iPhone の魚眼レンズならこれ!ケースは防水なので屋外でも安心!

スポンサーリンク

この写真何に見えますか?見えずらいかもしれませんが…。生まれて数日のカマキリです。でも姿は立派な大人のカマキリですね。これPRのためにいただいたiPhoneに装着できるケース一体型魚眼レンズで撮影したもの。結構いい感じですよ。

iPhoneに魚眼レンズを装着してカマキリの幼生を撮影

夏がやってきました。山や海で思いっきり自然と戯れたいですね。

今年はこのケース一体型魚眼レンズを装着したiPhoneで自然観察を満喫したいと思っています。

魚眼レンズが一体何であるかは、Wikipedia の説明をご覧いただければと思いますが、私風に言わせていただくと、”魚眼レンズとは小さな命の美しさを見せるレンズ”とでもいいましょうか・・・。

iPhoneに装着した魚眼レンズでどくだみの花を撮影。

iPhone に装着した魚眼レンズでカマキリの子供を撮影。目はしっかりこちらを向いていのが良く分かります。体中にガクアジサイの花粉を着けています。

iPhone に装着した魚眼レンズでカマキリの子供を撮影。目はしっかりこちらを向いています。

強調しますがこれらの写真はすべて iPhone 6 で撮影しました。

こんな素敵な写真をiPhoneで撮影可能にしたのは以下のアイテム。

このケースは対防水/耐衝撃性を兼ね備えた万能ケースで、魚眼レンズを装着できるようにしたものです。

Amazonから送られた来た時、2重に梱包されていました。

ケースは2重になっています。

付属品は以下の通り。ケース、キャップ付きレンズおよび携帯用レンズ入れ。

同封物。レンズ3つ。レンズ入れ。ドライバー

ケース装着用のネジは予備の 4本を含めた合計 8本。

ケースのネジ

レンズは以下の3種類。

  • 魚眼レンズ(FISH EYE LENS 189°)
  • マクロレンズ・・・15X
  • 広角レンズ・・・0.63 x(マクロレンズと一緒に利用。)

魚眼レンズ 198°、広角レンズ 0.63X、マクロ レンズ 15X

画像は掲載していませんが、しっかりレンズキャップも付いていますよ。

iPhone6/6Sへの装着方法は簡単です。

まずケース4隅のネジを付属ドライバーで外します。ねじは小さいので慎重に扱います。

ドライバーでケースの四隅のネジを開けます。

ケースは3つのパーツからなり、以下のように順番に装着します。

ケースにiPhone6を装着する順番。

ケースをiPhoneに装着する時の注意点は、イヤホンとLightningコネクタのキャップをしっかり挟めて装着するという点です。

2016-06-06_11h51_53

サイレントボタン(マナーモード)を操作できる部品は外れやすいので注意してください。

2016-06-06_11h52_49

ケース装着作業が終了した Phone 6 です。わくわく。

2016-06-06_11h54_36

ケースの左下に穴が2つ空いています。ここにストラップを通すことが可能です。またイヤホンやLightningコネクタもキャップを外して利用可能です。

2016-06-06_12h28_30

ではいよいよ魚眼レンズをiPhoneケースに装着してみます。ねじ式ですのでしっかり固定可能です。

魚眼レンズをiPhoneケースに装着します。

レンズキャップを外した魚眼レンズをiPhoneに装着したところ。かなりぞくぞくします。

レンズキャップを外した魚眼レンズiPhoneに装着したところ。

さっそく道端に生えていたドクダミ草の花を撮影。

魚眼レンズを搭載したiPhoneでドクダミ草を撮影。

ではこの夏、この魚眼レンズで iPhone 6 のカメラの威力を存分に楽しみたいと思います。

アジサイの上にいるカマキリなどの虫を撮影。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事