ドコモの980円新プラン「シンプルプラン」実はこんなプランだった

スポンサーリンク

ドコモは格安スマホへのユーザー流出への食い止め作戦を開始しました。これまでドコモのスマホは、au やソフトバンクのスマホと異なり「カケホーダイ」しか選択できなかったわけですが、月々980円の「シンプルプラン」という新たなプランを導入し、「カケホーダイ」以外の選択肢を準備しました。でも「シンプルプラン」って1人で使えないの?

ドコモ 月々980円の「シンプルプラン」とは

通話しないユーザー

元 au ユーザーの私はiPhone5で初めてスマホを持つようになったわけですが、当時は934円の「LTE」プランで利用していたのを覚えています。 au 同士は1時~21時は無料で、他社への通話は 20円/30病 という極めて通話に神経を使うプランでした。

「かけ放題」全盛(?)の時代に auは今でもこのプランを存続させていますが、これってLTEフラット(7GB、5,700円/月)とセットでしか加入できないんですよね。合計約 7500円です。

データ通信をあまり使わないユーザーなら 4,900円/月 の「5分かけ放題」(1700円+300円+2900円「データ定額1」 )に入ったほうが得です。

スポンサーリンク

ドコモ「シンプルプラン」は家族向けだった

ドコモの話だったのに、auの話になってしまって恐縮です。

実はauからドコモに乗り換えた経験のある私にとって、ドコモを安い料金で利用できるようになっていることは気になます。

※ 今ではさらにドコモから楽天モバイルへ乗り換えているのですが・・・。 ドコモ「2年縛り」と解約を徹底解説!格安スマホへのMNPは簡単だった!

つまりドコモはカケホーダイ以外に選べる「シンプルプラン」を導入したわけですが、これってどんなプランでしょうか?

当然ですがカケホーダイではありません。20円/30秒 という超お高い通話プランです。ドコモ同士でも同様です。ただし、家族同士は無料というもの。

でも「シンプルプラン」って、家族と一緒にシェアパックを利用している場合しか、加入することができないんですよね。1人でドコモを利用しているユーザーは利用できないのです。残念すぎます。

イメージ的には、すでに家族でシェアパックを利用しているユーザーに適用できるプランなのです。カケホーダイは必要ない家族ユーザーのためのものなわけですね。

したがって、子回線の一つを「シンプルプラン」にする場合の料金は、

980円「シンプルプラン」+ 300円「SPモード」+500円「シェアオプション」=1780円/月

ということになります。

家族でドコモのスマホを利用している方は、いいかもしれませんね。

家族3名でのシミュレーション

たとえば、両親2名と子供1名の家族3名でドコモの「シェアパック5」を利用する場合、

父・・・980円「シンプルプラン」+ 300円「SPモード」+6,500円「シェアパック5」=7,780 円/月

母・・・980円「シンプルプラン」+ 300円「SPモード」+500円「シェアオプション」=1780円/月

娘・・・980円「シンプルプラン」+ 300円「SPモード」+500円「シェアオプション」=1780円/月

合計 11,340円

※ 家族同士の通話は無料。それ以外は 20円/30秒。

となります。全員「カケホーダイ」よりはかなり料金的にはメリットありますね。

家族でドコモを利用されている方は、月々の通話利用状況を確認し、あまり通話していないユーザーにがいれば、「シンプルプラン」に変更しても良いかもしれませんね。

以上、2017年5月24日から提供開始するドコモの新基本プラン「シンプルプラン」の話でした。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事