【保存版】Amazonで安く買う方法とは?準備編と購入編あり!

節約

今やEC市場はAmazonが楽天を抜いてダントツ1位のシェアを誇っており、Amazonで買えないものがないと言われているほどです。多くの方が感じているように楽天よりAmazonのほうが断然使いやすいので、ネットショップはできればAmazonですべて済ませたい人が急増しております。そうなると、Amazonでできるだけ安くお買い物したいと思うもの。以下に、Amazonで安く買う方法を、準備編購入編に分けてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

準備編

Amazonギフト券を金券ショップから購入しておく

「準備編」とは、実際にAmazonで商品を安い値段で購入しておくための仕込み段階です。

この「準備編」できちんと仕込みをすることで、Amazon内で販売されている全商品を最低でも3%~5%引きで購入可能になります。

それは、Amazonギフト券が安く買えるいわゆるネット上の金券ショップから購入しておき、自分のAmazonアカウントにチャージしておくという方法です。

以下は Amazonギフト券を最安値レベルで購入できることで有名なサイト【ギフト券取引所】 の取引価格です。現時点で額面の95%の価格で購入できます。当然 手数料は無料です。

Amazonギフト券を安く購入しておく。

ご存知の通り、Amazonギフト券の有効期限は最近1年から10年に伸びましたので、常時ギフト券をチャージしても、必ず期限内に使い切ってしいます。

ですから、Amazonをしばしば利用する方は、ネット上の同様の金券ショップを定期的にチェックし、できるだけ安い値段で入手しておくことが日常となっています。

でも金券ショップって危険じゃないの?

と思われる方がいるかもしれません。でも大丈夫です。

ネット上では、以下の2つの金券ショップがトラブルが少ない事で有名です。

取引しても安心といえるのは安全な取引システムを採用しているからです。そのシステムは次の通りです。

欲しい額面のギフト券の購入ボタンを押した後に取引成立までに与えられる30分の間に、自分のAmazonアカウントにチャージし、そのギフト券のコード入力時にエラーが発生しないことを確認することができます。

万が一エラーが出れば30分以内に「エラー申請ボタン」を押すことで、取引は不成立となり、お金も戻ってきます

上記の2つの金券ショップでAmazonギフト券を購入するためには、あらかじめ1000円以上100円単位の金額を銀行振り込みでチャージしておくが必要です。

銀行は、同じ銀行宛の振り込み手数料が無料となっている以下の銀行を利用できますの、取引全体の手数料はゼロ円となります。

  • 三菱東京UFJ
  • ゆうちょ
  • 楽天銀行
  • 住信SBI

チャージ額の反映は、日中なら約10分程度で済みます。

デメリットもあります。売りに出されたギフト券の額面通りに、銀行振り込みし10分後にチャージできたとしても、その間に他人が買ってしまっていることがあるのです。

チャージした金額を出金する場合は、数百円の手数料を引かれます。

ですからほぼ額面通りにしか銀行振り込みしたくない方は、取引量が少ない、平日の午前中に取引することをお勧めします。

Amazonプライム会員になっておく

Amazonで安く買い物をするために欠かせない2番目の準備は、Amazonプライム会員になっておくことです。

ご存知ののようにAmazonプライム会員は、対象プライムビデオの見放題、対象プライムミュージックの聞き放題という半端ない特典を、年間費3900円(月会員は400円/月)という低価格で受けられるサービスです。

プライム会員になると、お買い物をお得にできる以下の特典も受けられます

  • 2000円以下の商品でも送料無料。
  • 一部特別取扱商品の取扱手数料が無料。
  • 食品・日用品 等の低価格商品を1点から購入できるAmazonパントリーが利用可能。
  • プライム会員限定先行タイムセールに、一般会員より30分早く参加できます。
  • おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになるAmazonファミリー特典を利用可能。

すごくないですか?

そんなに沢山特典があっても、あまり使わないよ!

とお考えですか?これまでに、

「2000円以下の商品を購入したいと思ったけで、プライム会員じゃないのでやめた!」

みたいなことありませんでしたか?ストレスじゃないですか?

