iTunesカードを無料またはお得に購入する方法のまとめ

スポンサーリンク

iPhoneで有料アプリや課金サービスを利用したい場合に利用できる決済システムはクレジットカードだけでなくiTunesギフトカードがあります。いわゆるプリペイドカードの一種です。iTunesカードがあればクレジットカードは不要です。今日はiTunesカードを無料またはお得に入手するする方法をまとめてみました。
※ iTunes コード、AppStoreカードはiTunesカードと同じです。

コンビニで販売されているiTunes ギフトカード(コード)

iPhoneでiTunesストアを有料コンテンツを利用する場合、以前なら音楽がほとんどとう時代がありました。しかし、今ではAppleミュージックがあり、定額で音楽は聞き放題の時代です。iTunesストアでちまちま決済するようなことはもうなくなった人もほとんどではないでしょうか?

※ ただし依然として、スマホゲームに溺れ、毎月数万単位で課金アイテムを利用するためにiTunesストアにお世話になっているゲーム依存者がいます。

でもちょっとした有料アプリやEvernoteの有料プラン(プラス/プレミアム)をiTunesで決済する場合があります。(それって私の場合ですけどね。)

私の場合これまで、iTunesで決済する方法はもっぱらクレジットカードでしたが、最近はプリペイド式のiTunesカードを利用しております。

なぜか?

以下のとおりで、お得だからです。

  1. コンビニでiTunesカードを5%~30%お得に購入できる。
  2. ヤフオクなどのオークションで額面以下で購入できる。
  3. ポイントサイトやアンケートサイトなどを利用して、無料でiTunesカードを手に入れられる。
  4. 共通ポイントである楽天スーパーポイント・Tポイント・nanacoポイントなどANAマイルに交換しiTunesギフトに交換する。

以下の各項目の簡単な説明です。

1番目のコンビニでiTunesカードを購入すると、お得に購入できることはよく知られています。例えば 5000円分のiTunesカードを5%引きの4500円などでしばしば販売されています。

このiTunesカードの割引セールをしているコンビニを知りたい方は、ググればすぐにわかります。(”ググる”とはGoogle検索のことです。)

2番目のヤフオクなどのオークションサイトで額面以下で購入することも可能です。でもかなり人気があり、数パーセント引き程度でしか買えません。たとえば10,000円分iTunes カードが 9,900円でしか落札できないこともあります。落札してしまったら「アホらし!」です。

3番目は、昔ながらのポイントサイトのこと。ポイントが加算される無料ゲームアプリなどをダウンロードしたり、Webサービスに登録しまくって、ポイントをためまくれるサイトです。

ほとんどのポイントサイトは、貯まったポイントを現金化できるだけでなく、iTunesカードとも交換も可能です。

でもこれって、結構面倒。メールも登録する必要がありますので、何かと厄介なこともあります。個人的に昔よくやっていました。数万円分ためたこともありますが、長続きしませでした。

根気に自身のある方は一度はトライしてもいいかもしれません。ググれはポイントサイトはたくさんヒットしますよ。

4番目の、Tポイントなどの共通ポイントをためて、ポイント消化のためにiTunesカードと交換する方法です。

でもこれを利用するためには、ちょっとした技が必要です。 基本的にはファミマのTポイント、セブインイレブンのnanacoポイント等で直接 iTunesカードは購入(交換)できませんので、iTunesカードと直接交換できるANAマイルへ交換するのです。

ただし、ANAマイルへ交換すると、交換率が半分になります。以下のように。

  • nanacoポイント:500ポイント ⇒ 250マイル
  • 楽天スーパーポイント:2ポイント ⇒ 1マイル
  • Tポイント:500ポイント ⇒ 250マイル

この共通ポイントでiTunesカードを購入する場合はかなり損します。でもポイントの使い道に困った場合は「アリ!」といえるかも。

以上4つの方法がiTunesカード(コード)をお得またはタダで手に入れる方法でした。ちなみに私はポイントを利用して無料で5000円分のiTunesカードを入手しました。NTTフレッツ会員のポイントなら、1000円単位でiTunesカードを購入できます。

貯まったポイントをiTunesギフトカードに交換する

フレッツ会員でポイントを消化していない人は利用してもいいかもしれません。ポイントの有効期限が切れないうちにね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク