高速!WordPress専用サーバー「wpXレンタルサーバー」「wpXクラウド」へ引越し前に確認したい疑問が解けた

スポンサーリンク

サーバのメンテナンスなんて気にせずにWordPressを高速運用したい私にとって理想的なサーバーかもしれないレンタルサーバーが登場しました。WordPress専用サーバ「wpXレンタルサーバー」「wpXクラウド」です。サーバ上にキャッシュするリバースプロキシによってWordPressを高速化しているところがいいですね。ではこのブログに本当にマッチしているのは「wpXレンタルサーバー」それとも「wpXクラウド」でしょうか?その違いは?キャッシュ系プラグインとの併用やキャッシュとの相性が悪いスマートフォン表示には向いているのでしょうか?直接問い合わせて聞いてみました。しかしその前に・・・。

wpXレンタルサーバーへ引っ越しする前に

サーバーの遍歴

wpXレンタルサーバー 」や「wpXクラウド」が採用しているリバースプロキシ・キャッシュといえばWebサーバのNgnixですが、かつてこのブログでも利用していました。さくらのVPS「2Gプラン」で導入して一日10万PVまで耐え抜いた経験があります。(参考:さくらVPSの2GBプランのリソース限界に到達!CPUは3.0kmsecでノックダウン!トラフィックは10Mbits/秒前後が限界か?|アマモ場

しかしその後、力量が足りずトラブル続きでレンタルサーバーに前戻り、ブログのコンテンツ作成に集中することになりました。サーバについて勉強しながらブログを更新するという楽しいブログライフを送るという手もありますが、万人が求める役立つ情報ではなく、時間が取られることもあり今ではXsrverとX2サーバの2本立てで落ち着いております。(月額合計3000円です。もったいない、さくらのVPS2Gプランは月額1400円程度だった。X2サーバのXキャッシュは瞬間的なトラフィック増加にはかなり助けられた。)

そこでプロブロガーならだれでも欲しがる以下のWordPress運用環境を実現するサーバを探していました。

  1. Nginxリバースプロキシキャッシュに匹敵するWordPressの高速運用
  2. ほぼメンテナンスフリー
  3. 圧倒的なコストパフォーマンス

この3年間のブログ運用の経験から、3つの条件をすべて満たすようでなければ、精神的に平穏を保ちながらブログ運営できないことに気づいたのです。

スポンサーリンク

「wpXレンタルサーバー」「wpXクラウド」の特徴と料金プランとは?

そこでWordPressを高速化できるWordPress専用サーバ「wpXレンタルサーバー」「wpXクラウド」がXserverの運営会社から登場しました。どうやら上記の3つの条件をクリア―してくれそうなのです。最もいいところはリバースプロキシキャッシュで高速化が図られている点でしょう。以下の特徴があります。(ちなみに「wpX」は「ダブリューピーエックス」と読むそうです。そのままですが・・・。)

image

「wpXレンタルサーバー」「wpXクラウド」共通の特色

  1. 最新鋭の高スペックサーバー
  2. リバースプロキシによるキャッシュなどでWordPressを高速化
  3. 1Gbpsの高速回線利用
  4. 過去2週間のデータ自動バックアップ
  5. mod_rewrite対応

「wpXレンタルサーバー」の特徴

  1. 容量:100GB
  2. 月額:1,050円(12か月契約時)初期費用:5250円
  3. 1契約ごとに10個のWordPress運用可能 (WordPressの乱立を防ぐ)
  4. その他、一般的なレンタルサーバにある機能が充実
  5. ページの表示要素が度々変更される会員制サイトやショッピングサイトなどは適さず。(カスタマーサービスによって確認。)

「wpXクラウド」

  1. 料金:初期設定費用なし、月額525円より
  2. アクセス数や転送量に応じた4つのグレードあり
  3. メール利用不可などの一般的なレンタルサーバにある機能のいくつかは制限あり。(ただし 他のメールサービスを利用すれば独自ドメインでメール運用可能です。)

サイト規模に応じたグレードは以下の通り

image

WordPressブロガーならここが知りたい!

