業界初!電気コンセントにつなぐ無線LANルーター!「WPL-05G300」

スポンサーリンク

無線LANが当たり前の時代ですが、どうしても届きにくいことろはやっぱり有線LANになります。その有線LANの代りに、電気のコンセントが使える無線LANルーターがバッファローから登場しました。「WPL-05G300シリーズ」です。

image

電気コンセントにつなぐ無線LANルーター

大きな家やビル内ではWi-Fiが届きにくいですね。まったく届かないかもしれません。そんなときにネットワークを構築するために、LANケーブルを配線する配線屋さんは苦労するのですが、その苦労がいらなくなりそうです。(商売あがったり!)

そこでバッファローは業界初といううたい文句で、家庭用電気の配線をLANケーブルのようにして利用できる無線LANルータ「WPL-05G300シリーズ」を発売しました。

端末2個セット「WPL-05G300/2」ですぐに電気コンセントを利用したネットワークの構築を開始できそうです。

たとえば、ビルの1Fのオフィスに光回線のモデムがある場合、そこに上記のルーターを1台取り付け電気コンセントにつなぎます。無線も搭載されているので1Fの事務所はWi-Fiでネットワーク化可能です。そしてWi-Fiが届かない3Fの自宅では、2台目のルータを電気のコンセントにつないで受信、その3FのPCやスマートフォン、TVを無線でネットワーク化できるわけですね。

image

気になるスピードですが、従来のUPA方式200Mbpsに比べて高速の「HomePlugRAV 1.1」方式で240Mbpsになるそうです。(無線は11n/g対応で300Mbps)。またWANおよびWANポートを一つずつ搭載。image

無線LANの簡単設定は「AOSS」と「WPS」に対応。

image

大きさは、112 x 77 x 54 mmで、重さは250g。

image

価格は2個セットモデル「WPL-05G300/2」が16,485円、単品モデル「WPL-05G300」が8,925円。さらに無線機能を持たないモデルもあり、2個セット「PL-05H/2」は10,920円、単体「PL-05H」が5,565円となっています。

なお10月にWindows8が発売されますが、しっかり対応してます。

通販での価格の確認は、Amaozn や 楽天 からどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事