【ウォシュレット】コンセントの無いトイレの賃貸で取り付け工事不要にする方法とは

スポンサーリンク

やっと念願のウォシュレットを自分で取り付けました。いわゆる”後付け温水便座”です。思っていたより簡単でした。取り付け場所はコンセントのないトイレ賃貸住宅。でも電気および水道工事は一切 不要でしたよ。費用は1.5万円以内でお通じの快適さを得ましたよ。以下の写真を見れば電源コンセントのないトイレでもウォッシュレット自分で取りける方法が一目瞭然でしょう。ではこの記事で詳細を解説します。

ウォシュレットの取り付け費用はゼロ円です。公団・賃貸住宅でも簡単に取りけられます。電源コンセントは不要です。天井の電球から分岐させますから。

ウォシュレット(TOTO)といえば、トイレのあとを綺麗にしてくれる超快適な電化製品。

詳細な理由は聞かないでほしいのですが、家族ぐるみで必要になったので、ウォシュレットの設置に踏み切りました。後付けの温水便座というわけです。

ウォシュレットの製品名称は「温水洗浄便座」とかであり、TOTO製の「温水洗浄便座」が「ウォシュレット」という商標なわけですね。INAXなら「シャワートイレ」と呼ばれています。

後述するように、我が家ではAmazonで最も売れている東芝製の「温水洗浄便座」を購入しましたが、ウォシュレットとは書いていません。当然ですが。

※ しかしこの記事では、分りやすく「温水洗浄便座」の代名詞として使われているウォシュレットで統一させていただきます。

さて、ウォシュレットを初めて自分の家のトイレに導入しようと考えている方は、以下の点(目次)が気になるはずです。

私も同様の点が気になっていましたが、あっけなく自分で解決しましたので、以下にシェアします。

自分で取り付けられるのか?

はい!

大丈夫、ウォシュレットは全部自分で取り付け可能です。しかも費用は本体含めて総額 1万5,000円 前後で済みます。しかもトイレに電源コンセントがなくても大丈夫ですよ。その方法は後述します。

水道屋さん、電気屋さんに工事依頼する必要はありません。仕事を奪っているようで。申し訳ございません。

どのタイプのウォシュレットを購入しても、また普通の洋式トイレが設置されているなら、ウォシュレットの取り付けに必要な工具は以下の3点だけです。

ウォシュレットを自分で取り付けるための工具は3点のみ。ボックスレンチ、モンキーレンチ、マイナスドライバー。ー

だれでも一生に一度は使ったことのあるものばかりでしょう。工具箱を探してみてください。

家にない方は100円ショップに走ってください。またはAmazonから人気/格安なものを購入してください。後で何かと役立ちます。

  1. ボックスレンチ(付属品)
  2. モンキーレンチ(Amazon楽天
  3. マイナスドライバー(Amazon楽天
スポンサーリンク

公団や賃貸住宅でも取り付けられるのか?

このタイプの質問をされる方は、ウォシュレットは大掛かりな工事が必要だと勘違いしている方がほとんどでしょう。

何度も言いますが、電気工事や水道工事はほとんどの水洗トイレで不要です。公団(市営/県営/都営/区営住宅)や民間の賃貸住宅やマンションに住んでいようが大丈夫です。

我が家も古い賃貸住宅で、TOTO製のタンク式水洗トイレですが、ウォシュレットをとても簡単に設置できました。

古い賃貸住宅のTOTO製のタンク式水洗トイレにウォシュレットを自分で設置完了。

後述しますが、自分で行うウォシュレットの設置手順の概略は以下の通り。

  1. 便座を取り外す。
  2. ウォシュレット本体を便座部分に設置する。
  3. タンクへの水道管を取り換える。(水道管工事不要。)
  4. コンセント付きソケットに取り換えた照明(LED電球)に電源を接続する。(電源コンセントが無いトイレのみ。その場合でも電気工事不要。)

公団(市営/県営/都営/区営住宅)や民間の賃貸住宅にお住いの方は、念のために「模様替承認申請書」を管轄の地方自治体の住宅課に、またはマンションやアパートの大家(オーナー)に提出すればOKです。管理者が不動産会社ならそこへ。

「模様替承認申請書」

工事費は?

