調子悪すぎ Windows Live メール から Outlook へ移行する方法

スポンサーリンク

「Windows Live メール」の調子が悪すぎです。メールをうまく削除できなかったり、削除していたメールが受信フォルダに復活していたりと散々。しかたなく Outlook 2013 へ移行しました。超簡単でしたが、ちょっとしたコツを知らないとトラブルが発生しますので、以下にメモしておきます。

「Windows Live メール」から Outlook2013 への移行で失敗しないためのコツ

まだ「Windows Live メール」を使ってんの?と言われそうですが、実はそうなんです。ヤフーメール(@yahoo.co.jp)を沢山作ってしまっていた時代の遺物をいまだに管理しておりまして、惰性で「Windows Live メール」で利用しておりました。このWindows メールクライアントはすでに開発が終わっている Windows Essentials のツールの一部で、その中には ブログ投稿ツールである Windows Live Writer  が含まれております。

つまり最近までこのブログへの投稿は Windows Live Writer を使っていたんです。そしてついでに「Windows Live メール」も。しかしすでに述べたようにトラブルばかり。開発が終わっているツールを長く使っても良いことないと Outlook2013に鞍替えしました。(以前も利用していたんですが、なんとなくしっくりいかず放棄)。

Outlook2013を使ってみると、意外に使えます。とくに、Googleカレンダーをオフラインで使えたり、Evernoteへ簡単クリップできたりです。

前置きが長くなりましたが、「Windows Live メール」からOutlookへ移行する点でつまずかないための唯一のポイントですが、それは Outlook を起動させた状態で「Windows Live メール」の全メッセージをエクスポートすることです。それだけで Outlook へメッセージだけでなくメールアカウントもインポートされるのです。

※ メールアカウントは手動で移行するしかなさそうです。

念のために以下にスクリーンショット付きで説明します。(←大サービス)利用している Outlook は2013版です。

まず Outlook2013 を起動させますが、アカウントの作成は「いいえ」でお願いします。

確認画面で「電子メール アカウントを設定しないで、 Outlook を使う。」を選択。

このまま Outlook を起動させた状態で、「Windows Live メール」を起動させ「ファイル」から「電子メールをエクスポート」から「電子メールメッセージ」を選択。

プログラムの選択は「Microsoft Exchange」を選択。

エクスポートを開始「OK」します。

フォルダーは「全てのフォルダー」を。

「Windows Live メール」のメッセージのエクスポートと同時に、Outlook へのインポートが処理されます。

これで終了です。あっけなく移行が終了しました。Outlook を見てみると、メールアカウントだけでなくすべてのメールも移行しております。

以上、「Windows Live メール」から Outlook 2013 への移行するコツでした。とにかく、Outlook の起動をお忘れなく。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事