Windows8の優待購入方法と条件とは?最近Windows7搭載ノートPCを買ったけど

スポンサーリンク

Windows8の優待購入プログラムがすでに開始されたようです。すぐにアップグレードするには気が引けますが、マイクロソフトの気が変わらないうちに、受付を済ませておきたいと思います。たたったの1200円でWindows8 Proを購入できますから。

image

Windows8の優待購入方法と条件

かってないほどのフルモデルチェンジをしたWindows8の正式発売は10月26日ですが、それまでの買い控えを防ごうと、マイクロソフトはたったの1200円でWindows8へのアップグレードできるキャンペーンを数カ月前から告知していました。

約束通りマイクロソフトは こちら で優待購入プログラムの受付を開始しました。

この格安のアップグレードの恩恵を受けられる条件は以下の通りです。

  • 2012年6月2日から翌年1月31日までにWindows7マシンを購入する。
    対象バージョンは以下の通り
    Win7 Home Basic、Win7 Home Premium、Win7 Professional、Win7 Ultimate
  • 2013年2月28日までに以下のように購入受付を済ませる。

Windows8の優待購入プログラムへの登録方法

私の場合は上記条件をクリアしていますので、早速上記のページから登録をしました。以下のページの「次へ」をクリック。

image

正確に、姓名、メルアド、電話番号、Windows7マシン情報などを記入。

image

最後にへんてこな文字数字によるセキュリティーチェックした後に申し込み。以下の画面が登場すればめでたくWindows8の優待購入プログラムへの登録が完了です。

image

早速登録済み確認メールがマイクロソフトから送信されてきました。登録情報などはメールに含まれるURLから確認・変更ができるようです。

image

正式な手続きは、10月26日以降に送信される2通目のメールから行えるそうです。

個人的には起動スピード以外は、あまり期待していないWindows8ですが1200円の料金でProが手に入るのは魅力的ですね。しかしOS再インストール時はどうなるのでしょうか?

他のアップグレード

2012年6月2日以前に購入した「7」、さらに「XP」や「Vista」からの「Windows 8 Pro」へのアップグレードは、格安の3300円です。こちらから可能です。注意点は、2013年1月31日までだという点です。いずれもダウンロードによるアップグレードですが、USBメモリやDVDを用いたインストールメディアの作成も可能だそうです。OS再インストールにそなえてしっかりとアップグレード版のバックアップは取りたいですね。

なおWindows8をインストールできるマシンの条件は以下のとおりです。

image

また、アップグレード版DVDも販売されています。Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 価格は少し高めの69.99ドルだそうです。2013年1月31日までです。(日本円で6000円程度です。)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事