2013年秋に「カローラハイブリッド(HV)」)車が登場!年金暮らしの「おじさん車」として再びヒット?

スポンサーリンク

日本で最も売れた自動車のひとつ、トヨタ「カローラ」のハイブリッド車(HV)が2013年秋にお目見えするようです。年金暮らしのおじさんたちの懐に優しい価格設定にしてほしいですね。

image

「おじさん車」の代表格と言ったら叱られるかも。しかしいまだに「おじさん車」であることが間違いないトヨタ「カローラ」です。中流階級のサラリーマンのほとんどはカローラをマイカーとしていた時代がありました。

image

その「おじさん車」がやっとHV仕様としてフルモデルチェンジされ登場することが発表されました。どうやらもっと早くリリース予定だったそうですが、同じくHV車である「アクア」があまりにヒットしたものですから、部品供給の調整が付かずにのびのびに。やっと来年秋の発売でまとまったようです。朝日新聞2012/8/31(そういえば、私の20歳年上の知人も、最近カローラから「アクア」に乗り換えていたのを思い出した。)

実はカローラは近年売り上げが芳しくなかったようですね。燃費を向上させて、節約志向の家庭に魅力をアピールしたり、人気男性アイドルであるキムタクを宣伝に起用したりと売上拡大に注力していましたが、あまり功を奏さなかったようです。(「おじさん車」のイメージは決してぬぐえないのか?)

しかし今回のハイブリッド化によって、かってカローラを乗り回していた団塊の世代である”おじさん”たちに大ウケするヒット商品になるのは間違いないと思います。その場合は年金暮らしのおじさんたちに優しい価格にしてほしいですね。少なくともアクアよりは価格を抑えて欲しいところです。

ちなみにトヨタは全車種をハイブリッド車にする構想を打ち立てています。それでも将来本命の電気自動車(EV)への中継ぎという位置にある車と考えているようですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事