①高速、②メンテナンスフリー、③圧倒的なコストパフォーマンスの3拍子をそろえているレンタルサーバに見えるので、すぐにでも乗り換えたくなる気持ちになりましたが、まだ早い!

ここでWrodPressを利用して来た私が上記の「wpXレンタルサーバ」「wpXクラウド」を利用するにあたって、知りたと感じた疑問を解決しておく必要があります。それをwpXカスタマーサービスにぶつけた結果、返ってきた回答を一問一答形式で以下に記します。

質問1.キャッシュ系のプラグインと併用できますか?

回答:
wpXに関しましては、サーバー上のキャッシュ機能等を利用して高速化を実現しております。
WPSuperCache等のキャッシュプラグインとの併用について問題ない事は確認いたしておりますが、該当プラグインの効果は薄くなる可能性がございます。またサーバー側とプラグイン側で双方にキャッシュを持つ為、表示上なんらかの不具合が発生する可能性がございます。上記の様な表示系のプラグインでは無い、データベース系のクエリーキャッシュ等のプラグインであれば効果もあり併用に問題ないかと存じます。

質問2.プラグインWPtouchの利用可能か?

回答:
PC向けとスマートフォン向けにそれぞれ別のキャッシュを行う仕様となっております為、WPtouchのご利用も問題ないかと存じます。またカスタマイズにて、スマートフォン向けページのキャッシュ機能を切る事も可能でございますので、該当プラグインのご利用については、特に問題無いかと存じます。

質問3.SSH可能か?

回答:
大変申し訳ございませんが、SSHでの接続機能は提供いたしておりません。

質問4.「wpXクラウド」と「wpXレンタルサーバ」はどう違うのか?

回答:
クラウドサービスに関しましては、メール機能等が無く、弊社他サービスや他社レンタルサーバーとの組み合わせでご利用いただくサービスとなります。サーバーに付きましてもWordPress専用のサーバーとはなりますが、こちらはメールアカウントの作成等も行っていただけます。どちらもWordPress以外のコンテンツを配置することは出来ませんので、その他静的ページの運用とメールアカウントの利用等を考えてお選びいただければと存じます。

質問5.クラウドは柔軟な拡張が可能とありますが、月単位だけですか? それとも瞬間的なトラフィックに対応できる従量制のようなシステムはあるでしょうか?

回答:
大変恐縮ではございますが、クラウドプランに付きましては、現在ご指摘の従量制のシステムはご用意いたしておりません。こちらに付きましては、弊社にても検討を行っておりますが、提供の有無も含めて未定の状況でございます。申し訳ございませんがご了承いただきますようよろしくお願いいたします。また月途中での上位グレードへの変更が必要となった場合、月初からの変更料金が必要とはなりますが、弊社サポートまでご連絡いただければ月途中でのグレード変更も可能でございます。

質問6.現在X2サーバーを利用していますが、wpXサーバーとどちらが速いか? またX2サーバーとwpXクラウドのどのプランが同程度か?

回答:
WordPressの運用に関しましては、一般的なWordPressのサイトでございましたら、弊社他サービスも含め、wpXが一番高速にご利用いただけます。その為、サーバープラン又はクラウドプランの下位のグレードであります「グレードA」でもWordPressの動作に付きましては、X2サービスより高速に表示が可能かと存じます。(弊社他サービスとはXserver、X2サーバ、シックスコアが含まれると考えられます。)

質問7.現在Wrodpressで1日平均1.5万PV、時々一日3万PV程度になります。 wpXサーバーとwpXクラウドのどちらがお勧めですか?またwpXクラウドの場合であれば、どのプランがおすすめでしょうか

回答:
こちらに付きましては、上記にも記載いたしておりますが、メールアカウントの利用を行われるかにもよって事なって参ります。お客様にて、WordPressのみのサイトを運用されており、
且つ該当ドメインにてメールアカウントの利用も行われるという事でございましたら、wpXサーバーでのご利用をご検討いただければと存じます。また、静的コンテンツも存在し外部サーバーを継続利用される状況でございましたらクラウドでのご利用をご検討いただければと存じます。クラウドプランをご利用の場合は、ページビュー数等を考慮いたしますと、「グレードC」位になるかと存じます。

質問8.Webサーバは何を利用しているのでしょうか?(アパッチ?、Nginx?)

