アイウォッチ(iWatch)iPhone6と当時発売に!単体では動かない?

スポンサーリンク

iPhone6が正式に発表されると予想されている9日9日に「アイウォッチ(iWatch)」も同時発表されそうだとネットで騒がれています。実に気になりますな。でもそれが本当なら「アイウォッチ」は単体では単なる腕時計でしかない可能性も浮上します。

Goodなデザインのアイウォッチ(iWatch)

Appleは米国において医療機関と直接連携することができる初のウェアラブルデバイス「アイウォッチ(iWatch)」を製造していることは知られていました。しかしiPhone6と同時に発表されるというリーク情報はあまり見かけませんでした。

しかし今日、日本メディアが一斉に Re/code をネタ元に「アイウォッチ」がiPhone6と同時発売されると二次報道しています。

それが真実だとすると魅力的なデザインを装うであろう「アイウォッチ」はiPhone6と連携して初めてその真髄を発揮すると考えられます。ということは単体では単なる腕時計でしかない可能性があります。

「それじゃ、スマホを面倒と感じるシニア層の健康管理ツールとしては利用価値がなくなるじゃん!」ということになるかも。つまりiPhoneなどのiOS端末を母艦にしないと役に立たないなら、体調管理の必要があるシニア層にがっつり食い込むことは難しいんじゃないでしょうか、という話になるんじゃないかと。

最近はSIMカードを搭載して単体で通信できる腕時計型デバイスもちらほら発売されていますので、「アイウォッチ」にもそれを期待していたんですけどね。

単体で通信できる腕時計型デバイスは究極のモバイル端末となりすから、アップル初のウェアラブルデバイスが初めから通信機能を付けて発売したら、あとが続かない!ということで目玉機能は今後追加してゆく販売戦略を取ることはあり得ます。アップル製ならひとまず買っておこうという熱狂的なファンが世界中に存在するわけですから。

以上、近づく9月9日にiPhone6と同時発売されるとリークされた「アイウォッチ」情報でした。単体で機能するかどうかはその時に判明しますから、どうでもよい話だったかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事