プライム会員は通常 送料360円が無料になるので、月に2回 2000円以下の商品を購入するだけでも、元が取れます。

詳細は Amazonプライム会員 からどうぞ。

こんなにお得なプライム会員ですが、1年間利用するのはいやだという方のために、月額400円の月会員になるという手もあります。

いずれにしろ初めての方は、30日間お試し期間がありますので、その期間にプライム特典を活用し、手に入れたい商品をお得に購入しておくことが可能ですよ。

※ Amazonプライム会員の解約については、Amazonプライム 解約の全手順!無料体験中の解約方法や全額返金してもらう方法 からどうぞ。

事前にギフト券購入でポイントをもらっておく

Amazonで安く買うための準備編の最後は、ギフト券・チャージタイプAmazonギフト券をから直接購入しておくことです。

これもAmazonを賢く利用するための常套手段となっています。

どうしてこれがお得なのでしょうか?

要は「ポイントが付きますよ!」という話です。

以下の画像にある通り、私は最近のこの方法2,000ポイントつまりAmazonでの支払いに利用できる2000円分のポイントをゲットしました。

 

Amazonポイントは通常の商品の購入ではほとんど付与されないのが現状です。

しかし、Amazonギフト券のチャージ・タイプ(メールタイプではない)の購入時に、コンビニまたはATM決済(クレジットカード決済ではない)にすると、最大で2.5%のポイントが付与され、商品購入費用に充当できるのです。

詳細は 【保存版】Amazonポイント 貯める方法や使い方?ギフト券で最大2.5%、裏技なら3.7%へ からご確認ください。

いかがでしたか?

上記の3つの準備をしっかりしておけば、以下の購入時にさらにお安く欲しい商品を手に入れられますよ。

購入編

さて、次は購入編です。

Amazonで実際に特定の商品を購入する場合に、少しでも安くする方法です。

通常、購入に踏み切る前段階として

  1. 購入したい特定の商品が決まっている場合。(例:スカルプケア薬用シャンプー600ml)
  2. 購入したい商品のジャンルが決まっている場合。(例:育毛・養毛用シャンプー)

とがありますよね。それぞれでアプローチが若干違ってきます。

購入する商品が決まっている場合

定期お得便

Amazon定期お得便もあまり知られていません。これは生活必需品を定期購入することによって、通常価格より最大10%安く買えるサービスです。おむつなどを格安で入手できるAmazonファミリー特典を利用できるAmazonプライム会員なら、最大15%も割引される商品もあります。

定期お得便 対象商品はあらかじめ決まっています。

どんな商品が定期お得便対象商品になっているかを一度 Amazon定期お得便 から確認してみてください。お住いの近くのディスカウントストアで定期的に購入している商品がきっと見つかるはずです。

たとえば「水 定期便」検索すると、「定期お得便」として登録されている「水」がヒットします。以下の商品は定期便にすると毎回5%お得に購入できます。

image

重くてかさばるペットボトルを定期的に自宅まで届けてくれますよ。

「定期お得便」として購入開始ししても、毎回購入しなければならないわけではありません。購入頻度を1カ月単位で指定できます。

Amazonで安く購入できる「定期お得便」の購入頻度を設定する。

いつでもキャンセルできますし、1回飛ばすことも可能です。配送前にメールで知らされますから、その都度「配送」か「キャンセル」かを決められます。また、いつでも「定期お得便」そのものをアカウントサービスの「Amazon定期お得便情報」からキャンセル可能です。ちなみに配送頻度は1月ごと~6か月ごとまでの間で自由に設定可能です。つまり1回でも可能なわけです。

image

Amazonアウトレット(訳アリ商品)

購入したい特定の商品をできるだけ安く手にいれるため「Amazonアウトレット」の徹底活用も有効です。いわゆる訳アリ商品です。購入者から返品された商品が主で、ほぼ新品です。

食品の場合は賞味期限切れが近いものが価格を下げて販売さています。アウトレットは一応中古となっておりますが、すべてAmzon.co.jpが販売するものですから、きわめて安心安全みたいです。

このアウトレット商品で安く購入する最適なケースは以下の通り。

  • すでに購入したい特定の商品が決まっている
  • 商品の種類が決まっている(例:コピー用紙、スマホのカバー など。)

たとえば、「Nexus 9」 を購入したいと思っている場合、まず「中古品」を見てみます。

2015-03-05_09h31_38

その中にAmazonアウトレットが混じっている場合があります。「AMAZON.CO.JP 配送センターから配送されます。」となっています。他の中古販売より信頼でき、送料無料がいいですね。

image

後述しますが、商品のカテゴリ(ジャンル)や種類が決まっている場合にも、Amazonアウトレットから格安商品が見つかる場合があります。

たとえばコピー用紙が欲しい場合、Amazonアウトレット へゆき、「Amazonアウトレット」横の検索窓に欲しい商品の種類(ここでは「コピー用紙」)で検索すれば、中古品として表示されます。通常より数百円もお安く購入できます。

image

価格チェックツールの利用

たとえば、育毛・養毛用シャンプー というカテゴリの中で「スカルプケア薬用シャンプー600ml」を購入することが決まっている場合に、どのようにお得に手に入れられるでしょうか?

