楽天生命保険へ社名変更したアイリオ生命の大英断!「その保険大丈夫?」とは言われなくなりそうだが・・・

スポンサーリンク

2013年4月1日にアイリオ生命保険は楽天生命保険株式会社に社名変更するようです。エキスパートアライアンス時代からグループ企業を統率してきた中川博迪氏の大英断です。それにしてもアリコやアクサを日本の一流保険会社に育てたほどの人物が、長いものにまかれたのはいったいどうしてか?

アイリオ生命保険株式会社」から「楽天生命保険株式会社」へ

楽天生命へ

アイリオ生命保険をご存じの方は全国にどれほどいるだろうか?「アイリオ生命?それって何?危なくないの?」と、私の友人でもあるアイリオ生命の保険外交員(代理店)は幾度となく聞かされに違いありません。(私はお世話になっています。)

image

その友人から拝見させてもらったのが上の通知です。「アイリオからのお知らせ―社名変更について」と題して、予定では2013年4月1日から「アイリオ生命保険株式会社」から「楽天生命保険株式会社」となるそうです。

アイリオ生命の軌跡

今回、楽天生命へ社名変更するアイリオ生命保険をよくご存じない方のために、その軌跡を簡単に記したいと思います。創業者は中川博迪氏であり、アリコ時代に社員から副社長に上り詰めた後あっさり退社。その後単身でフランスに渡り、アクサ生命を日本に引っ張ってきました。特定非営利活動法人 中川希望塾|TOP

image

アクサも軌道に乗ろうとしていた時に社長職をまたもや辞任し退社。エキスパートアライアンス株式を立ち上げ、ジョーズレッカーサービスに特化した共済事業を始めました。マックエイドといいう生命保険とがん保険抱き合わせた画期的商品を武器に、連鎖販売システム(ネットワークシステム)で共済事業を急成長させました。

折しも保険業法改正によって、共済事業を廃止せざる負えなくなり、共済事業部を独立してアイリオ生命に転身させました。

ノルマが厳しく

アイリオ生命の現在の現在の業績の詳細は不明ですが、私の友人で代理店をしていた方はすでに廃業しております。口コミで多段階の収入を得ていた時とは違い、一般の保険募集人のようなノルマがひどくこたえたらしいのです。当初は数件だったたノルマが、1年前には年間20件以上になったと聞いています。(きつかったでしょうね。)

酷なノルマを強いらねばならないほどの状況ですから、業績はかなり伸びていなかったのかもしれません。同時にネットの波が保険市場を襲っていましたから。

スポンサーリンク

アイリオ生命の社名変更という大英断の効果は?

ここで、中川博迪氏の大英断となるわけです。「世のため人のため、ちょっとだけ自分のため」というアイリオ生命のロゴに込められた精神をどこまで加味して、楽天生命保険への社名変更を許したのでしょうか?中川博迪氏の講演会に再び行って聞いてみたくなりました。

image

アイリオ生命の代理店である友人は複雑な気持ちで今回の社名変更のお知らせを受け取ったようです。エキスパートアライアンスの時代の名残が一切なくなる(?)一方で、楽天というネーミングが入る、つまり「名」もない生命保険から、プロ野球のチーム名にもなっている世界的なブランド「楽天」が運営する保険会社になるのです。営業活動は計り知れないほど効率が増してゆくわけです。少なくとも「その保険大丈夫?」とは言われにくくなったのです。

image

すでに楽天生命保険に社名変更する前に楽天グループに入っており、「楽天保険」で生命保険を販売しています。アイリオ生命が「楽天」で保険通販を開始!

これから、楽天生命はネットでの契約で伸びを見せることは間違いなく、別個の商品を販売している代理店の皆さんはネット販売を拡大させる楽天生命の方針にどこまで理解を示すかが焦点になりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事