PDFにパスワードを設定する方法とは?Wordなくても暗号化OK!

スポンサーリンク

PDF文書にパスワードを設定して閲覧制限をかける方法です。有料の Adobe Acrobat が無くてもマイクロソフトの Office Wordなら超簡単です。またパソコンにWordが入っていなくてもフリーソフトで仮想プリンタを利用するという方法でもOKです。以下の方法でしっかりPDFを暗号化しちゃいましょう。

PDFに閲覧用パスワードをかける方法

メールで内密のPDFファイルを送る場合、勝手に他人が閲覧できないように、また万が一誤送信した時にPDF文書を開けないようにパスワードを設定する必要があります

(PDFパスワードロックは常識ですが、面倒なので設定していないユーザーが多すぎです。面倒なのも分かります。パスワードを簡単すれば、簡単に破られますし、複雑なものにすると閲覧を許可する相手にそれを教えるに工夫が必要になるからです。)

前置きはそれくらいにいして、さっそくPDFにパスワードをかける方法として以下に2つを紹介します。マイクロソフトOffficeをインストールしている場合とそうでない場合です。

WordでPDFへ変換する際にパスワードを設定

Office Wordがインストールされているなら、閲覧制限を設定したPDF文書を作成するのは簡単です。元々と搭載されている機能を使うだけです。ただしその機能にたどり着くのが分かりにくいですけどね。(以下は Office 2013 の場合。)

まず、PDFに変換したい文書を表示させてメニューから「ファイル」をクリック。

2015-04-06_12h06_04

メニューから「エクスポート」を選択し「PFD/XPSの作成」をクリック。

2015-04-06_12h09_12

次がPDFパスワード化の肝です。右下に「オプション」ボタンが小さく表示されています。これが実に気付きにくいわけです。これをクリックします。

PDFを保存するフォルダを選択する画像

メニューの最後にリストアップされている「ドキュメントをパスワードで暗号化する」にチェックを入れて「OK」をクリック。

ドキュメントをパスワードで暗号化する

送信相手に分かりやすく、かつ第三者に分かりにくいパスワードを作り、それを2回入力します。最後に「OK」をクリック。

PDFドキュメント暗号化で6~32文字を入れる

最後に「発行」ボタンをクリック。

暗号化されたPFDの作成ボタン

無事に作成されると、パスワードのテスト画面が表示されます。上記で作成したパスワードを入れて「OK」を押し確認してください。

2015-04-06_12h31_17

これで Office Word で無事に暗号化されたPDFファイルが作成されました。

スポンサーリンク

フリーソフト「CubePDF」を利用してロック

さて、次にお待ちかね方法です。Office がインストールされていなくても、無料のソフトでPDFにパスワードをかける方法です。 CubePDF  をというPDF作成ソフトを利用して仮想プリンタを利用する方法です。ファイル形式を問わずパスワードで暗号化されたPDFファイルに変換可能です。(Windows 8.1 で確認済み)

インストールや利用法は、以前に書いた PDF作成ソフト「CubePDF」はセキュリティ設定も充実したフリーソフト!インストールと使い方とは? を参照すれば分かると思います。

※ フリーソフトらしく宣伝をGoogle Chrome のブックマークに入れるオプションにディフォルトでチェックが入っています。追加したくない場合はインストール時にご注意ください。

2015-04-06_13h07_56

※ またこのフリーソフトをインストールすると、2015年04月06日の時点で 「Cubeウイジェット」というソフトも強制的にインストールされます。インストールされるとディスプレイの右下にニュースが配信されるウィジェットが表示されます。アンインストールしたい方は、コントロールパネルから「プログラムと機能」から「CubeWidget」を探してアンインストールしてください。

2015-04-06_13h43_46

このフリーソフトを利用してパスワードが掛かったPDFファイルを作るのは超簡単です。要は仮想プリンタとしてインストールされた 「CubePDF」を選択して「印刷」を実効するだけ。ですから、印刷機能がついているドキュメント編集ソフトなら何でもOKです

以下に「メモ帳」を使って説明します。暗号化(パスワードでロック)したいドキュメントを「メモ帳」で作成し「印刷」を実行します。インストールされたプリンタ選択の中にある「CubePDF」を選択。

メモ帳を利用してPDFファイルを仮想印刷する

「セキュリティー」タブから「パスワードによるセキュリティーを設定する」にチェックを入れ、作成したパスワードを2回入れます。「PDFファイルを開く際にパスワードを要求する」にもチェックをどうぞ。最後に「変換」をクリック。
(※ 「閲覧専用のパスワード」にチェックして、そのパスワードを設定し「印刷を許可する」などの権限を指定しておくことも可能です。)

セキュリティータグからパスワードを設定する。

これでデスクトップにパスワードでロックされたPDFドキュメントが作成されました。

 実際に「CubePDF」で作成されたPDFを開こうとすると以下のようにパスワードを入力するように要求されます。めでたく暗号化に成功しているわけです。

PDFを閲覧するためにパスワードが要求される

以上、PDFにパスワードをかける簡単な方法でした。少しだけ手間がかかりますが、しっかりセキュリティー対策を施しましょうね。しかも無料でね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事