どこまで本当?「iPhone5」と「iPad3」の新情報!ディスプレイが大きく金属ボディに!発売日は来年夏に

スポンサーリンク

この前「iPhone5」(アイフォン5)が発売されるという報道がありましたが、結局「4S」となり、多くのアップルファンはがっかりしました。しかし、再び新型「iPhone5」や「iPad3」の、「きわめて信頼できる情報筋」と表しながらも、極めて憶測ともとれる最新情報が明らかになりました。それをいくらかまとめます。

image

2012年3月8日追記:米国時間の3月7日に第3世代iPadが発売されました。新アイパッドの名称は「iPad3」ではなくただの「iPad」です。どうやらアップルはiPadの再定義を行いたいようです。第3世代「ipad」は2012年版、第3世代「iPad」(アイパッド)は4倍の解像度でクアッドコア!日本での発売日は?|アマモ場でまとめています。

「iPhone5」はディスプレイサイズとボディに変更?

まずは「iPhone5」(アイフォン5)ですが、以前から情報が飛び交っていたディスプレイサイズの変更です。これまでのアイフォンのディスプレイは3.5インチで、「4S」の解像度は960 x 640でした。しかしそれが一回り大きく4インチになるというのです。(上記の画像はちょっと大げさに拡大してみました。) iLounge Backstage

image

このアイフォンのディスプレイサイズの変更は、他のスマートフォンが4インチが主流になっていることに、かなり影響されているようです。ちなみにサムスン電子の人気モデル「ギャラクシーS2」は4.5インチです。ですから「iPhone5」が4インチになっても、そこまで大きくなったとは感じない。

私の好みでは、アイフォンはこれまで通り3.5インチでいいと思います。そちらの方が手が欧米人より小さい日本人、特に女性にとっては取り扱いが容易ですからね。

ボディが金属に

さらに、同情報筋によると、「iPhone5」は金属ボディになるらしいのです。電波の受信感度の問題で、この金属ボディ説もかなり前から飛び交っていました。しかし「4S」では実現していません。本体の重量が重くなったり強度が悪くなるからでしょうか?「金属ボディ」説も信頼できるかどうかはかなり不透明です。

新型「iPad3」

さらに上記の記事では、新型「iPad3」の情報も含まれています。これまで薄さを追求していたアップルのタブレットPCでしたが、なんと今回は0.7mmほど厚くなるというのです。わずか0.7mmではありますが、進化ではなく後退であると言えるかもしれません。

ハードのスペックを向上させるあまりどうしても厚くならざるおえないとのこと。その点では、「iPad3」の性能は飛躍的に向上すると期待できるかもしれません。というのが、解像度が「iPad2」の1024×768から一気に4倍に上がり、2048×1536になりそうなのです。きめ細かな映像や鮮明が文字が表示できそうですね。

RBB TODAYによると、「iPad3」は2012年の後半に、7.85インチのディスプレイを搭載して発売される可能性があると複数の海外メディアが報じたとのこと。アマゾンの「キンドル ファイア」を意識してしてか一回り小さくなると憶測されています。
スポンサーリンク

「iPhone5」の発売日

ちなみに同記事では「iPhone5」の発売日は来年(2012年)の夏という情報をつかんでいるようです。アイフォンは世界同時発売が基本ですから、日本でも発売日は2012年の6月か7月あたりでしょうね。この発売日はあまり真に受けずに聞き流してください。そのために「4S」を買い控えている方に対しては責任は持てませんから。

いずれにしろ、新型「iPhone」や「iPad」の新情報が流れればこのブログで速攻で記事にしていきたいと思います。定期購読は右上メルマガ購読の案内か、その下のRSS登録をどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事