ウォシュレットは自分で設置すれば工事費ゼロ円です。しかも簡単です。

ゼロ円です。

もう一度言います。ウォシュレットの設置工事費はゼロ円です。

ウォシュレットはすべての設置工程を自分でこなせます。初めての経験かもしれませんが、単に頭を使うだけです。力もいりません。

たとえば取り換える便座のタイプはほぼすべてTOTO製の便座に準じており同じ造りです。ボルト2本で固定されているだけ。それを外すのはモンキーレンチで一発終了。

ウォシュレットの取り扱い説明書に、すべて設置手順が書かれており、その通りにやるだけです。小学校高学年のレベルの説明書が付属されていますから、大人のあなたなら簡単です。

※ この記事後半で私が実際に取り付けた作業工程を記録していますので、ご確認ください。

ウォシュレットの取り付け方説明書

ただ読んで理解しようとするかどうかの問題でしょう。

「今の便座を取り外すなんて面倒くさい!第一汚いから自分で扱うのはいやだ!」みたいな方は、この記事は読んだいないはずです。

コンセントの無いトイレの場合は?

公団や賃貸住宅にお住まいの方、古い家屋にお住いの方は、これが一番ネックとお感じになるかもしれません。

古いアパートや家屋は、トイレで電化製品を使うことが想定されていないのです。電源コンセントがないのは当たり前でしょう。

でも、電気は来ていないのでしょうか?

頭を上げてみてください。トイレの天井には照明(電球)がありませんか?

電球までは電気は届いているわけです。この電球からウォシュレットの電源が取れれればいいと思いませんか?

世の中には便利なものがあふれています。

これ見て考えてみてください。

もうお分かりですね。

これは電球ソケットを分岐させて、コンセントを増設できるで パナソニック(Panasonic) 丸型1灯2差クラスタ/P WH3031PK という製品です。

我が家はこれを2段にして、電球カバーでコンセントが覆われないようにしました。

こんな感じです。そして延長コード(2mまたは3m)でウォシュレットの電源コードが届くところまで降ろすとOKです。わくわくしてきませんか?

問題は、電球をつけっぱなしにしなければ、ウォシュレットの温水が冷えてしまうという点です。でも電球の常時点灯は電気代がもったいですね。

トイレの電球のスイッチは入れっぱなし。常時ON。

ご安心ください。これを解決できる素晴らしい省エネ型LED電球が存在します。

それは人の動きを感知するセンサー付きLED電球「 アイリスオーヤマ LED電球 E26口金 20W形相当 電球色 下方向タイプ 人感センサー エコハイルクス LDA6LHS 」です。

消費電力は6Wしかありませんが、なんと従来の電球 20W相当です。明るすぎるくらい。

トイレに入ってくる人がいれば、それを感知して点灯します。気配が無くなれば自動消灯します。

人感センサー付きLED電球プラズマ効果でトイレの臭いまで消臭してくれるイオン発生機が一体型になった製品は今一番人気です。

シャープ イオン発生機 トイレ用 プラズマクラスター25000搭載 ホワイト IG-HTA20-W。トイレの臭いをプラズマ効果で押さえます。メリット:使用後の臭いが気になる場合、トイレのドアを開けておくようにしているかもしれませんが、それだったら人感センサーが反応しやすいんですよね。でも、イオン発生機付きならトイレのドアを閉めていても、臭いを消臭してくれるので安心でです。←私の経験。

もうお分かりですね。

そうです、コンセントの無いトイレでも、以下の3つの製品で電源を工事なしに確保し、ウォシュレットを快適に利用できるのです。

  1. パナソニック(Panasonic) 丸型1灯2差クラスタ
  2. 延長コード(2mまたは3m)
  3. アイリスオーヤマ LED電球 人感センサー

ウォシュレットの選び方は?

では、自分で簡単に設置するおすすめウォシュレットはどれでしょうか?

高額のなのは必要ない!ウォシュレットの基本的な機能がそろっていればそれでいい!

あなたは賢いです。私も同じ意見です。

まずウォシュレットのタイプです。

  • 貯湯式が瞬間式か
  • 無線リモコンか一体型リモコンか

「貯湯式」か「瞬間式」の違いとは?