回答:
こちらは非公開情報となります。

質問9.X2サーバのXキャッシとの違いは?

回答:
wpXのキャッシュ機能とX2サーバにて提供いたしております「Xキャッシュ」の違いでございますが、Xキャッシュに付きましては、汎用的なキャッシュとなっており、WordPressにてご利用される場合は、キャッシュを行うもの、キャッシュしてはいけないもの等の設定が難しく、また動的ページの内容によっては効果が薄い場合がございます。Xキャッシュに対し、wpXで提供いたしておりますキャッシュ機能は、標準状態でWordPressへの最適化を行っており、キャッシュを行ってはいけないページはキャッシュせず、キャッシュが効果を発揮するページに付いてはキャッシュを行うように標準状態で設定が行われております。尚且つ著名なプラグインにも対応しております。

質問10.PHPアクセラレータなどの導入などしてるか?

回答:
詳細については非公開とはなりますが、PHPのアクセラレーションについては導入を行っております。もしお客様にてご利用中のプラグインにて、特定のアクセラレーターでの動作に相性があるものがございましたら、該当のプラグインをお知らせいただけますでしょうか。

質問11.SSHが利用できないなら、WP引っ越しにともなう巨大なデータベースとファイル転送に、bigdump や unzip.php などが利用できますか?

超簡単!Wordpressを別のサーバに引っ越す手順!大規模サイトもこれでOK!|アマモ場

回答:
該当のPHPスクリプトに付きましては、サーバー上にて動作するかとは存じますが、MySQLに付きましては、DB名、MySQLユーザー名、パスワードの確認、指定方法が現在ございませんので、bigdumpに付きましてはご利用いただけないかと存じます。またwpXではFTPでのアクセスをwp-content以に限定いたしております。この点ご留意いただきますようよろしくお願いいたします。

質問12.キャッシュ設定はディフォルトのままで、新規投稿(ブログの更新)をするとキャッシュ(少なくともトップページやFeedページのキャッシュ)は削除されますか?

回答:
こちらは初期状態にて、記事の追加を行われますとキャッシュのクリアが行われる仕様となっております。

質問13.www.ドメイン.comにインストール運用しているブログは、ドメイン.comでアクセスされても、www.ドメイン.comにリダイレクトされますか?

回答:
wpXでは現在のところ、wwwあり、なしそれぞれ「独立した設定」として管理される関係上、
それぞれのアクセスを統一するための設定はございません。こちらは今後の機能改善課題として検討いたしたく存じます。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

こちらは痛いですね。www.ドメイン.comにインストールして試したところ、wwwなしのトップページやwwwなしの記事URLは、www付きにリダイレクトされるのですが、画像URLにwwwなしでアクセスすると、そのまま表示されてキャッシュされてしまい、正規のwwwで画像URLは表示さなくなりました。

X2サーバでも、トップや記事はwwwにリダイレクトされるのですが、画像はリダイレクトされませんが、www有り無しにかかわらず画像は表示されます。

以上が一通り質問と公式回答ですが、WordPressを引っ越す場合、問題が以下のように残っています。

  1. 仕様ではFTPでのアクセスをwp-content以下の限定しているので、移転前にドメイン直下に設置しているファイルをどうするか?その一つドメイン直下の[image]フォルダを[wp-content/uploads]に移動させて、画像リンクをリダイレクトするか、記事中の画像タグのリンクを書き直す作業も必要になってきます。
  2. また巨大データベースが、マニュアル – データベースのバックアップ に対応しているかどうかも問題。 (2013年5月21日追記:phpMyAdminを利用可能にhttp://www.wpx.ne.jp/server/news_detail.php?view_id=1019
  3. 引っ越し前にドメイン直下にWordPress本体の置場としてフォルダを作成して、index.phpを移動させている場合はどのような設定変更が求められるか?

以上がWordPressを wpX(ダブリューピーエックス)移転するメリットと問題点でした。

ではどのプランを選択すればいいのでしょか?上記のwpXカスタマーサービスからの回答では、「wpXレンタルサーバー 」が良いみたいです。

では早速、このブログの移転に取りかかりたいと思います。次回報告します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事