日本通信とイオンが月額980円でデータ通信プラン提供!「イディオス」に「b-mobile SIM」カードを!メールやSNS向け!

スポンサーリンク

公平な3G回線利用を推奨している日本通信ですが、この度イオンと協業でメールやTwitterやFacebookなどのSNSだけしか使わないユーザー向けの3Gデータ通信プラン「b-mobile SIM」の「月額定額980円:ベストエフォート100kbps」を始めました。「イディオス(IDEOS)」に専用SIMカードを利用して使うことが想定。2台目としてスマートフォンの利用者ならこれで通信費の節約になりそうです。20110610170304

2011年12月21日追記:「b-mobile SIM」の月額定額980円プランは、ドコモのアンドロイドスマートフォンにも利用でき、通信費(パケット第)を5分の1に抑えることで大人気が出ています。メールやTwitter、SNSの利用では問題なしのスピードです。大手スーパーのイオンで販売中ですが品薄状態とのことです。東洋経済オンライン

SIMカードを使った3Gデータ通信プラン「b-mobile SIM 月額定額980円」は日本通信とイオンリテールのコラボサービスです。

ケータイ端末として2台目をスマートフォンにしている人は、ほとんどがデータ通信(パケット通信)だけでしょう。その料金プランはフラットタイプのパケット定額は5500円以上かかりますね。

しかしダブル定額で費用を抑えようとしても、使い過ぎを考えてプラットにする方がほとんどではないでしょうか?しかし結局はメールやTwitter程度しか使わない月が続いたりします。

そこでSIMロックフリーのスマートフォンなら、新しいプランである日本通信のb-mobile SIMシリーズの「月額定額980円」がお勧めかも。これは「ベストエフォート100Kbps」でメールやTwitterなどのSNS、検索での調べ物などがが中心の方向けです。日本通信のスマートフォン「IDEOS(イディオス)」」にSIMカードをセットして利用することが想定されています。通話も利用したいなら、月額480円をプラスするなら音声通話も可能になります。日本通信株式会社

他にもベストエフォート速度によって、以下のプランがあります。

20110610171310

なお上記の3Gデータ通信の980円定額サービスは6月10日から、イオン14店舗で販売がスタートします。

ケータイやスマートフォンで通信費が家計に占める割合が増えているご家庭ではちょっと目線を変えて、プランを吟味しなおしてもいいかも。音声通話もプラスすれば、一台目の主要なケータイ端末として使えますから。なお小遣い程度で使えるスマートフォンとして 日本通信 IDEOS スマートフォーン 10 日間の定額データ通信付き BM-SWU300 (モバイルからは ⇒日本通信 IDEOS スマートフォーン 10 日間の定額データ通信付き BM-SWU300の詳細をご覧になれます。

(モバイルからは ⇒日本通信 IDEOS スマートフォーン 10 日間の定額データ通信付き BM-SWU300