スマートフォンの利用料金を節約する裏技3つのまとめ!iPhoneやアンドロイドの2台持ちの方だけでないよ!

スポンサーリンク

今やモバイル端末、携帯やスマートフォンの複数台持ちをしている人にはかなり役立つ料金を抑えて毎月の費用を節約する裏技のまとめです。

image

今ではiPhoneやアンドロイドのスマートフォン、されに使いなれた従来型の携帯電話など2台、3台持ちをしている人もかなりいるそうです。そこで、 デジタル – 日経トレンディネットに紹介されている記事が役立ちます。

その記事は、「iPhoneとAndroid、2台のスマホを月額7000円以下で運用する方法」というものでしたが、スマートフォンの一台持ちの方が月々の利用料金を安く抑える方法としても使える情報が記されています。その点を以下にメモしておきます。

1.Androidは格安SIMカードに変更する

まず、スマートフォン(アンドロイド)のパケット利用料を抑える方法ですが、以下のようになっています。

どうすれば、安く2台持ちできるか? NTTドコモのAndroidスマートフォン利用者という条件付きながら、使い勝手を損なうことなく、大幅にパケット代を節約する方法がある。NTTドコモのMVNO(仮想移動体サービス事業者)が販売するSIMカード、日本通信の「b-mobile SIM」やスーパー大手のイオンの店頭で取り扱う「イオン専用b-mobile SIM」を利用する方法だ。

つまりAndroidを日本通信のSIMカード「b-mobile SIM」を使えばいいわけです。このSIMカードは日本通信とイオンが月額980円でデータ通信プラン提供!「イディオス」にSIMカードを入れて使用!メールやSNS向け!に書いている通り、「ベストエフォート100Kbps」というプランなら、月額980円と格安!

image

確かにスピードは遅いですが、メールやSNS、Twitterのやり取りには何ら問題になりません。Wi-Fiが接続できる環境では、「b-mobile SIM」の3Gの接続を切って、Wi-Fiのみにすれば快適にネット接続可能です。

上記の記事では、Andoridのドコモの回線契約(FOMA)を以前使っていた携帯で使い、i-モードメールなどを使うという3台持ちにも触れられていました。

スポンサーリンク

2.スカイプなどの無料通話アプリ、IP電話「050 plus」通話料金を節約

無料の通話アプリとしては、定番のスカイプ(Skype for Android)や「Viber」がありますね。

しかし上記の記事では番号が通知できてビジネスに有利なNTTコミュニケーションズのIP電話サービス「050 plus」を利用する方法が紹介されています。そのサービスでは「050 plus(プラス)」とスカイプを比較!スマートフォンやPCで格安でIP電話可能に!利用法と料金は?でも紹介している通り、以下の料金体制になっています。

  • 月額基本料金・・・315円
  • 通話料金・・・
    ■ プロバイダー経由のIP電話への通話・・・無料(わずかに一部有料)
    ■ 固定電話への通話・・・・・・・・・・・3分 8.4円
    ■ 携帯電話やスマートフォンへの通話・・・1分 16.8円

したがって、月に固定電話へ8分以上、また携帯(スマートフォンも含む)なら12分30秒以上利用すると、月額基本料金の315円の元が取れるわけです。

image

3.メッセージアプリでショートメッセージ(SMS)代も節約

意外と料金がかさばるのショートメッセージサービスです。メールアドレスを知らない相手にも、携帯会社が違っても短いメールが送れる各社共通のサービスです。これが結構重宝します。しかし、携帯会社が違うと1通3.15円かかってしまうのが難点です。

しかし、上記の記事では以下のうなメッセージアプリを活用することでほぼ無料に抑えれることができるとのこと。

■ 電話番号が使える「NEVER Japan」の「LINE」
■ Facebookのメールを受信する「Facebook Messenger
■ Twitterの「Pop’n DM」(85円の有料)

上記の3つの方法で、スマートフォンを1台でも複数台持っていても利用料金を節約してゆけるわけですね。納得!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事