ドコモの強制加入オプション「スピードモード」とは?解約する方法は?

スポンサーリンク

またドコモにやられました。ショップでの契約時にオプション「スピードモード」に強制加入させられていました。解約していなかったので、パケットパック小の2倍に跳ね上がりました。同じ目に遭っている方のために、一筆以下にメモしておきます。スピードモードとは?確認と解約方法は?

ドコモ契約時にスピードモードに強制加入させられていたiPhone6

スピードモードとは

先月ドコモのiPhoneを契約して、様々な有料オプションに加入させられましたが、無料期間が過ぎる前に解約したことはすでに以下のページで紹介しました。

しかし死角がありました。それはスピードモードです。強制加入させられていたことは、データ利用量を確認してから発覚。

ドコモの利用データ通信量

ショップの店員さんから「どうせ使わなければ料金は発生しないから」と言われて安心した記憶がありますが、まさか自動で発動つまり課金されていたとは!

先月は合計4.11GBも利用。内訳は以下の通り。

  • パケットパック(S)・・・2GB
  • ボーナスパケット・・・・・1GB
  • スピードモード・・・・・・1GB

ところで使わなければ課金されないはずの「スピードモード」ってなんやねん。

もっと便利に・もっとおトクに | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモの公式ページに書いてある通りなんですが、分かりにくいですね。

私が理解するスピードモードとは以下の通りです。

スピードモードは1GBごとに限度容量を1~10GBをあらかじめ指定しておきます。

たとえば「パケットパック小(2GB)」に加入しさらにオプションとして「スピードモード5GB」を付けていたとします。同月中に2GBを越えたら、自動で最大5GBまで1GBごとに1000円ずつ課金されます。しかし、同月内に追加合計5GB(全体で7GB)を越えたら、課金はなくなりますが、スピードは128kbpsに制限されるという具合です。

ドコモのスピードモードの図解

確かにスピードモードに契約しても、使わなければ課金されません。でもこれがワナとなるわけですね。すでに理由はお分かりと思います。

※ 一方「1GB追加オプション」は1GBごとその都度手動で申し込むオプションで、1GBごとにスピード制限を解除できます。自動でないので安心して使えます。課金は同じく1GBごとに1000円です。

私の場合は、ドコモにMNPしたときにショップで「スピードモード1GB」に加入させられていました。

このおかげで、同月内でパケットパックデータ量を超過し自動で1000円課金されてわけです。実際その追加された1GBも消化してしまっていますが、それ以上は課金されずに済みました。

スポンサーリンク

解約方法

私と同じように、スピードモードに強制加入させられているドコモユーザーで、スピードモードは必要ないと感じる方は、以下の手順で速やかに解約しましょう。解約方法は以下の通り。

※ 注意点として、スピードモードを解約した月の末日まで有効ですから、パケットパック小(2GB)のデータ量を超えないように注意する必要があります。

dメニュー>お客様サポート>契約内容確認などオンライン手続き>どこもオンライン手続き>ドコモIDでログイン>スピードモード(2P目)>

「ご契約中スピードモード1GB」の「変更・解約」へ。

スピードモードの変更・解約

加入させられていた容量を選択します。私の場合は「スピードモード(1GB)」ですから、それをタップ。

容量ごとのスピードモード追加オプション

スピードモード解約の手続き内容と注意事項を同意にチェックして、解約手続きを完了させます。

スピードモード解約の手続き内容と注意事項をチェックする。

これで、強制加入オプションのスピードモードを無事に解約できました。しかし、月末まで有効ですので、基本的にパケットパック2Gを越えてしまうとスピードモードが発動され、1000円課金になるので注意しましょう。

以上ドコモの強制加入オプション、スピードモードのワナでした。

なお私はドコモとのお付き合いを解消、つまり解約しました。つまりMNPして格安スマホに乗り換えました。月々の支払が3分の1になり、精神的に楽になりました。そのあたりは ドコモ「2年縛り」と解約金を詳しく解説!格安スマホへMNPは簡単だった!  で解説しております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

コメント

  1. 西川水枝 より:

    スピードモード以前解約していたのに、一月に課金されていました。夫婦年金生活になったらauに替えます。