「貯湯式」は読んで字のごとく本体内部にお湯を貯めておくタイプ。「瞬間式」はお湯は貯めておかずに、瞬間湯沸かし器のように利用するたびに水を温めて噴射するタイプです。

どちらもメリット・デメリットがあります。

最大の違いは消費電力つまり電気代の違いです。「貯湯式」はずっと保温しておくので、「瞬間式」より年間の消費電力が1.5倍ほど高くなります。

また、「貯湯式」はお湯を貯めなければならないタンクが必要なのでその分、本体が大きめになります。また短時間に沢山のお湯を使うとお湯切れになる場合がありますので、家族が多いところは「瞬間式」が良いかもしれません。我が家は2人ですから「瞬間式」でも大丈夫ですが。

一方「瞬間式」は本体価格が高めですし、場合によっては水温にムラがでる場合があります。

貯湯式 瞬間式
電気代 高い 安い
本体の大きさへの影響 大きい 少ない
水温のムラ 少ない 大きい
連続使用
本体価格 安め 高め

我が家は常に快適な状態を追及するために水温の安定性価格の安さを重視して、「貯湯式」に決定しました。

「無線型リモコン」か「一体型リモコン」はどちらがいいの?

ウォシュレットのタイプとしてリモコンの違いもあります。

つまり壁に取り付ける「無線型リモコン」か本体の袖に一体化している「一体型リモコン」かです。

ウォシュレットの違い。「無線型リモコン」か本体の袖に一体化している「一体型リモコン」か?

価格は「無線型リモコン」が少々高いですね。千円程度ですけど。またコスト的にも電池(単三×2本)を消費する「無線型リモコン」が若干不利です。

衛生的には「無線型リモコン」のほうに軍配が上がります。というのは便座から遠いからです。また清掃のしやすさも「無線型リモコン」のほうが圧倒的に有利です。

スペース的には「無線型リモコン」が省スペースで場所を取りません。トイレが狭いと袖のにあるリモコンがとても邪魔になってきます。

さらに、「一体型リモコン」は便座右後部に取りけられているリモコンを操作するのに体をある程度よじる必要がありますが、「無線型リモコン」はその必要のない目の前の壁に簡単に設置できます。

ですから、壁にリモコンを取り付ける余裕があるなら、「無線型リモコン」タイプの購入をオススメします。

確かに「無線型リモコン」は壁に穴をあけてネジで取り付けるようになっていますが、後で剥がせる両面テープだけでも十分な強度がありますよ。賃貸や公営団地では引っ越し時に復元が必要となる場合でも、両面テープでしっかり取り付けておけば大丈夫です。

ウォシュレットでおすすめは?

ウォシュレットの選び方のポイントを以下のようにまとめてみました。

  • 水温が安定しやすい「貯湯式」タイプを選択。
  • 衛生的な「無線型リモコン」タイプを選択。
  • 通販でレビュー評価高いものを選択。
  • お手頃価格なものを選択。

Amazonで最も売れたウォシュレットは、 東芝(TOSHIBA) の 東芝 温水洗浄便座 クリーンウォッシュ パステルアイボリー SCS-T160 です。1万円台です。

これは 1,700件以上のレビュー件数を記録しながら、評価は4.4を記録しています。通常レビュー件数が1000以上と膨大レビューが投稿されると、どんなに満足度の高い製品でも評価が4.0以上をこえることはまれです。

この価格帯のウォシュレットでは圧倒的に満足度が高い製品であることが分ります。

この製品は通常の機能に加えて以下の機能が標準搭載されています。

  • 「赤外線センサー」で着座を自動検知
  • 座るとすぐに脱臭風量が発生する「オート脱臭」
  • 気泡入りのお湯でやさしくおしり洗浄。
  • 利用後のノズル自動洗浄。
  • 節電モードあり。

十分じゃないですか!わくわくです。

でもよく見ると、リモコンは「一体型リモコン」タイプとなっています。残念。

しかしご安心ください。この製品の「無線型リモコン」タイプもあります。それが、TOSHIBA 温水洗浄便座 クリーンウォッシュ パステルアイボリー リモコン付き SCS-T260 です。わずかに価格は高いですが。

私はこれを選択しました。

実際に使ってみて超快適でした。「無線リモコン」がトイレットペーパー設置場所の上にあるので、リモコンを操作するのに体をよじらずに済みます。

でも中には

「TOTO製のウォシュレットじゃないとやだ!」

みたいな方は、TOTO製で一番人気の「貯湯式」タイプの以下の商品でしょう。格安です。

ウォシュレットを自分で取りつける方法

では最後に、格安で最も売れているウォシュレットを実際に自分で購入しましたので、それを取り付ける方法をご紹介します。賃貸アパートでも簡単に設置できましたよ。

すでに取り付け工程は紹介しましたが、もう一度まとめておきます。

  1. 便座を取り外す。
  2. ウォシュレット本体を便座部分に設置する。
  3. タンクへの水道管を取り換える。(水道管工事不要。)
  4. コンセント付きソケットに取り換えた照明(LED電球)に電源を接続する。(電源コンセントがトイレに設置されてない場合のみ。その場合でも電気工事不要。)

