「EveryPad(エブリパッド)」ヤマダ電機オリジナルタブレット端末が登場!高スペックで安価なのがいいですね

スポンサーリンク

ヤマダ電機がPCメーカーのレノボとコラボでオリジナルタブレット端末「EveryPad(エブリパッド)」を発売します。結構なスペックで2万円強という破格な7インチタブレットです。Googleプレイも対応しているようです。

image

今やタブレット市場はアップルのiPadとGoogleのネクサスが独占状態で、ほんの数パーセントをを他社で取りあっている状態のようですが、そこにヤマダ電機もそこに参入するようですね。

「EveryPad」と命名された7インチタブレットは、そのネーミングからも多機能が強調されているようです。

たとえば、iOSで言うところのSiriに相当する音声アシスタント機能「デンちゃん」を搭載して、音声操作が可能になっていたり、音声通話やビデオ通話を可能にするアプリが標準搭載されています。

たとえば「デンちゃん」に「イタリアンを食べに行きたい」と話しかければ「いいお店見つかりましたよ!」と答えてくれたり、「○○駅に行きたい」と話しかけると「では地図を表示しますね」と検索情報を表示してくれるそうです。

さらに「EveryPad」はサムスンの「GALAXY Note」のように、付属のペンで快適な手書き入力が可能になっています。(それを実現するアプリ「7notes with mazec」はiOSにもある「7notes mini」と兄弟分か?)

他にも2年間延長保証や、電子書籍などのコンテンツ購入でヤマダポイントが付与されるサービスもあります。

スペック的には1.2GHzクアッドコアを採用するなど値段の割にはかなりハイスペックマシンに仕上がっております。

■ 本体・・・194(W)×120(D)×11(H)mm、重量 345g
■ ディスプレイ・・・7インチ IPS液晶 1,024x600px
■ OS・・・Android 4.2
■ CPU・・・1.2GHzクアッドコア(MediaTek MTK 8125)
■ メモリ・・・1GB
■ ストレージ・・・16G
■ 外部ストレージ・・・microSD(最大64GB)
■ カメラ・・・背面 500万画素、前面 30万画素
■ バッテリー・・・2.5時間でフル充電でき、約7時間の連続使用可能

お得情報としては、先着5千台にはモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13」(WiMAXやau 3G通信 対応)を同時購入と加入で、「EveryPad」本体が無料になるそうです。

なお購入は「ベスト電器」「ツクモ電機」を含めたヤマダ電機グループで販売されます。お値段は一律21,800円です。

以上ヤマダ電機がレノボと合作した「EveryPad(エブリパッド)」についてでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事