mineo を解約またはMNPで転出する場合の解約金や注意点とは?私はこの方法でMNPできました

スポンサーリンク

格安MVNOのmineo(マイネオ) の Aプラン、つまり au 回線 を利用したプランで au iPhone 5s を復活させようと自腹で試みたのですが、090番の電話は通じてもデータ通信(3G/4G,LTE)はどうしても無理でした。それでmineoからMNP転出しました。その具体的な方法と解約金さらには注意点をまとめておきます。mineoからMNP予約番号を発行してもらうための必要条件やタイミングも知っておく必要ありですよ。

mineoからMNPして解約したiPhone 5s と iPhone 6

mineoに期待したけど・・・

mineo は au iPhone 5s を利用できる数少ないMVNOとして一時は爆発的な人気を誇っていましたが、iOS 8に対応できなかったり、同じくMVNOのIIJから接続方法解析の甘さを指摘されるなど、評判が急降下したのは記憶に新しいところ。

minieoのSIMカードは auのiPhone6/6sにはなんとか対応できているものの、依然として au版iPhone5sには未対応。au iPhone 5s ユーザーの私はなんとか4G(LTE)データ通信できないものかと、自腹を切ってmieneo のAプラン「デュアルタイプ(音声+データ通信)」を契約し挑戦、数日間あれこれ奮闘したもの結局無理でした。

ググってヒットしたいくつかのブログで「au iPhone 5s (iOS9.1)でmineo Aプラン データ通信 安定したよ!」みたいな書き込みに惑わされた私が悪いんですけどね・・・。

では以上のような環境で使えなかった minoe の契約はどうすればいいのか?そのまま放っておけば、毎月1400円以上かかるし・・・。しばらく待って iOS 10 で使えるようになると期待できそうにもないし。それが嫌なら、以下の2択しかありません。

  1. 解約する。
  2. 他のキャリアへのMNP転出する。
スポンサーリンク

mineoを解約/MNPする場合の注意事項

以下にそれぞれの注意事項をまとめてみます。私自身がmineoのカスタマーサービスに連絡して確かめたものばかりです。

解約するだけの場合

これが一番安上がりですよね。

2015/12/16時点での話ですが、au回線を利用する mineo Aプランのデータ通信のみ「シングルタイプ」おおび、090音声通話とデータ通信の「デュアルタイプ」、いずれも最低利用期間やそれに伴う解約金(meineの正式名称は「解約清算金」)は一切ありません。

※ 2015年6月30日までは最低利用期間として12カ月間が設定されており、それ以内に解約するなら解約精算金として9,500円が請求されていました。

基本料金に関する注意事項としては、SIMカードがmineoから発送された11目から日割りで発生します。つまり10日以内に解約すれば一切基本料金は発生しません。ただし、mineoのパッケージ代の払い戻しは不可能。

ただし、10日以内であっても通話料は普通にかかります。30秒20円です。

解約方法は簡単です。Web上で解約するもよし、電話で解約するもよしです。

※ 電話による連絡先は、0120-977-384(9:0021:00 年中無休)「 mineoサポートダイヤル」
※ Web上での解約は後述します。

では手元にあるSIMカードの返却はどうすればいいのでしょうか?mineoのサイトにきちんと記載されていいますが、返却は不要です。自分で処分OK。しかしこれはあくまでも au回線の Aプランでのこと。ドコモの Dプランは返却が必要です。(しかし紛失しても料金は発生しないみたい。)

他のキャリアへのMNP転出する場合の注意事項

これが一番厄介です。090の音声電話可能なデュアルタイプを、12か月以内にMNPするためには、MNP転出手数料として 12,420 円 が必要になります。当然それに加え転出先から3,240円の新規契約手数料が請求されます。合計 15,660円です。

※ ちなみに13か月目以降のMNP転出手数料は 2,160円です。

基本料金は上述したとおり、SIMカードがmineoから発送されて11目から日割りで発生します。つまり10日以内にMNPすれば一斉不要です。その間の通話料金はもちろん請求されますよ。

私の場合ですが、近くのドコモショップで 現行モデル(しかし1世代前の) iPhone 6 が投げ売り状態になっていたので、MNPすることにしました。(決して意図的にmineoをMNP弾として契約してはいませんよ。)

2015/12/16 時点での話ですが、 「一括 0円」かつ「ギフト券による○万円高額キャッシュバッグ付」案件がありましたので。(なお総務省によりこのような販売方法および料金プランは不平等と指摘され、ドコモは廃止する方針を発表しております。ぎりぎり間に合いました。)

mineoは対面手続きしていないのでMNPは面倒のように感じますが、Web上で手続すべてが完了しますのでご安心あれ。

それはいいのですが、私のように mineoで au iPhone 5s を利用したユーザーがMNPで転出する場合、MNP予約番号を取得できるタイミングの問題が発生します。

ここでおさらいですが、 mineo Aプランの090音声電話付の「デュアルタイプ」は、au iPhone 5s (iOS9)では電話はつながるのですが4G(LTE)データ通信はできません。

MNP予約番号が取得できるのは、基本的にSIMが発送されて11目からです。しかし4G(LTE)でつながってデータ通信が確認されれば、SIMが発送された日から10日以内であっても、その翌日からMNP予約番号を取得可能です。しかし上で述べたように私の au iPhone 5s (iOS9)はどうしてもデータ通信ができなかったので、10日間待つ必要があります。

しかし、期限付きのMNPキャッシュバッグ目当てに、すぐにでもMNP予約番号を取得したい場合は、友人や家族から auスマホを借りて手持ちの mineo のSIMカードを差し込み、1度でいいのでデータ通信をさせてあげる必要があります。

私の場合は、高額キャッシュバック目当てに、さらには基本料金を一切払わないために、10日以内に4G(LTE)通信させる必要がありましたので、SIMフリー端末を利用してデータ通信を一度させ、無事に翌日(SIMカード発送から10日以内)にMNP予約番号を取得、転出先であるドコモにMNPを完了させました。(なんだか虚しい・・・。)

mineoの解約ならびにMNP転出方法

以上のようにmineoの解約/MNP転出の注意事項を確認したなら、スマホからでもPCからでもmineoの 解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客様へ  へアクセス・ログインし手続きを済ませるだけです。

「解約・他社へのMNP転出をご検討のお客様へ」から、解約またはMNPする理由を選択してあげてください。

mineo解約/MNPする理由を一つ選択する。

ここからは「解約」か「MNP」するかで違ってきますが、私の場合は面倒なMNPを選択します。つまりMNP予約番号発行です。

MNP予約番号の取得をする

もしここで、MNP予約番号を取得できない場合は、以下のいずれかでしょう。

  • 予約番号取得を受付できない時間帯(9:00~21:00)に取得しようとしている。
  • SIMカードが発送されてから10日以内であり、かつその間1度もデータ通信をしていない。

以下のような表示になっていれば、MNP予約番号取得可能です。回線電話番号と重要事項を確認し「同意する」をタップ。

解約またはMNPする理由に答えます。当てはまる点にチェックを入れ「予約番号取得」ボタンを押します。

s2015-12-14_09h34_17

MNP予約番号を必ず紙に控えましょう。間違えたらアウトです。

s2015-12-14_09h37_48

こうして私はめでたくmineoのMNP予約番号を取得しドコモへダッシュしたのでした。

以上、au iPhone 5s 難民の私が、au系のMVNOであるmineo AプランのSIMカードを自腹で購入・試した結果、使い物にならないことが判明したので、mineoからキャリアへ転出するために5日後にMNP予約番号を取得するに至った経緯とその方法や注意事項でした。(← 長いまとめになりすみません。)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事