「うつ対処法スペシャル」うつ病の友人に教えたい!たけしの「みんなの家庭の医学」これで、うつ病を改善!

スポンサーリンク

うつ対処法スペシャルでは、ストレスの対処法にうつの原因があったようだ!4つのストレスコーピング(ストレス対処法)を偏りなく用いてうつ病を予防しよう!
認知行動療法で3カ月でうつ病改善!
(たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学)

私には「うつ病」を長い間患っている親友がいます。なんでも自分でしなければと、いつも頑張る友人でしたが、あいにく「うつ病」なりました。4つのストレスコーピング(ストレス対処法)を偏りなく用いてうつ病を予防しよう!うつ病改善の認知行動療法とは?

今日のたけしの「みんなの家庭の医学」のうつ対処スペシャルは、うつの友人のにかなり役立ちそうです。メモしてつ立てたいと思います。

その番組によると、うつ病の原因の一つに、ストレス対処方法に間違った癖(クセ)があることが判明。では、うつにならないためのストレス対処方法(トレスコーピング)とは?

ストレス対処方法の間違った癖(クセ)とは?

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学では、作家の荻野アンナさんの例にもあったように、「うつ病」になるかは、ストレス、や性格だけによるのではないことが明らかになりました。

うつ病の主な原因はストレスで、そのストレスが、食欲、睡眠、やる気などに関係する神経伝達物質に影響を及ぼしうつ症状を出すそうでう。

スポンサーリンク

ストレス回避の4つのタイプ(方法)ーストレスコーピング

ストレス対処法(ストレスコーピング)には4つあります。

  1. 積極行動型・・・ストレスの原因になること、問題を前向きに解決しようとするタイプ。しかしいくら積極的に取り組んでも解決使用する場合は、ストレスは増え続ける。
  2. 気晴らし型・・・ショッピングや同僚と飲みに行くことによってストレスを解消するタイプ。
  3. 否認型・・・問題解決を先送りする。
  4. 回避型・・・嫌いな人を避けたり、問題がなかったりようにするタイプ。

適切なストレスコーピング(ストレス対処法)

うつ病になりにくくするためには、一つのストレス対処法(ストレスコーピング)に偏らずに、バランス良く上記の4つの方法を用いることが大切なようです。つまり、すでにうつ症状が出ているなら、抗うつ薬を飲みながら、4つのストレスコーキングを偏りなく当てはめて、日々のストレスに対処することが大切と「たけしのみんなの家庭の医学」で勧められていました。

たとえば、荻野アンナさんあは、介護しながら、病室を飾りつける、有酸素運動(縄跳び)をしながら、気晴らし(気晴らし型)をすることをしていました。

他にも、どうしようもないことをくよくよするな!と標語を部屋に掲げるなどして、問題回避型をねらっているそうです。そのようにして、4つのストレスコーピングをして、うつ病を改善しているようです。

田中ウルヴェ京氏の「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方、ストレスコーピング有酸素運動はかなり大切のようですね。抗うつを併用するなら69%のうつ病の改善がみられるそうです。これは、気晴らし型による対処法がうつ病治療に効果がかなりあることを示しています。

ストレスコーピング(対処法)については、最近では田中ウルヴェ京氏の「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方

うつ病の人の脳のほうが活発になっていることが最近の研究で判明。明るい、誠実などの前向きの言葉を見たときの脳の反応は健康な人とうつ病患者は同じですが、一方悲観的な言葉には脳が強く反応する。たとえばちょっと叱られたり怒られたり、過剰に反応することが脳の画像でうつ病患者に共通することでした。

認知行動療法で3カ月でうつ病が改善

ではうつ病の最新治療は?それは認知行動療法だ。通常、うつ病の患者は前向きな考え方ができなくなっており、悲観的な考え方にすぐになってしまいます。

この認知行動療法では以下の3つのステップで落ち込む考え方分析し、柔軟な考え方に改善してゆきます。

  1. 状況・・・どんな状況で落ち込むか?(掃除ができない時)
  2. 思考・・・その状況をどのように考えるのか(掃除ができない自分はだめな人間だ。
  3. 根拠・・・なぜそのように考えるのか?(普通の主婦は掃除ができて当然だから。

上記の感が方を、前向きな考え方に置き換える、つまり柔軟な考え方を身につけてもらいことが大切。

たとえば、「上司があいさつしてくれない!」ことがかなり悩みの場合。

  1. 状況・・・上司に無視された
  2. 思考・・・嫌われている、会社に行けない。
  3. 根拠・・・あいさつしてもあいさつを返してくれない。

では、柔軟な間が方を身につけるためにどんな自問ができるのでしょうか?

他の同僚が同じように悩んでいたら、どんなアドバイスをするか?

そのうつ病患者はその質問に、 聞こえていないだけじゃないの?」と自らアドバイスし、柔軟な答えをしたのだ。

認知行動療法は大野裕先生の著書こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳

確かにそのような柔軟な考え方を自分で身につけると、こころが軽くなりますね。これが、うつ病の改善方法である認知行動療法です。

朗報ですが、4月から、認知行動療法は、保険が適用されることになったようです。抗うつ薬を服用しながら、認知行動療法を採用することが勧められています。(認知行動療法は大野裕先生の著書こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳が有名です。)

是非、今日のうつ病に対処する、うつ対処法スペシャルの4つのストレスコーピング(ストレス対処法)を偏りなく用いること、認知行動療法で3カ月でうつ病改善!

「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」をうつ病の親友に教えてあげたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事