8月31日誕生の「マリア モンテッソーリ」がGoogleロゴに!ルービックキューブに見えるものなんだ?

スポンサーリンク

今日8月31日といえば、日本の多くの小中学校の夏休み最終日だけではないようです。今日のGoolgeロゴのモチーフに採用されたマリア モンテッソーリさんの誕生日でもあるそうです。一体どんな人?それにロゴにルービックキューブに見えるものがあるけど一体何なのでしょうか?

image

マリア モンテッソーリ(Maria Montessori)さんは、1870年の今日8月31日生まれ。イタリアの「イタリアの医学博士、幼児教育者、科学者、フェミニスト。モンテッソーリ教育法の開発者として知られる」そうです。(マリア・モンテッソーリ – Wikipedia

image

彼女は知的発達障害児童の教育法である「モンテッソーリ教育」を編み出した方として有名のようです。その分野へ力を注ぐために、医師をやめたり、あらためて哲学を学んだりと、障害児の治療教育に心血を注ぎ込んだ研究者のようです。

彼女の確立したモンテッソーリ教育に基づいた著書はここに日本でも多数発行され、その教育法を取り入れ幼稚園や「子供の家」も多数見受けられます。(そういえば私が以前住んでいた近所に「子供の家」があったな~!)

モンテッソーリ教育を採用している「子供の家」には、子供の感覚を刺激して治療を促す積み木のような木製玩具があるようです。(この一つがルービックキューブのようなブロックだな!)

image

その玩具のデザインが今日のGoogleロゴに採用されているようです。人類はマリア モンテッソーリさんのような、社会貢献を志す研究熱心な研究者たちの努力から多大なる恩恵を受け続けているわけですね。感謝します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事