WordPressのWindowsクライアントソフトの使い方!デスクトップから楽々管理できちゃいますが・・・。

スポンサーリンク

久々ワクワクするWordPressネタです。しばらく前にMac用のWordPress クライアントソフト(デスクトップアプリ)が登場しましたが、Windows版も登場しました。Webブラウザでサーバインストール型のWordPressのダッシュボードに接続して入稿するよりはるかにレスポンスが高く、つまり反応が良くスピーディーに編集ができちゃいますよ。以下で一通りの使い方をまとめてみました。

WordPressのWindowsクライアントソフトで編集してみた。

Windows 版 WordPressクライアントソフト

しばらく前まで、ブログ投稿ソフトとして Windows Live Writer を使っておりましたが、Microsoftが開発を中止して、不具合が多発するようになり利用をやめておりました。

その代わりにブラウザでWordPressのダッシュボードに接続して記事を投稿したり編集したりしておりました。別に今のところ不自由していません。でも、記事に挿入する画像のアップロード作業は、数秒ではありますが、イライラします。思考の流れが中断します。

※ とはいってもWordPressへの画像アップロードと記事中へ画像挿入は、以下のツールでかなり楽になっております。

スポンサーリンク

WordPress 専用クライアントソフト

でも WordPress 専用クライアントソフト(Windows/Mac)を使えば、ブラウザは不要になり、このアプリだけで、WordPressのダッシュボードとほぼ同じ機能を利用できます。しかも、複数のWordPressブログを管理できます。これはすごい。Windows Live Writer みたい。

ただし、サーバインストール型WordPressでの利用は、プラグインの詰め合わせであるJetpack(by WordPress.com)をインストールして、WordPress.comに接続しておく必要があります。

使ってみた感想は、ズバリ”速い”というものです。その他の感想は最下部で述べます。残念なところが結構あったりします。

使い方

ダウンロードはWordPress.com – A control panel for your desktop からどうぞ。

WordPress デスクトップアプ for Windows のダウンロード

ダウンロードしたzipファイルを解凍して WordPress-com-x-x-x-setup.exe をクリックしインストールを完了させてください。

WordPress 専用 Windowsクライアントソフトをインストール完了

初回起動は、WordPress.comと接続します。ただし、サーバにインストールしたWordPressにプラグインJetpackを入れており、ダッシュボードからWordPress.comと接続していることが前提です。

WordPress.comと接続

左上の「参加サイト」から、自分のWordPressアカウントと接続しているサーバーインストール型WordPressブログを呼び出せます。

サイドメニューを見ると、Jetpackプラグイン以外のプラグインの設定を除けば、WordPressのダッシュボードと同じ機能を呼び出せます。以下は Jetpack の統計情報です。実に快適に表示されます。

Jetpackにるブログの統計情報もすぐに表示できる

「ブログ投稿」から「公開済み」の記事、「下書き」、「予約済み」、「ゴミ箱」を見ることができます。「公開済み」から投稿を編集することが可能です。

Windowsアプリ WordPress でブログの過去記事を呼び出し編集する手順

公開済みの特定の記事を探し出すために、右上の検索窓から記事のキーワードを入れて呼び出すことができます。Windows Live Writer より快速です。

投稿の編集」ではもブラウザで表示したダッシュボードとほぼ同じことができます。

上部メニューバーは左から「新規投稿の作成」、WordPress.com上での「プロフィール・個人設定」の呼び出し、コメントなどの「通知」。さらにそのすぐ下は「公開状態」の編集、「ゴミ箱」への破棄、ブラウザでの「投稿の表示」などを呼び出せます。

左サイドバーもご覧のとおり。「カテゴリとタブ」の設定、「アイキャッチ」画像の設定、Jetpackの共有設定、追加オプション(スラッグ、抜粋)、ディスカッション(コメント可否、ピンバック・トラックバックの可否)を設定できます。

WordPressクライアントソフトの記事編集モード

テキスト編集ツールも全くといっていいほどWordPressのダッシュボードと同じです。

※ ただし残念ながら、Quicktagプラグインなどで拡張した機能は利用できませんね。これができれば最高なんですけどね。

画像の挿入や編集はどうでしょうか?すでに挿入した画像のサイズ変更、位置の変更、altタグの挿入も可能になっています。しかし、新しい画像の挿入、たとえばクリップボードにいったんコピーした画像の貼り付け(ペースト)はできませんし、ローカル(パソコン)内のフォルダから画像をドラッグ&ドロップもできません。ここが改善を希望したいところです。

まとめ

以上の通りWordPressクライアントソフトWindows版を試しに利用してみたわけですが、総合的にブラウザで開いたダッシュボードでの編集の代わりにはなりそうにもありません。以下の2つが要改善と考えます。

  • 編集画面をプラグインで拡張できない。
  • Windows Live Writer のようにクリップボードから画像を張り付けが無理。

しかし、スピードとレスポンスはブラウザを凌駕していますので、テキスト中心の下書きにはかなりの威力を発揮しそうですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事