「Apple Watch」の評価!性能面では真のスマートウォッチとは言い難い?

スポンサーリンク

2015年に発売予定と発表された「Apple Watch 」のことを「滑らかに動くのでしびれる」みたいな絶賛の声が聴かれる一方で「他社製ウェアラブルデバイスと機能はほとんど同じで斬新さに欠ける」、「湾曲ディスプレイじゃなくてがっかり!」みたいな意見もかなりあります。どうやら機能的にみると「Apple Watch」を真のスマートウォッチとは言い難いようです。

Apple Watch


「Apple Watch」には斬新な機能に欠ける?

当然ネーミングは「iWatch(アイウォッチ)」と予想されていた腕時計型ウェアラブルデバイス「Apple Watch(アップルウォッチ)」の全貌が明らかになりました。

「Apple Watch」の本命機能はヘルスケアやフィットネス面での機能ですが、その点で他社製のウェアラブルデバイスの機能はすべて網羅しています。運動距離、移動距離、脈拍数、消費カロリーの記録など、それらを母体のiPhoneで詳細分析が可能です。

さらにiPhoneの着信を「Apple Watch」で受けられ、通話やメール閲覧や送信が可能ですし、Siriも使えて小さなディスプレイに地図を呼び出しナビゲートもしてくれます。対応アプリが増えればiPhoneの様々な機能を呼び出せるようになります。でもその多くはiPhoneという母体が無ければ使えません。

目玉機能として強いてあげるなら、NFCモバイル決済である「Apple Pay」対応である点です。日本で普及するならばですが、わざわざiPhoneをバッグから取り出さずに済むので便利でしょうね。

真のスマートウォッチとは言い難い

どうやら「Apple Watch」は巷に転がっているウェアラブルデバイスやスマートウォッチとほぼ変わらず、斬新な機能は搭載されていませんでした。

デザインは湾曲ディスプレイを期待していた熱狂的なAppleファンに落胆を与えてしまいました。

カメラ機能もありません。スパイ活動もどきの撮影は必要ありませんが、自撮りしながらFaceTimeといった使い方もできません。

おまけに、防水は日常防水ですからお風呂はおろかスイミングプールや海でのジャブジャブ利用は不可能。

バッテリーは毎日充電する必要があるほどの非力さです。今の時代、よほど愛着がない限り毎日充電しなけらばならない時計を使い続ける人はいません。毎日ねじを巻かなければならなかった古時計の時代にタイムスリップしてしまうようなものだからです。「Apple Watch 」もバッテリー面から見れば同様と言えそうです。とは言っても来年の発売までに改善されるかもしれません。1日が数日に伸びる程度でしょうけど。

単体での通信機能はない

すでにSimカードを搭載し単体での通信機能を持たせたスマートウォッチは登場してます。個人的には3万円以上する「Apple Watch」にも単体で通信可能な真のスマートウォッチの姿を見たかったのですが、今回の発表で落胆させられました。

iPhoneを持ち歩かなければ、「Apple Watch」の機能をフルに発揮できないのは、究極のウェアラブルデバイスと言いがたいですね。

ここまでで「Apple Watch」のマイナス面ばかり取り上げてしまいました。まとめてみると以下のとおり。

  1. 単体での通信機能なし
  2. デザインがしょぼい
  3. カメラ機能なし
  4. 防水がお粗末
  5. バッテリーが1日しか持たない

私が期待する究極のウェラブルデバイス(またはスマートウォッチ)とは程遠い代物です。でも、それをApppleに期待するのは無理な話で、現代の技術はまだそこまで到達してないわけです。Appleでさえ構想から数年をかけてもこの程度のものしか開発できなかったわけですから。(とはいっても素晴らしい機能が盛だくくさんですけどね。)

「Apple Watch 」があれば痩せられる!という価値観?

もっと健康になりたい、ダイエットしたいという理由で健康器具を購入したものの、2,3回使って押し入れに眠らせたという人はかなりの数に上っています。我が家でも4,5台は眠っています。(足をブルブルさせたり、腕を広げたり、ぶら下がったり、寝ながら巻いておくだけで痩せる、などの器具です。万歩計は2機あります。)

今回発表された「Apple Watch」も、押し入れ行きとは言いませんが、時々メールやSNSを確認するただの時計になり下がってしまう可能性があります。誰でも「Apple Watch」があれば運動やダイエットのための習慣が確立するはずだ考えるのは極めて甘い!

でも来年 正式発売する時までは様々な課題を克服し、真のスマートウォッチに少しでも近づいてくれればと思います。少なくともバッテリーの持ちは何とかして欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事