クレジットカードを複数枚もつデメリットや危険とは!解約のすすめ

スポンサーリンク

「今ならカード同時発行で5000円引き!しかも年会費無料でポイント2倍!」あそこで、ネット通販を利用した経験がおありなら、必ずや一度は真剣に考えてしまったことのある宣伝文句かも。人はこうやって複数枚いや数十枚クレジットカードを所持することになっていくわけです。でもある時「お客様!せっかくですが住宅ローンを組むことができませんでした。現金でお願いします!」みたいな目に遭うことが実際に発生しております。犯人はクレジットカードの山。ほかにもクレジットカードを複数枚持つデメリットは結構たくさんあるようです。以下にメモ。

クレジットカードの複数枚もっているデメリット

 なぜクレジットカードが増えるのか?

まず、なぜクレジットカードが増えるのかを自分の経験も踏まえてまとめてみます。誰で心当たりがあるのでは?

特典ポイント欲しさ・・・「今ならカード発行で5000円引き、しかも年会費無料で、ポイント2倍!」こんなキャンペーンにつられて作ってしまうケースが圧倒的に多い。そんな私も100%これで2桁の枚数を所持してしまいました。でも枚数が増えればデメリットも多くなります。

年会費無料・・・これは大きいです。無料なら作っておこうというわけです。維持費ゼロ円ならほったらかしでもOKとつい思ってしまうからです。

携帯の乗り換え・・・・ドコモ、au、ソフトバンク、それぞれ通信料金引き落としに指定すればポイントが2倍になるみたいなカードがあります。乗り換える度に増えます。(←我が家。)

カードマニア・・・どうしようもない理由です。年会費がかさんでも楽しいのだから仕方ないですけど。

※ 私が所持しているカードの一部。

2015-04-21_09h52_33

スポンサーリンク

デメリット

では本論です。クレジットカードを複数枚もつメリットや危険性は以下の通り。

管理が大変・・・私も2桁の数のカードを持っていますが、机の中に乱雑に置いたり、封筒のまま直し忘れてしまったりしていたものがありました。机や書類入れを整理していたら数年前に発行してそのまま忘れていたカードを発掘したことが何度かあります。しかも有効期限内でした。

さらに、2,3枚を常時利用するだけでも暗証番号の管理や利用明細のチェックなど大変なのに、5,6枚常時利用するならもう頭がパンクします。(←これを趣味にしている人は苦にならないけどね。たまにいます。とにかく明細や家計簿が大好きで、複式簿記でお金の流れを管理し、貸借対照表まで作っている方が。)

紛失したら大変・・・これが一番恐ろしい。クレジットカードを数枚持ち歩いている人ならなおさらです。紛失に気付かない場合もあります。

他のカードの審査が厳しくなるかも・・・クレジットカードを所持すると必ずCICなどの信用情報機関に登録されます。数枚発行はOKですが、異常に多いと問題かも。

以前 私はキャッシュバッグ欲しさにクレジットカードを1か月に2枚以上作ろうとしたことがありましたが、見事発行を拒否されてしまいました。ちなみに他のカードの支払遅延は一度もないです。(遅延などの履歴は少なくとも2年間残るそうですから、注意する必要があります。)

※ 複数枚作りたい方は、少なくとも数か月の間隔を置くことをおススメします。発行間隔は半年以上をすすめている自称クレカマニアもいます。10枚作るのに5年かかります。

住宅ローンが通らなくなる・・・これはよく聞く話です。「若いころクレジットカードを数枚作って放置。結婚してマイホームを建てるため銀行の住宅ローンを申し込んだら見事にはじかれた。年収500万以上のサラリーマンなのに!」みたいな話です。

実は、クレジットカード複数枚所持者はショッピング枠の合計額を借金している状態と見なされる、という怖い事実があります。現在私は2けた枚数所持しておりますから、数百万円の借金がある状態とみなされるわけです。ブラックリストにリストアップされている状態ではありませんが、その”負債”はそのカード所持者の信用情報として常に付きまといます

郵便物が増える・・・カード会社からのローン案内やメールが押し寄せることがあります。ゴミ出すのに神経使います。(←性格的に許せる人と許せない人がいる。)

ポイント分散・・・これもよくあるデメリットです。ポイントを貯めたいために複数枚発行したのに、結局ポイントを集約するのが面倒で放置。ポイントに振り回されて疲れておしまいです。

メリット

最後にメリットです。クレカマニア以外はメリットはほぼありません。

以上、クレジットカードを数十枚所持し、いわば”借金状態”とみなされている私が、数枚残してほとんどのカードを解約した理由でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事