですが、3)減塩、4)活発な運動、問題です。image

3)食生活は塩辛いものが大好きです。最近まで行っていた営業の仕事がかなり身体的にハードで、自宅に帰ってくれば味の濃いものばかり欲しがっていました。今は軽作業の仕事ですから塩分はそこまで必要ではないのですが、濃い味になれているせいか、塩分濃いめのおかずが大好きです。

image4)運動も問題ですね。ウォーキングを一日平均30分以下しかしていません。ガンのリスクを下げたいなら、一日1時間の活発な運動が求められるそうです。時間がないといいわけしないようにしたいと思います。計画を練り直す必要があります。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事