auから防水エクスペリア・アクロ「Xperia acro HD IS12S」登場!ワンセグありだがWiMax未対応が残念

スポンサーリンク

auの春モデルのなかで一番人気になりそうな新型「エクスペリア・アクロ」が登場しました。「Xperia acro HD IS12S」です。うれしいのはワンセグやおサイフケータイなどのガラパゴススマートフォンであること。残念なのは、WiMaxが未対応な点です。

image

「Xperia acro HD IS12S」

auから同時発表で紹介された「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」と違って、新型「エクスペリア・アクロ」であるソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社製の「Xperia acro HD IS12S」はWiMax対応(受信最大40Mbps)ではなく、「Win Hight speed」(受信最大9.2Mbps)な点です。

ですから、Wi-Fiテザリング機能は搭載していません。Wi-Fi対応のゲームやタブレット端末、モバイルPCなどを利用しない方は、この「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」で十かもしれません。屋外でのモバイル端末はスマートフォン一つで十分と考える一般のユーザーは、ワンセグなどが付いていますので十分ハイスペックなスマートフォンだと言えそうです。

実はほとんど同じ端末は、ドコモより「Xperia acro HD SO-03D」として発表されています。スペックはほとんど同じです。ちなみにドコモ版も高速通信規格であるクロッシ(LET)に未対応です。

image

スペックはサクサクCPUである1.5GHzデュアルコアです。これまでのエクスペリアではあまり聞かれなかった防水・防塵機能が搭載しており、ケータイユーザーで一番のトラブルである”水没”で故障する機会が減りそうな端末になっています。(Xperia acro HDをわざと水に浸してどこまで故障しないかと試したりしないでくださいね。)

以下は基本スペックです。

  • 本体・・・サイズ約66 ×126 ×11.9 mm。重さは約149gで少し重いです。
  • ディスプレー・・・約4.3インチTFT液晶のHD (1,280×720) 「HD Reality Display」対応。「モバイルブラビアエンジン」などで、写真や動画を高画質で表示。
  • カメラ機能・・・背部に1基1210万画素/CMOS(約1.5秒の高速起動&撮影。約0.5秒の連続撮影可能)。前部に1基 約130万画素/CMOS
  • バッテリー・・・連続通話は約570分。待受時間約330時間
  • メモリ・・・外部メモリはmicroSDHC (最大32GB)対応。
  • 通信・・・Wi-Fi (IEEE 802.11b/g/n)、BluetoothR (2.1+EDR)

その他のサービス

  • メール・・・キャリアメール (~@ezweb.ne.jp)、SMS (Cメール)、緊急速報メール、デコレーションメール
  • ガラパゴス機能・・・ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信

カラーバリエーションは以下の2色です。女性にぴったり「エクスペリアアクロ」だけにピンクがかなり売れると予想しております。

image

同時発売のau春モデルスマートフォンや最近の発売の端末の機能比較は以下の通り。

image

冬モデルの「ARROWS Z」に比べて、WiMax、Wi-Fiテザリングが未対応なだけですが、必要性を感じない方はこれで十分高機能なスマートンだと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事