WordPress 3.9 でWindows Live Writer からの卒業が近づく!エディタから画像をアップロード可能に

スポンサーリンク

Livedoorブログに移転してもなおWordPress の魅力に取りつかれている私 @Ama119 です。かれこれ4年もブログ投稿エディッタであるMicrosoftの Windows Live Writer を利用してブログを執筆しているのですが、 WordPress 3.9 の画像の取扱い機能が向上し、Windows Live Writer からの卒業が近いと感じました。

WordPress 3.9 でエディタから画像をアップロード可能に

WordPressの進化は素晴らしいものがあります。今回のバンジョーンアップ Version 3.9 – WordPress Codex 日本語版 も私にとってかなり魅力的なものです。

と言うのは新機能として投稿画面(エディッタ)からに直接画像をドラッグ&ドロップするだけで画像アップロードでき画像を編集できるようになったのです。投稿画面にある「メディアを追加」をクリックする必要はありません。確実にワンクリック(1工程)減らせます。

2014-04-25_14h19_02

一瞬でアップロードが完了すると、メディアライブラリが表示され画像を編集(タイトル、キャプション、alt属性など)できます。

2014-04-25_14h17_32

記事内に挿入した画像の編集ボタン表示されるようになりました。速やかに編集が可能です。

2014-04-25_14h21_27

「Windows Live Writer」使い方ー初級編(3)表、画像、動画、地図などを挿入して豊かなコンテンツを作る でも説明しているようにローカル(PC)で記事を執筆できる Windows Live Writer の大きな魅力に画像編集のしやすさがあります。しかし、今回のバージョンアップでWorPressで直接記事を書いてもいいなかなと思うようになりました。

その他細かい機能が追加されているWordPress 3.9 ですが、ますますWorPressは魅力的になっております。なお、WorPress でブログを運営するためのサーバー選びはXserverではなくWorPress専用サーバーの「wpXレンタルサーバー 」がもはや常識のようになっております。VPSでの運営に自信のない方、WorPressでブログ執筆に集中したい方は超おすすめですね。

「wpXレンタルサーバー」に関するQ&Aは以下に書いております。

高速!WordPress専用サーバー「wpXレンタルサーバー」「wpXクラウド」へ引越し前に確認したい疑問が解けた

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事