iPhone でワンセグを見る方法 リアルタイムでテレビ番組を視聴できる?

PC,モバイル

近づいているサッカーワールドカップをiPhoneでリアルタイムで観戦できたら嬉しいですよね。でも残念なことにiPhoneにはワンセグチューナーは搭載されていません。でもiPhoneでワンセグを視聴することは可能です。以下に説明しますが、おすすめは価格が1万円以下の携帯ワンセグチューナーです。しかも録画できてiPhoneのデータ通信を消費しません。

スポンサーリンク

ワンセグ携帯チューナー

上記の ピクセラ iOS対応モバイルテレビチューナー PIX-DT350N が一番人気のiPhone/iPad専用のワンセグTVチューナーです。しかも受信状態がよければフルセグまで視聴可能です。

しかも番組を録画する機能が搭載されています。番組再生中に保存したいシーンで録画ボタンを押すだけです。保存先はiPhone本体です。

このチューナーのメリットは、消費電力が少なくチューナー本体にバッテリーが搭載されていないので、非常にコンパクトかつ重さ15gと非常に軽量なこと。(ただしiPhoneのバッテリーを消費します。)

Blutoothイヤホンに対応しているので、音声で周りに迷惑をかけることもありません。

さらに2018年6月に上記の省電力タイプをさらに進化させ新型が登場しました。

iPhoneでワンセグ・フルセグ テレビを見れる チューナー 最新モデル XIT-STK200-LM。

上記の最新モデル「XIT-STK200/-LM」は録画できるだけでなく、専用視聴アプリである「Xit(サイト)」を利用できます。このアプリはネットでWEB閲覧しながらテレビ番組を視聴できたり、番組タイトルの横に表示されるサムネイルから、番組内容や出演者情報を確認可能。またリアルタイムの視聴ランキングも確認でき、話題の番組を見逃しません。

またBluetooth対応ワイヤレスイヤホンやヘッドホンで周りを気にすることなくiPhoneでテレビを見れますよ。一番おすすめです。カラーバリエーションはネイビーブルーの XIT-STK200 とホワイトの XIT-STK200-LM の2種。

私はこのチューナーの前モデルを利用してiPadでテレビをリアルタイムで視聴していますが、非常に安定しており快適にテレビ番組を視聴できています。

iPhone/iPadでテレビを見る方法!ワンセグやフルセグもこれでOK
「通勤中や休み時間にiPhoneでテレビを見たい!」という衝動をどうしても抑えられない方は必見です。iPhoneやiPadでワンセグTVやフルセグTVを快適に見る方法を幾つか紹介します。中でも一番快適に視聴できるものは”ワンセグ/フルセグ兼用”の小型チューナーですよ。

他にもいくつかワンセグチューナーを以下にあげておきますが、フルセグを見られなかったり、録画できないといった欠点があります。たとえば、以下のワンセグチューナー。

確かに、お値段は非常に手ごろなiPhone/Android 対応チューナーです。

価格以外のメリットとして、iPhoneとWi-Fiで接続できますので、ポケットやバッグに本体を入れたままでワンセグを視聴できます。しかも録画まで可能です。

しかも本体のバッテリーでiPhoneを充電することも可能です。急なバッテリー切れには重宝しそうです。

デメリットはフルセグが視聴できないこと、つまりワンセグだけ視聴可能な点。また、Wi-Fiで接続するのでインターネットでのデータ通信は利用できません。ただし音声待ち受け、つまり電話は使えます。

またiOS11への対応が遅れている点もデメリットかもしれません。購入を検討されている方は、最新のOSに対応していることを確認すことをお勧めします。

ハードディスクレコーダー

iPhone でワンセグを見る方法として上記のように携帯型ワンセグチューナー以外にも、自宅のチューナー付きハードディスクレコーダーで録画したものを外出先の iPhone で視聴するという方法があります。

これはハードディスクレコーダーがネットワーク接続でき NAS のように利用できるタイプのものであれば可能です。

たとえばパナソニックのブルーレイレコーダー「DIGA」シリーズで「おうちクラウド」機能付きなら、レコーダー本体に保存されたテレビ番組を外出先で視聴できます。iPhoneに限らず、Androidスマホでも可能です。あまり使っている人は多くないようですが・・・。

このハードディスクレコーダーでテレビ番組を視聴するメリットは、携帯型のワンセグチューナーを持ち歩かなくても良いことです。ネットにつながったスマホがあればいつでもどこでもテレビ番組を視聴できるのはいいですね。しかもワンセグではなくフルセグつまり高画質で録画したもが視聴できます。(※ 画質は録画時点での設定に依存しています。)

しかしデメリットとしては、対応ハードディスクレコーダーの価格が高いという点や、 Wi-Fi の届かないところで番組を見ると、モバイルデータ通信を消費することにあります。つまりギガ死になりやすいです。

さらにデメリットとして、リアルタイムではなく録画したものしか視聴できないという点にあります。

以上のようなデメリットが多いハードディスクレコーダーは、家庭の無線 LAN 接続などWi-Fi環境下で録画したものを見るためのものだと考えた方が良いでしょう。メーカーのWebページの説明でも、リビングにあるハードディスクレコーダーに接続しながら、子供部屋や寝室で寝っ転がって録画番組を視聴できるメリットが強調されています。

もしご自宅のハードディスクレコーダーの買い換えが近づいているのであれば、外でも録画した番組を iPhone で視聴できるタイプのものを購入することができるかもしれません。

まとめ

以上 iPhone でワンセグを見るための方法をいくつか取り上げましたが、一番おすすめなのはやっぱり録画もできて電波の良いところではフルセグも見れる携帯型テレビチューナーをお勧めします。

こっそりリアルタイムでワールドカップの日本戦を見れるのは嬉しいですよね。

コメント