貯金より個人年金が得?年金のソントクに興味がでる年齢に!「がっちりアカデミー」

スポンサーリンク

個人年金と貯金のソントク?40代になると、老後の生活を考えるようになります。わたしもそうです。基本は国民年金しかありませんし、長い間免除をし続けていましたが、さすがに不安になります。

そんな時に「がっちりアカデミー」という番組で、保険会社に積立と運用をしてもらう個人年金というものがあることを紹介していました。

個人年金と貯金はどっちがお得なの?

保険会社に積立金(保険料)を収めて、将来すこしづつ受け取る仕組みですね。

ファイナンシャルプランナーの圧倒的多数が、貯金より個人年金のほうが得だという意見でした。その理由は?

なぜ個人年金が得なのか?

まず預金ですが、40~60歳まで20年間、一か月1万円貯蓄すると、元本は240万で年利1%の運用で260万年を受け取れるようになります。

一方個人年金は、同様の支払いで270万円の受け取りができる計算になります。さらに、所得控除があります。所得税が安くなるというわけです。400万円の収入の人は、年に所得税が13500安くなり、20年27万円お得に。

20101112193317

したがって、個人年金の場合、合計297万円の受け取りができるという計算ですね。これだけをみれば預金より個人年金がお得に感じますね。

しかし、預金派の人は保険会社の破たんの可能性を指摘していました。ん~!

東京海上日動あんしん生命の保険営業マンなどによると、老後に必要なお金は夫婦で1億円だそうです。内訳は月40万使うという計算です。ちょっと贅沢ですね。

老後一定期間多めにもらえる「積立型確定年金」や、小額で一生涯もらえる「終身型個人年金」、一括収めて将来使える「一括払い込み型個人年金」があるそうです。

すこしずつでも生涯もらえる、「終身型個人年金」や「一括払い込み型個人年金」がよさそうです。

もう少し保険会社から資料を請求し、個人年金の知識を深めたほうがよさそうですね。アクサ生命の「一括払い込み型個人年金」はちょっと魅力的に感じました。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事