工程に入る前に、ウォシュレットを箱から取り出して、本体、部品、工具を広げておきましょう。

ウォシュレットを箱から取り出して、本体、部品、工具、取説を並べておく。

1.便座を取り外す

難しそうで、超簡単ですよ。

まず、今まで毎日何度も世話になっていた便座をトイレ本体から取り外します。これがステップ1です。

便座は本体と2本のボルトで固定されています。モンキーレンチを持って便座横の下から上を見上げてください。

2つのボルトを緩めて便座を取り外す。

ボルトがありましたね。そのボルトをモンキーレンチで緩めてあげましょう。

便座を取り外す。

あっけなく取れました。

2.ウォシュレット本体の設置。

ステップ2も簡単です。本体を設置します。

※ 狭いスペースではステップ3の配管を先に施工したほうがよいかも。

便座のボルトの穴2箇所を再利用します。

付属品の「本体固定プレート」を「取り付けボルト」でゆるく仮止めします。

本体の接合部の形状と「本体固定プレート」接合部の形状を確認します。

本体をゆっくりスライドさせて、ガチャと音がするまで奥まで差し込みます。

本体を固定プレートごと貯水タンク ギリギリまで押し付け、裏の2本のボルトをボックスレンチで固定してあげます。

これで本体設置完了です。わくわく。

3.タンクへの配管を取り換え

ウォシュレットを取り付けステップ3は、給水用の配管を取り換えます。

タオル、洗面器、モンキーレンチをご準備ください。

以下のような我が家の配管でご説明します。

まず止水栓をマイナスドライバーで右に回し、水を遮断します。

止水栓をマイナスドライバーで右に回して水を遮断

タンクの水を抜くためにトイレの水を一度流します。

モンキーレンチで止水栓とトイレタンクの間の給水管を取り除きます。パッキンなどの注意してください。この時、水がこぼれます。

※ 重要:本来はタンクのふたを開けてタンク内側の給水管を手でしっかり押さえて、以下モンキーレンチでタンク外側のボルトを緩めることをお勧めします。

ウォシュレットの付属品である「給水ホース」(0.5mの短いほう。)をボルトでしかり接合させます。

本体と分岐金具の間に給水ホース(1.0mの長いほう。)を取り付けます。

最後に水漏れしていないかを確認しながら止水栓をマイナスドライバーで解放します。

これでステップ3は完了ですよ。あとは電源です。

4.天井の電球から電源を確保する

ウォシュレットの取り付け最終段階は電源の確保です。

トイレにアース付きの電源コンセントが設置されているなら、このステップは即終了します。

しかし古い賃貸や家屋、公団はトイレに電源コンセントがありません。

それですでにこの記事で説明している通り、天井の電球をコンセント付きソケットに取り換え、それに人感センサー付きLED電球を取り付けます。

天井の電球をコンセント付きソケットに取り換え、それに人感センサー付きLED電球を取り付ける。

このように電気工事は一切不要でウォシュレットに電源を確保できました。

照明のスイッチは常時ONで、トイレのドアを開けた瞬間にLEDが点灯、トイレから出てしばらくしたら自動消灯しますので安心です。

補足:「無線型リモコン」

補足ですが、「無線型リモコン」タイプを購入されたなら、トイレの壁に取り付ける必要があります。

我が家では画像のようにトイレットペーパーの上に取り付けました。ちょうど表示プレートを取り除いた部分なら、両面テープの跡が残ってもかまわなかったので助かりました。穴を開けてネジでの取り付けは不要です。

取り除ける表示プレートのない賃貸住宅のトイレの壁になら、トイレットペーパーの取り付け穴を活用できる便利アイテムがあります。

以上、ウォシュレットを自分で取り付けた場合の費用や、ウォシュレットの選び方、実際の取り付け方法でした。

とにかく思っていたより格安かつ簡単に、おトイレ事情を劇的に改善することができました。ウオシュレットに家族も喜んでいます。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事