【レビュー】JINSで遠近両用メガネを1万5千円で作った!かなり快適だった話

スポンサーリンク

寄る年波に勝てず遠近両用メガネを作り立たいと思い、お客様対応で評判の良いメガネショップのJINS(ジンズ)で遠近両用メガネを作りました。完璧とは言えないまでも、かなり満足のいくメガネをゲットできました。さすがネットで評判が良いだけあって、JINS の店員さんは、Appleの店員と同じほど丁寧でした。遠近両用メガネは合計約1万5,000円で作れました。調整料金込みですよ。以下にレビューします。

JINS(ジンズ)メガネ チタンのフレーム

遠近両用メガネは調整が難しい?

jins メガネ の評判は上々。

若かりし時代にまさか自分が老眼鏡が必要になるとは夢にも思っていませんでした。しかし寄る年波には勝てません。

自分の家系は老眼になるのが早いようです。今は亡き父親も40代に入ってすぐに老眼鏡を作っていた記憶があります。ほとんど虫眼鏡と同じよなレンズだったことを思い出します。

私の場合は近視・老眼だけでなく乱視もひどいのです。30代の頃は視力は両目で1.0以上ありましたので、運転には支障をきたさなかったのですが、乱視がひどく夜の運転は信号機のライトが4重ぐらいにぼやける状態でした。当時しかたなく、近視+乱視のメガネを作ったのでした。

しかし40代に入り、近視もひどくなりメガネを買い替え、さらには最近は手元も見えずらくなり、遠近両用メガネの必要を感じ、某有名メガネショップへいくことになりました。でもそのショップの担当者が・・・って感じした。

遠近両用メガネを作りたい申し出ると、以下のやり取りが交わされました。

遠近両用メガネを作りたいですが・・・。
店員
お客さん年齢は?
40代後半です。
店員
それじゃもう少しそのままで様子見たほうがいいですよ。その年齢では調整が大変ですから。遠近両用メガネを作ったお客さんのほとんどは合わず、老眼鏡をもう一つ作る方が大半なんですよ。

ほとんど相談にも乗らず一方的なやり取り。視力測定もせずに、上記の会話だけ。

「遠近両用メガネを売る気はゼロ」

そう言えば遠近両用メガネってメガネ屋も作るのキライみたいな話しを聞いたこととがあるのを思い出しました。私の50代の知人は別の某メガネショップを聞くと

「遠近両用メガネは40代で掛け始め目を慣らさないと行けません。その年(50代後半)では無理です。」

と言われたそうです。『これだわ!』

スポンサーリンク

評判が良い格安メガネショップ「JINS」で

それから1年、夜新聞が見えずに精神的にイライラ続き。それで再びどうしても遠近両用メガネで快適な視覚ライフを送りたいと思い、ネットで遠近両用メガネを作れないかとググってみると、JINS(ジンズ)が評判の良いメガネショップであることを知ったわけです。

JINS オンラインショップ

近所のメガネ専門店では3万円以上する遠近両用メガネがJINSでは1万5,000円程度で作れるとのこと。

JINS オンラインショップ での販売にも力をいれていて、フレームはネットで注文しておいて、実店舗でレンズは作れるということ。それで、まずネットで自分好みのフレーム探して購入しました。

(近視レンズだけなら度数などを入れてネットで完結します。しかし、目や鼻のかかり具合を調整する必要のないメガネでないかぎり、リアル店舗にお世話になってしまうようです。さらに2本目から、度数を変更する必要のない場合、ネットだけで済みます。WEB限定の20%引きクーポンなど割引も使えますのでお得です。気に入らない場合一回までなら返品・交換も可能ですよ。また保障期間つまり6か月以内ならフレーム・レンズそれぞれ一回まで交換可能です。注意「保証書」は絶対必要。)


到着した製品はこれ。普通でしょ。私はあまり変化を望まない人間で、冒険はしたくない派です。スタンダードなものを購入しました。高級感あふれるJINSオリジナル チタン製フレームです。(セットされているレンズは度無しで仮のレンズ。)

JINSオリジナル チタン製フレーム 遠近両用

ちなみに遠近両用レンズをはめるフレームは縦幅が3.0センチ以上ものがいいらいい。

保証書もしっかり封筒に入っていまいた。

JINSのネットショップで購入した保証書

WEBショップ限定の20%割引クーポンも同封されていました。しっかり保存しておきます。

オンラインショップ限定のJINSのクーポン券

あとはレンズを作ってもらうために、車で15分のところにあるリアルJINS(ジンズ)(実店舗)へ直行しました。

メガネショップ JINS 実店舗でレンズ調整

視力検査

JINSの店員さんはまるでAppleの店員のように対応してくださいました。

馬鹿丁寧(←表現悪い)で背筋がぞくっとするほど。

でも、今時これぐらいのことをしないと競争には勝てなですよね。とにかくソフト、丁寧な対応です。1万5,000円で遠近両用メガネが作れるというのに気持ち悪いくらい丁寧!

※ 若い男女店員でしたがお2人とも本当にAppleの店員のようでした。(Appleの店員を知らない人には分かりにくいと思いますが。)

まず現在掛けているメガネの度数を計測してもらった後、以下の視力検査装置に座りJINSの店員さんから超丁寧な視力検査を受けました。

メガネショップ JINS の視力検査装置

検査結果ですが視力はここ3年でほとんど変化なしとのこと。(でも手元が見えにくいんでけどね。)

その後、遠近両用レンズの度数調整するために、昔ながらのメガネ型の調整装置でレンズを重ね合わせて度数を調整してもらいまいた。

遠近両用レンズはこんな感じ

次にレンズをはめた時の見え方についてJINS(ジンズ)店員さんから説明を受けました。

最近の遠近両用レンズは真ん中に線の入っているレンズ(←20年に祖母が使ってたました。)ではなく、連続的に焦点の位置が変化する(見え方が違ている)「累進レンズ」に移行しているそうです。

JINSで作成した遠近両用メガネの累進レンズ(遠方、中間、近方)

画像のように上から切れ目なく度数が変化します。ざっと以下の通りです。(上の画像はオリジナルです。ググってもありません。いつかコピーされそうな出来栄えですが・・・手前味噌。)

  • 遠方・・・主に運転
  • 中間・・・パソコン
  • 近方・・・読書

度数が均一つまり単焦点型レンズではないので、目を動かしたり頭を動かしたりして見え方を調整する必要があります。慣れないうちは、いわゆる酔った感じになるかもしれませんが、辛抱して使い続けることが肝心です。

実際に使ってみると、パソコンは良く見えますし、新聞の文字も見えます。また単行本もレンズの下の部分で読むと文字が浮かび上がるほどもくっきり見えます。(しかし縦書きの単行本を目に近づけて読む場合は目ではなく頭か本自体を動かすかす必要がありそうです。)

以上、遠近両用メガネを初めて作るのに、メガネショップのJINS(ジンズ)を利用したレビューでした。某メガネショップとは違い、お客様に奉仕する感じの対応。説明もしっかりしてくれて安心の買い物でした。


後日追記:どうしてもフレームが合わずに実店舗のJINSで交換を願いでると、スムーズにフレームを交換してくれました。もちろんレンズもフレームに合わせて交換です。保証書をしっかり持って行けば、6か月以内ならレンズの調整をさらにもう1度してくれるとのことです。メガネショップJINSはいい感じです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事