この場合は、その商品にクーポンがついていたり、間もなくタイムセールに対象商品含まれるという情報が事前に分っていない限り、安くなることはありません。

価格チェックツールを利用して、安くなる時を待つという方法があります。

このブラウザ拡張機能を利用すれば、指定した価格以下に達すると、メールやTwitterなどで教えてくれるので、欲しい商品を安く買えるチャンスが広がります。

image

しかしながら、この価格変動をチェックする方法は、今すぐ必要なものの購入には利用できません。

でも、しばらく先で必要になる商品に利用できます。たとえば近々パソコンを買い替えたいと思っている方とか、近くのディスカウントショップより安くなる高級レギュラーコーヒーをゲットしたい時など、結構使えます。

購入する商品が決まっていない時

特定の商品ではなく、ジャンルだけは決まっている場合はどうでしょうか?

すでに上で紹介したAmazonアウトレットは非常に有効です。中古品の中に、新品同様のアウトレットが混じっていないかどうか真っ先にチェックしてみてください。

そこに見当たらない場合は、以下の方法を試すことができます。

セール時に購入する

通常価格よりかなり低価格で購入できるAmazonのセール情報は、手に入れたい商品のカテゴリ(ジャンル)が決まっている場合にお得な商品を入手できる可能性が極めて高いです。

セールの代表的なものには以下の種類があります。

  • タイムセール(毎日入れ替わり。
    • 特選タイムセール(1日最大5回、24時間限り。特選商品)
    • 数量限定タイムセール(最大8時間。ウッチリスト利用可能。)
    • お買い得情報(レジでの割引、商品追加で割引、特別ポイント付与)
  • プライム会員限定セール(毎日)・・・数量限定製品タイムセールを30分早く参加可能。
  • 在庫一掃セール
  • プライムデー(毎年夏)・・・プライム会員専用の格安セール。
  • 季節限定セール・・・様々なカテゴリーでやってます。
  • サイバーマンデー(毎年12月)・・・米国の感謝際に合わせて行われるビッグセール。プライム会員ならさらにお得に購入することも可能。

わくわく、ドキドキものです。

特に、最近のAmazonの2大イベントといえば、プライムデー(毎年夏)サイバーマンデー(毎年12月)でしょう。

最近のサイバーマンデーでは、大人気PCであるMacが超低価格で販売され好評を博しました。2017年12月のサイバーマンデーでは、同年で世界的にヒットしたニンテンドー「Switch」がセール品として売りに出されました。

欲しい商品をできるだけ安く手に入れたい場合、まず以上のセール情報の中に購入したい商品が含まれていないかどうかを確認しておくことが必要です。

例えば、数週間先にサイバーマンデーが実施され、その中に欲しかったiPadが半額で売りに出されれることになっているのに、それを知らずに購入したら損ですよね。

ですから、手に入れたい商品やジャンルの商品が上記のセールに含まれているなら、そちらを待って購入するほうが得です。

そのために必須なのは、上記の準備編で述べているように、セールに一般会員より30分早く参加できるAmazonプライム会員になっておく必要があります。月会員でもOKですから。

Amazonタイムセール

各セール中で日々活用できるAmazonタイムセールに注目してみましょう。これはスーパーの時間帯特売(タイムセール)と同じ感覚でとらえておくことが可能です。

ひとまずタイムセール (PC/スマホ) 内のカテゴリから気になるジャンルのタイムセールをご覧になってみてください。

スマホならならタイムセール から「絞り込み」>「カテゴリ」へ行き選択します。

タイムセールは人気の商品も多く含まれていますので、格安の掘り出し物を見つけて物欲を満たしたい方には打ってつけだと思います。(ただし物が増えるので注意が必要!)

購入ルールがはAmazonの規定によって定まっています。たとえば、カートに入れて15分以内に決済しないと割引がなくなったり、一人一品までだったりと。

Amazonタイムセールで掘り出し物を見逃したくない方のためのツールがいろいろ用意されています。

まず、AmazonアプリiOSAndroid)ですが、タイムセール通知をオンにしていれば、プッシュ通知でセール情報をリアルタイムで教えてくれます。

また「タイムセールウォッチリスト機能」も利用できます。

通常毎日入れ替わる タイムセール に欲しい商品があるかどうかを確認するわけですが、「間もなく開始」するタイムセールの中に欲しいものがあるなら、「ウォッチする」をタップしておき、タイムセールウォッチリストの中にリストアップしておきます。

このようにウォッチリストに入れておくと、スマホのAmazonアプリがプッシュ通知してくれますので、チャンスを逃すことなく格安商品を購入できる可能性が高まります。数量限定プライム会員先行セール品なら必須ですよ。

PC版なら以下のような感じです。

タイムセールの中に欲しいものがあるなら、「ウォッチする」をタップしておき、タイムセールウォッチリストの中にリストアップしておく。

さらに以下のTwitter Facebook LINE の公式アカウントをフォローするとAmazonタイムセール情報をいち早くゲットでき、お目当ての商品を安く購入するチャンスが増えますよ。

大幅値引き中の商品を検索する

この裏ワザはよく知られていますが、面倒なのであまり使っていない人が多いです。でも覚えれば掘り出し物が見つかります。

それはAmazonの商品検索やカテゴリ検索結果のURLに [ &pct-off=90- ](90%割引きの場合)を追加して検索し直す方法です。

たとえばモニター(ディスプレイ)の掘り出し物を見つけたいととしましょう。その場合、以下のように検索窓に「モニター」と入力して検索したあと、ブラウザで表示されるURLの末尾に上記の文字を追加して再検索してください。

image

すると「90% OFF以上:・・・」と表示されて、見事掘り出し物のモニターに辿りつきました。

image

割引率を変えたい場合は、たとえば50%OFFで検索したい場合、[ &pct-off=50- ]と数字を変えればいいわけです。

【番外編】Amazonから無料でギフト券をもらう

最後は一番おススメのAmazon版アフィリエイトつまり「Amazon アソシエイト」です。

これはAmazonで安く購入することに直接関係しているわけではありませんが、個人が利用しているTwitterやブログ等で商品を紹介するなら、Amazonから2%以上の報酬をいただけるという制度を活用することで、その報酬をAmazonでの買い物に充てるというやり方です。

私もお世話になっています。

月500円以上の報酬に達すれば、Amazonギフト券がメールで送られてきます。(←設定が必要。現金の口座振り込みなら5000円以上にならないと翌月に繰り越される。)

そのAmazonギフト券を利用してAmazon内でお目当ての商品を購入すれば、結局商品をお安く購入できていることになるわけです。

AmazonアフィリエイトはTwitterだけでなく、無料ブログでも紹介できますので、リスクはゼロです。少々時間がかかるだけ。すぐに始められます。準備は以下の2点だけ。

  • 無料ブログサービスを開設して、一週間 日記(趣味に関する記事などでもOK)をつける。
  • Amazon アソシエイト・プログラム でユーザー登録して、ブログの記事の下にリンクを貼り付ける

詳細は「無料ブログ アフィリエイト」でググるとたくさん出てきますので、そちらを参照していただくか、以下の参考本を一度読んでみることをおススメします。

注意:Amazonは自己アフィリエイト、つまり自分が運営するブログのリンクから自分だけでなく家族や友人が商品を購入することは禁止されています。

この方法の最大の問題は、ブログをどうやって運営し続けるか?というものです。一番おススメは、ニュースに関する話題や趣味などの、とにかく何でもいいのでブログに記事を投稿するだけ。1日1記事で十分。

朝ビッグなニュースをチェックして、これをその日のうちに友人、家族と少しだけ話し、反応や意見をメモ。寝る前に自分の意見も加えて、投稿するだけ。時期にアクセスが増えてゆきます。

慣れれば、5分で済みます。ニュースはできるだけ、メジャーなもの。朝のニュースでも一日中話題となりそうなものがOK。自分の意見を書くだけは苦痛なので、友人、家族の意見を匿名でえ書きくわえます。そうするといつの間にかギフト券が送られてきますよ。それで欲しい物をAmazonで買えばOKです。

以上、Amazonでお安く買い物をする方法でした。ほかにも還元率の高いクレジットカードの利用というものもありますが、これはAmazonに限らず幅広い支払いに関連するので、別の機会にまとめてみたいと思います。

コメント